亀は意外と速く泳ぐ2005年08月22日 07時43分39秒

 前にも書いたかも知れないが、いつ頃からかすつかりテレビッ子なのだ。しかも、ほとんどバラエティ。テレビ=バラエティみたいなもんだ。テレビッ子になつたが、ドラマは見ないのだ。月9より水10だ。ココリコミラクルタイプは良くできてゐる。面白い。バラエティ内のミニドラマと言ふか寸劇としては、クオリティが高い。キャストがいいのだが、最近ちよつと出来過ぎかも知れない。ほかはもつとくだらない。もしかしたら全然面白くないかも知れないが、何故か喜んで見てしまう。ぼくの脳みその劣化が進んでゐるのか‥‥‥。完全白痴化は近いか!?
 まあ、だが、これを映画にしたら見たいか?と言はれると見る気はしない。テレビだからいいのだ。『亀は意外と速く泳ぐ』はきわどい領域に立つてゐる。渋谷シネラセットへ見に行つた。初めて。ベンチシートと言ふか、ソファがあつてスクリーン前を占拠してゐる。カップル用なことは間違ひない。扉から入るとまづ目に入る、いや広がるので、どこに座らうか戸惑ふ。目を後方へ移すと普通のシートがあつて安心する。しかし、考えてみるとベンチソファは首から上がないから、長時間映画を見るのはきついのではないかと思ふ。
 で『亀‥‥‥』だが、テレビ風なのだ。過激ではなく平和なので、好みだが、それにしても、このまま最後まで行くんだらうかと、いささか気になつた。売り文句にもなつてゐるが「ゆる〜い」のだ。少々ため息が出た。そして、これはこのまま行きのだらうな。それはそれで、凄いと思ふと、決意、覚悟するころ、
意外にも裏切られてしまう!
 突然『いい』シーンが、出てくるのだ。
 そして、決して「激」することなく、でも「劇」的に終はる。
 いつ頃からか、気になりだしたことがある。「劇的」と言ふことだが、昨今、劇的とは、涙を流し、大声で叫び、感動的な音楽が流れること!?「激的」なのだ。そんなドラマ、映画が多い気がする。構はないのだが、そのシーン以外を見てゐなくても、そこだけ見れば何故か感動してしまうと言ふ、パブロフの犬的シーンを作ればそれでおしまいな気がする。でもこの『亀‥‥‥』は違ふ。この映画を見ると、何一つ目立つことなく平々凡々に、群れに入れば誰とも区別がつくことなく十把一絡げな、市井の民、その他大勢でしかないと思はれる一人でも、実はそれぞれに「ドラマチック」に生きてゐるのだ。(「のだ!」ではない)と言ふことに気づかされる。

 写真は、谷戸(やと)せせらぎ公園。西武池袋線ひばりが丘駅から南へ徒歩7〜8分?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック