一人称の罠?2005年06月15日 08時27分48秒

 ぼくは、前にも書いたとおり翻訳物が苦手だが、一人称のものは比較的読める。このブログも一人称だね。語り口が主観的だからなのか?情報が限られるからなのか?本人がさう言ふのだから他に考えも及ばない!?
 でも、油断は禁物で、手放しで一人称を信頼すると、大変なことになる可能性もあるよね。果たして存在するかどうかわからないけど、一人称の推理小説で謎が謎を呼び、主人公は翻弄されまくり、事件は迷宮入り、でも、ラストの一行で「今まで黙ってたけどぼくが犯人です」とか言はれたら、どう思ふ?
 一人称ではないんだが、犯人を追ひつめる『謎の人物』が、実は、主人公だつた。(え!?改めて書くとさつぱり判らんな)と言ふ小説は読んだことがあるな。映画には出来んなと思つたことがある。クラークケントがスーパーマンだと言ふことを最後まで隠して描くとさうなるのかな?
 まあさておき、ぼくは本格推理とか呼ばれる小説はあまり読まないんだけど、謎説きのシーンが耐えられないのね。でも広くミステリーは好きです。ハードボイルドがいいな。一人称の作品が多いし。
 いいなと言ひながら、どこからどこまでが、ハードボイルドと聞かれても答えられません。
 で、今回はジムトンプスンの話です。有名なのは映画化された「ゲッタウェイ」です。分類分けが目的ではないんですが、そんな話の流れになつてしまつたので、犯罪小説とでもしておきませうか。ハードボイルドタッチ!と言つても問題ないと思ひます。この間読んだのが
「深夜のベルボーイ」一人称ではありません。
 あれれれ、では何故だらだらとこんな話?一人称ではないんですが、一人称の気分で読める作品なんです。と同時に、なんか、宙ぶらりんな気分にさせられてしまう。そんな感じ。この人の作品にはそんなところがありあす。犯罪小説と言ひましたが、主人公が、さほど悪い奴ではないのでは?と思へたり、妙に弱い奴だつたりとか(正直だけど、悪の道に入るとか、悪い奴だけどいいことしちゃうとか、そんな物語みたいなことを想像してはいけません)尺度がむづかしいのです。で、なんと言つても語り口がね‥‥‥。
 ところで、最初に凄い作品を読んぢやうと、なかなか、それを越えるのがむづかしいですね。凄いと言ふか、ショックを受けると言ふか、自分にはまりすぎてしまうとか。ぼくはこの人の場合
『死ぬほどいい女』と言ふのを最初に読んだんですね。これがたまげた。一人称の小説で、多分、一人称でなければ不可能な内容だし、一人称だからとんでもないことになつてゐると言ふ感じです。なんで、こんなペイパーバックが、こんなになつてゆくの?と言ふ展開で、これはミステリーなんで説明する訳にはいかないし、つ〜か、しろと言はれても出来ないし!
 全然、全く、徹底的に、心底、興味のかけらもない!と言ふ人以外は読んでみて。リストによると1954年。この年4〜5冊書いてますな。リストの並びでは「深夜のベルボーイ」がひとつ先。原題は「深夜〜」が、A SWELL-LOOKING BABE、『いい女』ってことかしら、もつと濃い意味合ひがあるのかも知れない。「死ぬほど〜」が、A HELL OF A WOMAN。テーマにためらいがありませんね。
 「ゲッタウェイ」は映画のラストの後にまだ続きがあるんだよと言はれて、確かに映画を見た時「あ、終わっちゃった‥‥‥」と思つたので、さもありなんと思ふたが、凄いんだよ、主人公がとんでもない目に合ふんだよと言はれ、どんなんだろと思ひは巡る。「フロムダスクティルドーン」と言ふ映画を見た時、あ!これか!これは「ゲッタウェイ」の後半を作つてみたんだ。と、ひとりごち。そして、「死ぬほどいい女」を読んで、原作「ゲッタウェイ」が読みたくてたまらなくなりました。でも、読んでません。角川文庫から出てるらしいんだけど、絶版なのかな。何を隠さうぼくは数年前から図書館派なんだけど、ないんだよね。保谷田無市には図書館が7つ。でもどこにもない。
 気になるな〜。
 と言ふことで結局。
 ラストをほのぼのと見てしまうか、不安を感じるかは、人ぞれぞれでせうな?でも、スリムピケンズが、滅茶苦茶いい味出してるんで、ほっとはします。
 これは、1973年公開かな?見たのは1975年12月9日(火)
新宿ローヤル劇場!
 この映画館の話もしなくては!

コメント

_ パパァ〜ン ― 2005年06月15日 16時01分56秒

祝1ヶ月!!
おめでとうございます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック