ギター改造計画(前編)2005年09月06日 22時55分03秒

 『17歳の風景』のはずだつたんだけど、とある素材が揃つたので、これを先に。でも、前編です。

ギター改造計画(前編)

 あらかじめお詫び!?

 この『ギター改造計画(前編/のちにあるであらう後編、それが完結篇)』は、物を大事にする人にはお勧めしません。見ない方がよいと思ひます。

 では、さて、中学か高校の時に買つたギターをまだ持つてる。正確にいつだか覚えてない。上達しなかつたので、こだわりが少ないのだと思ふ。でも、捨ててない。スチールギターなんだが、こともあらうにウエスタンギターと言ふのかしら、ボディのでかい奴だ。身体小さいのになんでこんなの買つたんだらうと思ふ。カントリーが好きだつたからなんだが、果たしてカントリー歌手がみんなでかいのを持つてゐたかどうかは疑問である。
 でかい物へのあこがれはあつた。
 ともあれ、全然上達はしなかつたが、スリーコードぐらいは鳴らせるので、年に数回は触つてゐた。しかし、でかいので、重く邪魔で、腕が痛くなるし、ここ数年触りもしなくなつてしまつた。

 さて、どうしやう‥‥‥。このまま、このギターは触れられることもなくホコリまみれに(もうすでになつてゐる)なり、錆びた弦は交換されることもなく、しかも捨てられることさえなく居続けるだけなんだらうか?
 ‥‥‥って、すべては持ち主の意思なんだね。
 そこで、少しは触らう。そのために、軽く持ちやすくせやう!ボディに当たる腕が痛くならないやうにせやう!と一大決心!(オーバーな表現です)
 小さくすることにした。
 ボディを細長くしてみやうとかも思つたが、それは無謀な計画だとあつさり断念。とにかく薄くすることにした。

 で、いきなりのこぎりでぶった切りだぜ!

 と、こんな感じ。
 のこぎりは、左手の親指のつけねから血が噴出事件(?)のレーザーソーです。
 で、さらに薄くするために、補強部分だけを残してさらに切る。すると、2本のこんなギター型の「輪っか」が出来ます。
 これはまだ、部屋に残つておりますが、さすがに捨てると思ひます。

 そして、重ねてテープ(撮影機材用の布テープ。便利!)で、ぐるりんこと張り合はせます。

 完成!るるるん!

 ‥‥‥しかし。
 この後、少し考えれば当たり前のことが起こりますが、このときはルンルン。
 何年前に買つたのか忘れたけど、何故かあつた交換用の弦を張り始めました。
 そもそもこの行為が凄く久しぶり。
 で、なんだか、調弦がなかなかうまくゆかない。
 あれ?合はせたつもりが、次の弦を合はせてゐるうちにどんどん狂つてゆく。
 う〜ん?なんでだ〜?へんだな〜?とよくよく見てみると!
 ネックとボディがこんな風に(ピント合つてないしあまりにもわかりづらいので、図解入り)反り返つてゐました。

 ガガ〜ン!そりゃそうだ!ボディ剛性壊したんだもん!
 びにょんぶにょんとまあ、面白い楽器は出来たんですが、奏法を開発するのはむづかしい‥‥‥っつ〜か、ちやんと考えろよっ!

 と、思ひました。
 これは、張り合はせを強化するだけでは、すまないなと思ひました。
 といふことで『ギター改造計画(後編=完結篇)』へつづく。

コメント

_ 柿の種 猫の種 ― 2005年09月06日 23時22分48秒

あ・・・・・・あみのんさま・・・・っっ!?



ひーーーーっっ!!!!!死ぬ~~~!
あかんーーーーーっっ!!!!
死ぬほど可笑しいですーーーーっっ!!(^口^ゞ・・・・
ぎ・・・ギターが、大変なことにーーーーっっっっ!!

_ 柿の種 猫の種さま ― 2005年09月09日 10時54分03秒

そ、そんなにウケるとは、思ひもよりませんでしただ。
ま、おバカまるだしですが、後編も素材は揃つてゐるので、もうすぐやります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック