蔵王キツネ村は2016年10月06日 11時10分30秒

温泉地にふさわしい趣(おもむき)のある秘宝館のような佇(たたず)まいでそこにあった…。

 と、半年ぶりのブログ更新です。
 こんなふうに続いていることが不思議。
 今年は、シジュウカラにフラれ切ない日々を過ごしてきた。
 そして、無為の日々というものには止めどがないと気づき、ここいらで何かしないといかんと思い、久しぶりにドライブした。

 ほんとうか!?
 それが半年か!?

 それで、かねてから気になって仕方のなかったキツネ村を目指した。
 このブログのカテゴリー一覧に「大久野島」というのがあるけれど、それはウサギの島で、わらわらと走り回るウサギが愛らしいいいところだ。
 ウサギの次はキツネだと(ずいぶんと時がたっているけれど…)安直な発想によりエンジン全開ぶっ飛ばして来た。
 久々の長距離ドライブは、結構きつかった。長距離トラックのドライバーさん達は凄いなと改めて思う。

 でまあ、結論からいうと、島で繁殖してしまった700羽ウサギたちと、山の中に作られたキツネ村に放し飼いされている100匹のキツネたちとでは基本姿勢が違う。
 というか、そもそもウサギとキツネは違うだろ!
 と、ツッコんどく…。(ん?ツッコンどく?ツッこんどく?)
 設計思想は、広大なリス園だと思っていただければいい。
 わからない?
 小さなサファリパークの方がわかるかな?
 キツネの自由を奪ってはいけないので、人間の歩ける場所は限られている。
 でも、人間通路の真ん中でキツネが寝ていることもあるので、注意してねという感じだ。

 おまけにこのキツネ村には、ウサギも、ヤギも、ポニーもいる。
 まさに秘宝館である(?)

 で、主人公のキツネはというと…。
 これが、可愛い!

 キツネは夜行性なので、ほとんど寝てたけど…。
 着いたのはお昼時…。

 ここで、注意をしておこう!
 キツネ村に一番近いのは「白石(しろいし)駅」
 新幹線だと「白石蔵王」
 キツネ村へは、車で3〜40分。
 途中に何もありません。
 食べ物の持ち込みは禁止です。
 出発前に食事は済ませておこう!

 と、済ませてなかった悲しい者からのアドバイスです。

いやいやいやいや、気持ちよすぎそうでしょ。

 尻尾フサフサ!
 いやあ…、これを狩りたくなった人々の気持ちはわかります。

ふっさふさ…
↑ここは、放し飼い区域と、ホテル(?)の境目、子ギツネの成育場所などでしょうか。

 フェンスに阻まれる愛……?

 くつろぎのひととき。

 このキツネ君は、出待ち(入り待ち?)をしています。
 この階段の上には、人間隔離場所があって、そこがエサやり場になってます。

 注意!
 直接エサをあげてはいけません。
 噛まれて怪我をすることがあります(確率高いらしい…)

 ということで、隔離された場所から投げ与えることになります。
 そうすると、いっぱい集まってくるのでしょう…。
 人間、そこそこの数いましたけど…、やってる人いなかった。
 ぼくは、自分がお腹減ってたし…って、関係ないけど、何故かスルーしちゃった。

 人間のそばへよってきて「エサやり場にいかないの?」とか、聞いてる。

「ほら、ここだよ」
とか、誘導。

「こないの…?」

と…、
 ただ、これは腹が減っているということではなく、この人間しか入れない隔離場所へ入りたいということもあるらしい。
 この放し飼い区域の中にありながら、キツネの入れない場所なので、ちょっと気に入らないのかも知れない。

ちょっと悲しげ?
カメラから目をそらす。

若干卑屈っぽく見たり…。

 てなことをやっていたら、カメラのバッテリーがそろそろ切れるって!
 速っ!
 満タンのはずだったんだが、多分使い古しの奴が入っていたのだろう。
 これは、減りが超速いのだ。
 もちろんこんなことは想定内で、替えのバッテリーは用意していた。

 が、
 車に置き忘れてしまっていた!
 今思えば…、一度、出て、再び入場料を払って入ってくるということも出来たな…と、まあ、ちょっともったいなけど、いっぱい写真撮ろうと思ってきたわけだから…、しかし、昼飯抜き、運転しっぱなしで、思考が回らなかったのかな…。

 ↑のキツネ君みたいな気分だったかも…。

(つづく?)

続報は悲報?2016年06月05日 14時01分52秒

4月23日の続報です。

 巣箱の引っ越しに対応し、やってきてくれたシジュウカラですが…。

 思えば(思はなくても)あれは5月4日のことでした…。
 この日、東京の天気は荒れ模様。
 風が吹き、雨が降ったり止んだり。
 毎年の巣立ちを思い出せば、鳥たちに雨は大した影響を与えない。
 でも、風はどうなんでしょう?
 結構な勢いで、木は大きく揺れておりました。

 雨は気まぐれで、晴れ間も差し、設置したビデオカメラには、シジュウカラの来訪が映っていました。
 巣はまだ使われている様子。

 …ん?

 「まだ」…

 ということは…?

 翌日5日も、雨模様でした。
 この日でしたか?
 巣箱を這うヤモリが発見されました。
 残念ながら映像はありませんが…。

 ヤモリが来たと言う事は、家(巣箱)を守ってくれているのか…。
 なんて、思ったりもししましたが…。

 よくよく考えると、ヤモリは卵食べるよな…なんてことも頭をよぎったり。
 ま、なんにしろ、なんとなく鳥の気配がしなくなりました。
 「気配」ってあるもんですね。
 気配がないってことは、やはりないんです(!?!?)

 なんか気になる落ち着かない日々…ってほど過ぎてない5月7日のカメラに、映っておりました。
 蠅が巣穴を覗いている!?
 蠅のUP見たくないでしょうが…。

 ということは!?

 いや、虫が巣箱を這う事なんか珍しくも何ともありません。

 が、毎朝5時ぐらいに庭から聞こえるシジュウカラの声は聞こえなくなり。
 (近場では相変わらずにぎやかに鳴いてましたが)

 まあ、なんというか、居なくなったな…。
 と、遅い結論を出しました。

 それでも、なんというか、万が一のために5月いっぱいはそのままにすることにして、先日、取り外しました。

 変な住人(?)が飛び出してくるのではないかと不安もありつつ、蓋(屋根)を外すと、それは綺麗な、
 「巣」がありました。
 まだ産卵前だったのですかね…。
 いつもうより端に寄っているなとは思いました。
 設置がかなり傾いてしまったせいでしょうか?

 でもできたて感溢れる新鮮な「巣」でした。
 こんなに立派なの作ったのに…と、思わずには居られませんでした。

 ので、なるべく形を崩さないよう取りだして、記念撮影!?
 アングル考えているうちに崩れてきてしまいました。

 というような顛末でございました。

 5月4日、設置していたビデオに映った最後のシジュウカラ。
 時刻は午後3時半ごろ…。
 この後、巣箱に入る事はなく、木の下方へ去る姿が映っていました。

緊急続報2016年04月23日 01時17分56秒

4月10日の続報です。
昨日、いや一昨日(木曜日)です。
巣箱に飛び込むシジュウカラをおかぴが発見!

マジ!?

早速ビデオを設置したら、映ってました。
これは飛び出すところですが…。

なんとびっくりです…。
例年より一ヶ月ぐらいは遅いです。きっと。
巣箱の位置を変えたから来てくれたのか、たまたまなのか、それはわかりませんが、心なしか色つやの良い若い男女に見えます。
(上のキャプチャー画像ではわかりませんが)

実際問題、遅いのでしょうか?
本人たち(本鳥たち)何か凄い必死な感じがします。
翌金曜日は、鳴き声も頻繁、巣材運びも凄い勢いでやってゐる様です。
急いでいるのでしょうか?

こうなると、ちょっと心配なのは、きーちゃん(ネコ)です。
そういえば最近姿を見ません。
どこかへ遊びに行ってるのでしょうか?
戻ってきたらやはり襲うでしょうか?
ぼくのバイクのシートは自由に使って良いから、鳥たちはそっとしておいてね。と、願ってます。
汚れてますね。
きーちゃんの足跡は思ったより少ない。
もっと増やしても良いよ!

と、そんなこんなで、まずは動画を撮って様子を見ています。
巣材を運ぶ姿が頻繁に見られます。
面白いというか、健気な姿が映っていたので、早速切り出しました。
Great tis was carrying material of nest.
動画の中身とは違うショットですが、でかい巣材をくわえてます。
写真をクリックするとYoutubeへ飛びます。

さて、どうなるか…。

巣箱新築の続報2016年04月10日 11時59分06秒

 久しぶりにログインしたらスパムコメントの嵐だった。

 まあ、それはそれとして、昨年末12月26日の続報です。

 巣箱設置4年目にして、諸処の事情により形態を変え、場所を変え、どうなることかと思いつつ、シジュウカラの繁殖期がきました。
 家の周りでは、ピーチュピーチュ(チュピチュピチュピ)とにぎやかに鳴いています。
 しかし、例年ならば巣材運びに忙しいこの頃、我が家の巣箱にはなんの気配も無し…。
 今年は来ませんね〜。

 実は3月半ばを待たず自分は諦めムード。
 4月に入って、空き家決定という感じでしょうか。
 原因はなんだろう?

1.巣箱の形が悪かったのか…。
 鳥の目にどう見えるのか分かりませんが、異様。

2.設置場所が悪かったのか…。
 ザクロが嫌いって事はないと思いますが、留まる枝が少ない。
 巣箱はほとんど中空に浮かんだ感じ。
 家の窓にやたら近い…、と、場所は気になる点が多い。

3.昨年、スズメやネコの攻撃を受け、シジュウカラ情報網で危険区に指定されている!?
 当のネコは、今も近隣を縄張りにして、私のバイクはお気に入りの寝床になっている。最近キーちゃんという名前ももらった。
 
 と、原因は様々考えられます。
 特別な原因などなく、ただ来なかっただけということもあるでしょう。
 まあ、なんにしろ折角だから5月いっぱい放置してそれから片付ける事にしました。(あまり放置しすぎると蜂の巣になる可能性があるらしいので)

 そんな私のがっかりムードを見かねたのでしょう、おかぴが「いつもの場所につけ直したら?」といいます。
 まあ確かに、どうせならそうするかと思い設置し直しました。

 泥棒捕らえてなんとやらではないですが、繁殖期が始まって、ガサゴソと巣箱を設置して今更来てくれるのかはなはだ疑問。
 だけど、ダメ元というか一度は諦めたわけで、どうせ5月いっぱい放置するつもりなら同じだろうと、ザクロの新芽が出始めたけふこのごろ引っ越し。

 なんというか、手間かけて引っ越す割りには、期待感が薄いせいで若干手抜き!?
 傾いてます…。

 まあ、とにかくいつものポジションに。
 こうしてみると、やはり人間の目には異様だわ。
 いかなネコでも、この屋根には乗れないだろうと思って作ったのだが…。
 隣の枝から攻撃しようと思えば出来なくもない…。

 さて、どうなることやら…。