勇者のための浄土2006年09月02日 23時01分41秒

 先日HMVで購入したCDの一枚。
 これは、まあ、いはゆるジャケ買ひの範疇でせう。
 ジャケ買ひにはパターンがいくつかあると思ふが、初めてのパターンだと思ふ。ピンクフロイドの『 p . u . l . s . e 』がやや似てゐるのだが、ピンクフロイドはレコードも数枚持つてゐるぐらいに好きだから、買ふこと事態に意外性がない(?)ので、同じとは言へない。まあ、説明だけしておくと、『 p . u . l . s . e 』はケースの背中に「パルス発光」するランプがしこまれてゐて、赤い光が点滅してゐたのだ。この点滅は1年近くもつた気がする。電池を取り替へればまた光るかも知れないが試してない。と、まあ、光に惹かれる虫のごとくCDを手に取つてしまつたわけだが、これはライブで、曲はおなじみのものばかりである。何を隠さうレーザーディスクも持つてゐるので、CDを買はなくてもよかつたのだが、買つてしまつたのだ。だから、ジャケ買ひ。もうずいぶん昔の話ですが‥‥‥。

 と、例のごとく話がズレた。
 さて、どこが似てゐるのか?
 おまけ付きだつたのである。
 似てないか‥‥‥。


 これは一体なんだらう?
 と、思つたわけです。「 CHANDAN 」?
 よおく見ると「 DHOOP STICKS 」と書いてあります。
 でも、気がつかなかつたし、どうせ意味も解りません。
 ガム?飴?って、食べ物はないだらう!
 同じくあり得ないけど歯磨き?なんて思つたりもしつつ、コーナーは中東系でしたが、インドつぽくもあり、とにかくカゴへ。
 写真のやうにビニールの袋にしつかりと入つてゐたので、解りませんでしたが、出したとたんに、遅ればせながら一発でわかりました。(一発ぢゃないか)
 強烈な臭ひ(匂ひ)がプ〜〜〜ンと、鼻を直撃。お線香でした。
 石鹸のやうな(いや、そもそも石鹸がお香仕立てなのか?)シャボンを感じさせる匂ひです。まだ、焚いてません。
 しかし、かれこれ10日ぐらいたちましたか、少々弱まつて来ました。密閉しとかないといかんのかしら?それとも匂ひに慣れてしまつた?
 なんかもつたいなくてなかなか火をつける気にならん。
 最近、蚊の攻撃がもの凄く毎日蚊取り線香は焚いておるんですが‥‥‥。


 と、まあ、ご覧の通り。
 でも「 DHOOP 」を調べてみたんだけど、ないんだよな。「 STICK 」が英語だから英語だと思つたんだけど、違ふのか?
 メーカーさんの住所はインドのやうですけどね。
 と、まあ、その辺のことはさておき。
 アーティストは、アザムアリ(Azam Ali)といふ女性。テヘラン生まれ。幼い頃インド(マハーラーシュトラ州)へ移り、今はロスアンジェルスに住んでゐるさうです。イランの伝統音楽(インドではイラン人地区にゐたらしい)となんと言へばいいのか、今の音楽(?)を融合させた好みの音楽でした。
 融合させたと言ひ切るのは、サラーム海上さんといふ人が書いてゐるライナーにさうあつたからですが、かなり、伝統色豊かです。ほとんどの歌が英語なのに、これだけ雰囲気がいいといふのは、イランインドアメリカと文化を渡り歩いてきたからでせうか?

 アルバムタイトルは「 Elysium for the Brave 」英語ですね。(訳すと「勇者のための浄土」と解説にありました)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック