映画を見て気づくこと…2017年08月28日 21時55分42秒

 久しぶりに映画のことを書こうと思います。

 『赤ちゃん運ちゃん』を見た。
 ネタバレあるかも知れません。(←よく分からない)

 なんというか、70年代アメリカンニューシネマの洗礼を受け、1991年、見事な集大成とも言える「テルマ&ルイーズ」に驚喜した身としては、いろいろと思うところある作品であった。

 ちなみに4つ年下のおかぴ(女性)は「テルマ&ルイーズ」を見て、全然面白くないと言った「これテルマが全部悪いだけじゃん」………ってorz
 ま、まあ、女性だから、違う見方があるのだろうと自分を慰めたが…。

 70年代映画で言えば「ワイルドバンチ」(1969)を見た若手(2000年頃当時)の演出家が「一体何をやってんだかわからなかった」と、まあ、つまり「一体この映画は何を言いたいの?」という意味合いでの発言だと思うのだけど…。
 ちょっと哀しかった。

(※ちなみに70年代映画と言っておいて69年で何よ!!と不満に思った方に一応説明しておくと、70年代アメリカンニューシネマと言った場合、通例60年代末から70年代末までの11〜2年間に作られたいくつかの映画のことを言います。と、思います。まあ正式に歴史として編纂されているわけではないと思うので…。
 それから、例えばこの映画群にとどめを刺して新しい時代の幕開けになったと言われる、つまりアメリカンニューシネマを過去のものにした「スターウォーズ」は、1977年の作品です。
 なんでもそうですが、線を引いてこっからこっちは全部同じというわけにはいかない訳です)

 と、何の話だったか…。
 「赤ちゃん運ちゃん」の話だった。
 色々と思った話です。

 最大究極の結論を言うと、21世紀も早十数年、そのどこでかは判らないけど、地球は入れ替わったのだと思う。
 これも同様に2007年を境にとか、そういった明確な線があるわけではなく、人知れず徐々に変わってしまったのだと思うけど、間違いなく、少なくとも20世紀後半とは別の地球です。
 個人的な話をすると、ここ数年見る映画の本数が激減していて、うっかりしている間に変わっちゃったんだと思う。
 世の中の移り変わりをすべて映画からかぎ取っていたので、まあ、迂闊としかいいようがない。

 最近どうもおかしい、自分という人間は一応記憶や記録が連続はしているけれど、どう考えても20代の自分と今の自分は明らかに別の人間だと思い始めていた。
 しかし、なんのことはない地球が変わっていたのだ。これはもう致し方ないとしか言いようがない。
 と、これですべてが腑に落ちた。

 と、何の話だった?
 って、ループかよっ!

 とにかく「赤ちゃん運ちゃん」またの名を「ベイビードライバー」の話です。

 後ろ半分は面白かったな。
 前はと言うか、とくに最初の30分ぐらいが鬱陶しくて仕方がなかった。
 でも、後半のために必要な前半のうざったさだったのだなと理解はした。

 きっと、今はそうしないといけないのだろう。
 形式こそが大事なんだと感じました。
 スタイルを寄り集めて組み合わせていかないと、成立しないということなんだ。
 本当に大変な世の中なんだなと痛感した。
 70年代アメリカンニューシネマを思い出してしまったけど、ノスタルジーではないしオマージュでもない。

 ラストの衝撃は、かつての作品群の衝撃とはまるで違う。
 裏返しの衝撃です。
 はぐくまれた幸せ感は何によるものなのか?
 変わってしまった地球には疑うべくもない平和があるのか?

 肯定的で、ぼくは良いと思っちゃったけど…。


 で、まあ、ここまでは前置きで!?

 何よりも一番衝撃だったのはポールウイリアムズ!!!!!!! 
 (多めにびっくりマークつけてみました)
 あなた一体おいくつですかっ!

 って、調べてみたら1940年生まれ。
 ファントムオブパラダイスのとき34歳ぐらいだったんだ!
 それはそれで衝撃!

 悪魔との契約で歳を取らない役なんだけど、当時すでにおぢさんじゃん!
 と、思っちゃったわけで…。
 確かに童顔と言えなくもないけど、若い!?

 という条件の中、演じきったポールウイリアムズはエライ!
 描ききったブライアンデパルマはさすがっ!
 1974年の映画です!

 ね。70年代アメリカンニューシネマを思い出しても仕方ないでしょ。

 つ〜か、ポールウイリアムズ変わらないぞっ!
 いきなり撃たれて「ああっ」つう声、同じだったぞ!
 凄いぞっ!

 って、まあ、もしかしたらポールウイリアムズを見て、ルパン三世のマモーを思い出す人もいるかも知れないけど…。
 いや、ファントムオブパラダイス飛ばして、いきなりマモーはないか…。

 と、まあ、そんなことはどうでもよくって、いろいろと思っちゃった映画でした。

※似てません。すみません。

青臭い奴だぜ…。2017年06月29日 19時51分46秒

 実際は、土っぽい(土臭い)というのが正解。
 だけど、青草茶なので、ダジャレてみました。

 先々日台湾へ行った時、ホテルでいきなり飲まされたお茶が美味しかったので、帰りに買おうと思ったら、空港のお茶売り場で探したら「そんなものはない!それは漢方だ!」と怒られた。
 ので、先日、地元の方の協力を得て、スーパーで、買い求めました。
 細かい事を言うと、スーパーのお茶売り場でも「そんなものはない!」と怒られました。正確に言うとぼくではなくて、一緒に探してくれた人がです。

 もっと正確に言うと、青草茶ともうひとつ別のお茶を探していたのですが、両方ともお茶コーナーにはありませんでした。何も怒らなくてもと思いますが、自分のコーナーにないもののことは知らないということでしょう。

 しかし、助けてくれた方は、根性で見つけ出しました。
 お茶とは関係の無いコーナーでした。
 空港のおばさまは「漢方」と言ったけれど、漢方薬剤コーナーでもなかった。
 普通の食品売り場というか、乾物コーナーかな?

 でかいティーバッグ。(煎じ袋?)
 ちなみに、ざるは我が家のです。
 これ一個しか入ってません。
 インターネットで調べたところ、小分けには向かないお茶なんだそうで。


 ざらざらっと、中身を出しちゃうと、確かに小分けには向かなそう…。
 つうか、お茶屋さんが怒るのも無理はないぐらいお茶らしくない…。

 で、何故こんなことをしたかというと、原材料に中国のものが混ざっているので、洗った方がいいと、探してくれた方に教わったからです。その方、台湾の方です。
 確かに、ざるにあけた途端下に土?がこぼれ落ちました。


 まあハーブですし、自然と言うことだとは思うのですが…。

 ということで、ざるでじゃぶじゃぶと洗いました。
 (洗剤は使ってません。…念のため)
 水もしたたる小枝ちゃんたち。

 そう。
 枝っぽいッス。
 樹齢2年?

 さて煎じ袋に戻して、口を糸で縛る。
 巾着袋。


 沸騰させたお鍋に投入。
 一応、奥に見えるフライパンは通常サイズ。
 しかし、入れた途端に中の空気が膨らんで浮かんじゃう。
 意外に高かった袋の密閉度。

 なので、表裏と馴染ませながら、弱火にしてあとはひたすら煮込む!?
 ま、煎じる。

 30分ほど(インターネット調べ)で、
 お汁粉じゃなくて、青草茶出来上がり。
 まだ火がついているので、ぽこぽこしているところが、小豆っぽい!?

 というか、何故か写真の色合いが突然変わっている!
 理由は、単純に撮影モードが間違っていたことに気づいたからなんだけど…。
 なんか、変な写り方するなぁと思っていたら、トイカメラモードになってました。
 しかし、いつそんなことをしたのか記憶にない。

 とにかく、完成。
 熱いのを味見したところ…。
 確かに同じ味がするのだけど、何か違う…。
 やはり「風土」の問題かと思った。(風味じゃないよ)
 適材適所。現地のモノは現地で味わえということか?

 なんにしろ、この大量のお茶をどうするということで、冷ましてペットボトルへ。
 コーヒーではないよ。
 もっといっぱあるよ。(3リットル!煎じている間に、結構蒸発したけど)

 で、付け加えておくと、冷ました方がおいしいかな。

 ということで、何事も経験。
 いろいろ思うところ有り、
 今度はもう少しうまく作れるかも…。

ぶぶチャチャ英語版(1〜8)2017年04月09日 12時06分20秒

 1999年「ぶぶチャチャ」という作品を作りました。
 2001年に「だいすき!ぶぶチャチャ」という第2シーズンにあたる作品を作りました。

 アニメーション制作業界は、丁度フィルムからデジタルムービーへの変遷の時期で「ぶぶチャチャ」はセルアニメ(透明なセルロイドに水性絵の具で色を塗って仕上げる)で、35ミリフィルム撮影されましたが「だいすき!ぶぶチャチャ」はデジタルペイント、デジタルコンポジットで作られました。

 だからというわけではありませんが「だいすき!ぶぶチャチャ」はDVD化されましたが、第1作目の「ぶぶチャチャ」はVHSのみ しかありません。
(※少なくとも台湾ではDVD、Video CDがありましたが)
日本ではVHSのみで、なかなかお目にかかる事は出来ないので、ここは思い切ってYoutubeへ、アップロードすることにしました。

 とか言いつつ、英語版のサンプルVHSが発掘されたので(!?)それから先に上げてゆくことにしました。
 英語が苦手でも多分わかります。(英語ダメダメの私が自信を持ってオススメします)気楽にご覧下さい。
 ただし、英語版サンプルは、画面にタイムコードが入っていて、VHSはさすがに映像に乱れも多いので、別素材(台湾版DVD)を使ってます。 いくらか見やすいのではないかと思います。

 全26話アップする予定ですが、いつまでかかるかは未定です。

『ぶぶチャチャ』(1〜8)

Episode 1
The Baby Dinosaur
「恐竜の赤ちゃん」
Episode 2
Clouds are mysterious
「雲は不思議」
Episode 3
The ghost apartment
「アパートに幽霊」
Episode 4
A big ship adventure
「船まで冒険」
Episode 5
Mommy and Daddy’s treasure
「ママとパパの宝物」
Episode 6
Mommy does not feel so good
「ママが迷子」
Episode 7
A dangerous drive!
「危険なドライブ!」
Episode 8
Buddy’s pribcess costume
「ボクはお姫様?」


つづく。

台湾特急32017年01月18日 19時30分21秒

 そう。ツアーなので免税店はかかせない。
 確か石鹸を買った免税店のそばで、大規模なバスの乗り換えがあった。
 コースによるメンバーチェンジが行われたのだ。
 私と娘は、九份行きのバスに乗った。小一時間かかる。
 昨日電車で1時間かけていった猫村に近い山間の街だ。
 しかしなんというか、同じ漢字でも発音が違うから、意外と読みづらい。
 「份」にはあまり馴染みがないが「分」に人間味が足されるということか。
 鉄道の駅があればアルファベット表記があると思うが、九份はバスしかない。
 今になっていろいろ調べたが「ヂォフェン」が近いかな…。

 雨が多いらしいが、期待を裏切らずしっかり降った。
 (到着。娘がバスの窓から)

 まあ、幸いな事に大雨ではなく山間ならではの降ったりやんだりの趣のある雨。
 大雨だと困るらしい。
 こんな坂(階段)は滝になってしまって、観光どころではないらしい。

 「夕方がいい」とか言われているみたいだが、夜の景色もいい。

 多分あそこが海だ。

 なんか、昔を思い出す?
 映画で見た世界かな…。

 だけど、
 何故かここは下北沢を思い出した。(南口かな)
 左に見える「九戸茶語」というところで、食事をした。
 ツアーというのは、黙ってても食事できるところが楽だ。
 高低差のある建物群は昼間にも見てみたい。

 鉱山の名残だと思う。
 鉱夫の像みたいなのもあった。

 傘を差して暗い階段を歩く。
 繁華街(路地)を一歩離れれば静かなというか、暗くてよく見えない場所。
 昼間はもっといろいろなものが見えるのだろう。
 風情も変わるはず。

 と、情緒ある風景夜の部を垣間見て、再び50分かけて台北に戻る。
 そして、お菓子屋さんで試食をして(もちろん買ってもいいんだけど…)最終目的地「士林」へ行く。

 ここでツアーは解散。
 毎日がお祭りみたいに射的とかの屋台が建ち並んでいる。
 しかしなんと言っても「臭豆腐」の匂いが充満している。
 ここへは、大事な目的があってきた。

 葱油餅か、胡椒餅を食べなければ台湾に来た意味が無いと娘がいう。
 しかし、これがなかなか見つからない!
 朝早くから怒濤のツアーで移動しまくり少々くたびれながら、臭豆腐の匂いと戦いながら、うろつき回ったが何故か無い。
 実はそんなにお腹が減っているわけでもなく、半分あきらめながら、駅へ向かう道をたどっていたら、ありました!
 妙な画面分割になってますが、胡椒餅。 (娘撮影)

 これが、うまかった!
 ツアーの食事もおいしかったが、これがいい。
 これで、安心して帰れる。

 というぐあいで、翌朝は4時起き!
 さっさと帰路へついたのだった。
 と、超特急の台湾でした。