ギター改造計画(後編)2005年09月10日 13時00分23秒

 はやいとこ片づけとかないと、いつになるかわからないので

ギター改造計画(後編=完結篇)

 あらかじめお詫び!?

 この『ギター改造計画』は、物を大事にする人にはお勧めしません。見ない方がよいと思ひます。

 と言ふことで、反つくり返つてしまつたギターをどうするか!?考えた結果。
 ネックとボディを真つ直ぐに固定するために、アルミ性の鈎型板を使ふことにしました。正式な名前があるのですが、忘れてしまいました。単なる平板にせやうかとも思つたのですが、ここは強度を意識しまくつて奮発しました。アルミなので、軽いとは言へ30cm鈎型で幅もそこそこあるので、それなりの重さがあります。そもそもギター改造計画の目標のひとつ『軽くする』は断念ですか‥‥‥‥。
 ドリルでアルミ板とギター!に穴(直径5ミリ)をあけまして、ネジ(蝶ネジ!)を差し込みしめる!ギターのボディの内側に張つてある補強用の横棒が丁度『てこ』の役目をしてくれて、反りを戻すのに成功。やれやれひとまず安心。

 もうなんか、サイボーグの悲哀って言ふ感じですかね?
 蝶ネジにしたのは、この仕組みだといづれ弛んでくることが充分ありうるので、いつでも工具無しで締め直すことを可能にするためです。とはいへ、ネックの横にはみ出してゐる分を蝶々にすると、弦が引つ掛かつてしまうので、六角ナットを使用せざるを得ず。ま、アイデア倒れですか‥‥‥‥。
 で、次の問題。いつでも締め直すためには、直接手が届かんとならんわけで、そこの部分を蓋式にするとか、いろいろ考えた挙げ句、ただ穴をあけることにしました!
 ボディ面の意外な硬さにびつくり!穴あけ作業には思はぬ手間がかかりました。

しかも汚い切り口!

 形に美意識のかけらもありませんな。ここまでくるともう居直つてますね。でも、せめて汚れ隠しにテープで目貼り。
前編で説明した撮影機材用布テープ。

 そして、とにかく頑丈にを目的にベッタベタにボンド塗りたくり接着。

 乾くまで万力で固定!

 痛々しい?
 乾いたらボンドの塗りたくり後を隠せるし、再びテープはリ!
 るんるん完成間近!
 で、まあ、やること為すこと、中途半端と言ふか‥‥‥‥。
 テープがあと半周足りませんでした!

 なはは‥‥‥‥。
 テープぐらいすぐ買ひに行けよと言ふ意見もありますが、これで完成!完成だ完成だ!もう完成なんだるんるん!と無理矢理‥‥‥‥。

 と、詰めの甘い完結篇でした。
 でも、無事ギターの音がするやうになりました。先ほども申したやうに、重さに関しては疑問が残りますが、幅を狭めたことで、抱えるのが滅茶苦茶楽になりました。腕も痛くない。ただ、改造計画の目的にもうひとつ実は「音を小さくする」と言ふのがありまして、つまり、ジャカジャカうるさいだけのギターは近所迷惑だなとも思つてたんで、反響を小さくすれば変はるのではないかな?と推測したのですが、その辺に関しては、よくわかりませんでした。思ひの外、よく響くんでやや驚いてゐますが。後ろにあけた4つの穴がどんな効果をもたらしたのかは謎。アルミ板にいたつては音の響きを上げてゐるのではないか?と思つたりして‥‥‥‥。

コメント

_ Kaz ― 2005年09月11日 15時16分48秒

 師匠ーっ!(←勝手に) 私もこの改造計画に大受けさせていただいた口ですが、ギターのボディには、音をキレイに響かせる機能もあったのではないですか?
 それをバッサリやっていまだ大きな音とは、さ・・・さすがです・・・!

_ kazさま ― 2005年09月11日 21時10分04秒

大きいんです。多分「キレイ」の部分は、除外されてゐるのだと思ひますが、判別がむづかしい‥‥‥。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック