トルクのホソク2006年07月12日 23時36分27秒

 うん。
 昨日書くつもりが書き忘れたことがあつて。
 といふか、本来これを書かうと思つて書きはじめたのに、すつかり頭から抜けてゐた。思へば一昨日の花の話も危うく忘れるところだつた訳で、これ、ヤバいんでないかい?
 まあ、普段から会話が脱線して行くのは得意なので!?ぼくにとつては通常な事象か?
 で『トルクの補足』なんだが、いくらカタカナで書いたところで、『ク』しかあつてないので、ダジャレにもなつとらんが、3文字といふことでせめて韻を踏んでゐると解釈してください。
 撮影の段取りのためにCG映像を作つてゐるといふ事に対して、今ぼくがやつてゐる仕事では3Dアニメーションを作る為に線画のガイドアニメーションを作つてゐるので、いろいろあるな。
 ‥‥‥と、そんなことで、。
 さうなんです。今回は、業界用語でいふと『線撮り』といふのをやつとります。もちろん、絵コンテから直接3Dアニメーションにする作品もありませう。役者さんに演技をしてもらつてそのモーションデータをコンピューターに取り込む手法もあります。(モーションキャプチャーと呼んでる)
 でも『シルクロード少年ユート』はアニメーション(昨今週100本以上やつてゐるらしい。あれです。たいてい線で書かれてゐて、色が塗つてある『絵』が、動く物語)作品らしく、もつといふとマンガらしく作りたかつたので、アニメーターさんにお願ひして、ラフ原(通常動きの大元になる原画と呼ばれる『絵』を少し簡略化して書いてもらつたもの)を起こしてそれを撮影してます。
 いや、ね、たまたま、今週の月曜日、役者さんたちと話をしてゐて、そんな話が出たものですから、この間見た『トルク』のメイキングのことが思ひ出されてね。あちらはカメラで実際のアクションを撮るために3D映像作り、こちらは3Dのアニメーション作る為に2Dの映像作りって、面白いな‥‥‥って。
 それぞれ、イメージの確認と作業の効率化といふ意味では同じなんだよな〜。と思ふ。

 うん。
 なんか違ふな。
 ま、とにかくね。1話のダビング終はつたのね。
 かういふ時つてなんか複雑なのね気分が、ハイテンションと脱力といふかね。
 脱力してる場合ではないので、アブノーマルハイテンションかな。
 ヤバいよね。
 でもね。あそこがテポドン発射したから、軍備増強ではあまりにも短絡よ。
 アニメーション作つてる人らしく言ふとさ『武器商人の思ふつぼ』だよ。
 アニーションの場合は、マグナムエースが出てきて「やめろ〜〜!」って叫ぶんだけどね。(わかんないよね‥‥‥)
 今の日本ほどハメやすい国は無いよね。このままでは日本沈没だね。

コメント

_ お父さんの隠し子 ― 2006年07月15日 02時15分28秒

 いきなりマグナムエースの名前が出て来て懐かしかったっス。思わず松本の声で読んじゃった。最も、この話について来れる人ってどの位かしらん。
 世の中またまたおかしな方向へ行っちゃってるのかな。それとも、今まではニュースに流れなかった事が流れるようになっただけなのかしら。それなら、昔は隠されていた事が表に出るようになったのだから、良い方向に行っているのかもしれませんね。

_ お父さんの隠し子さま ― 2006年07月16日 20時47分53秒

よくなるやう願ひます。マグナムエースはゐませんからね。
まあ、ゐてもなかなか思ふやうに事は進まないかも知れませんが。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック