オランダの光2005年09月01日 16時07分56秒

 この写真はオランダではないので(見ればわかるけど)あしからず。

 たまたま早起きしたので、チャンスとばかりに、あこがれの下高井戸シネマのモーニングショーへ行く。
 下高井戸で一日一回朝だけ、と言ふのは近所の人ではないので、なかなかなのだ。
 何故あこがれかと言ふと、今は近所ではないが、子供の頃経堂に住んでゐて(正確には桜丘、東京農大のそばだ)下高井戸は自転車の範囲だつたのだ。虫プロ商事版「火の鳥、未来編」は、ここで買つた。
 しかし、これは懐かしいであつて「あこがれ」ではないのでないの?と思はれるかも知れない。たしかに、ついあこがれと書いてしまつたのだが、残念なことに懐かしくはないから仕方ないのだ!?
 世田谷区のローカル映画館と言へば、三軒茶屋に三軒!、二子玉川に一軒、下北沢に一軒、経堂にも一軒「南風座」と言ふのがあつた。南風座はすでに大人専門館で、行くわけもない間に閉館してしまつた。下北沢オデオン座も、二子劇場(だつたかな?名前忘れた。二子玉川遊園地と言ふローズガーデンで有名な遊園地の隣にあつた)もない。三軒茶屋は二軒になつてしまつた。残つてゐるだけでも凄いし、この二軒はほとんど昔のまんまだ!本当に凄い!
 いつ頃からだらうか、もうすでにずいぶん前だと思ふが、名画座とかローカル(場末)な映画館はどんどん追ひ込まれて行つた。そもそも地元用と言ふか、御近所用なんだが、テレビのせいと言ふよりも、映画がなんとなくファッションになつて、おでかけ(デート)コースになつてしまつたのだと思ふ。地元でなく、都心へロードショーを見に行くやうになつたのだ。
 ローカル劇場はしかたなく、季節ごとにアニメなど、子供用をやり(小さい子などはやはり地元の方が楽だつた)普段は大人様用品をやるところが、多かつたと思ふ。ローカル度が高くなる程さうだつたはずだ。(気取つて仕方ないが世田ヶ谷はさうでもなかつた。だから、閉館したのか?)おかげで、子供達はアニメの合間にアダルトな予告編を見られると言ふ2倍の愉しみがあつた!(と勝手に想像する。ぼくは経験がない)
 とにかく交通の便もよくなり、都心へ出るのが旅ではなくなつたのが、大きい要因と思ふ。自然、ローカル映画館は回想して綺麗にするお金もなく、人々は綺麗な劇場へと向く。このあたり、地元の電気屋さんと量販店の関係に似てゐなくもないかな?
 とまあ、そんな中、下高井戸シネマはがんばつてゐるなと思ひ、いつか来たかつたのだ。だからあこがれなのだ。
 でも、懐かしくはない?くり返すが残念だ。何故か来たことがない。自転車コースなのに、映画は三軒茶屋と下北沢。後は、都会へおでましだつたのだ!新宿と渋谷ね。後はイベントとしてテアトル東京だ!
 と、力んでも仕方ない。その辺の話はいつかくり返すだらう。
 本題の下高井戸シネマだ。(あれ?)
 ここは綺麗だつた!三軒茶屋の二軒とはもう本質的に違つてゐた。何故か、プログラム売り場に中古カメラが、並んでゐるところが、マニア心をくすぐつた。椅子も座りやすい。感心する。
 つ〜ことで、つ〜か、本当の本題は「オランダの光」ぢやないか!
 でも、くびが痛くなつてきてしまつたので‥‥‥‥つづく。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック