静かな長崎2005年08月09日 10時05分36秒

 長崎は2度ほど行つたことがあるのですが、ここへは帰り間際にわずかな時間立ち寄つただけ。1999年9月27日夕刻。
 その時間のせい?人はまばら。大きいけれど、町中のただの公園と言ふ感じ。
 まだ紹介してゐないミノックスで撮影。
 下もまだ紹介してゐないコンタックスの巻き取り不良。コンタックス本体の写真はない。
 なんと言ふか「ここは観光地なんかにしないぞ!」と言ふ長崎の意思を感じます。
 普賢岳が噴火した年に初めて長崎へ行つたんですけど、路線バスの運転手が「ここからだと頂上がよく見えるよ」と、突然バスを止めて見せてくれました。
 そんな長崎で、ここは「ただの何もない公園」なんです。今日行くと違ふんですかね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック