L'ANGE ET LE DÉMON2006年09月03日 23時00分33秒

 ところで(前に文章がないのに「ところで」も何もないもんだが)三軒茶屋の蔦屋は、在庫数豊富。店に入ると思はぬ時間を過ごしてしまう危険な場所だ。
 ただ、あれこれかなり親切に種類分けしてあるのだが、これはこれで中途半端な映画を探すときに結構大変である。
 アクションやクラシックのコーナーそれぞれ、いや、フランスやイタリアコーナーにもそれぞれ俳優ごとの棚分けがあり、選択肢が豊富過ぎて困るのだ。
 今回の作品はクラシックのチャールズブロンソンコーナーにあつた。
 さうなんだ、ぼくが子供の頃の作品はクラシックなのだよ。クラークゲーブルなら当たり前にクラシックだけど、さうか、ブロンソンもクラシックなんだなと感慨深い。
 見つけてしまつたので、西部劇を一時お休みして「おませなツインキー」を借りてみた。
 これは、16才の女の子と38才のポルノ小説作家が結婚するといふ、男の子があまり見たいとは思はない映画だつたので、だから、見なかつたのだ。チャールズブロンソンとスーザンジョージといふかなり興味をそそるキャスティングだつたのだが、男の子はこんな映画は見たいとは思はないのだ。男の子は西部劇と戦争映画を‥‥‥。
 なんか、無理した感じもする。
 実は、本当は、見たかつたのかも知れない。このタイトル見つけたときに、一番上の全く手の届かない棚にあつたのにも関はらず、脚立を探し出して運んで(ぼくの身長だとそれでもギリギリの高さだつた!棚高っ!)取つて借りたのだ。その無意識(?)の行為を考えると長い間心の中に‥‥‥。

 で、不思議だつたのだ。
 何がといふと、オープニングクレジットがフランス語!?
 セリフは英語です。
 で、タイトルが『L'ANGE ET LE DÉMON』フランス語ぢゃん。(ちゃんと表示されてゐるかどうか心配なので、最後の単語は『DEMON』Eにアクサンてのが付いてます。これ、ANGEといふのは天使かしら?DEMONは悪魔?『天使と悪魔?』『美女と野獣』って感じなのかな?まあ、チャールズブロンソンだからな〜。で、しかも括弧付きで、そのタイトルの下に(Twinky)と書いてある。面白いな〜。舞台は始めイギリス。後半アメリカに渡ります。
 イギリスの名優が、さりげなく出てます。トレバーハワードとか、ロバートモーレイとか、でも、エンドマーク『FIN』!
 う〜ん。
 そんなことで悩んでも。
 おつと!忘れてた。監督がリチャードドナー!有名どころでは『リーサルウエポン』『スーパーマン』『オーメン』ぽんまんめん!と。これはアメリカ人。
 う〜ん。気になるな〜。と、見終はつた後で映像特典チェック!
 アメリカ版予告編が、入つてます。それぐらいでは驚かない。
 しかし、続く2つの項目に注目。
 アメリカ版オープニング。アメリカ版エンディング。!!
 う〜む。この映画は一体どこの映画なのだ?
 で、もちろん見ました。
 見た本編(フランスタイトル版とでもいふか)では、オープニングに歌が流れます。男性ボーカルに「ツインキーツインキー」といふ女性コーラスが入る。(いかにも1960年代終わりから70年にかけてよく流れた感じの曲。当たり前ですが)アメリカ版はインストでした。編集も微妙に違ひます。つ〜かファーストカットは違ひました。理由は不明。確かに時間の流れを意識すると、フランスタイトル版は誤解を生じる?
 まあ、それはそれとして。
 と‥‥‥。
 た‥‥‥タ‥‥‥タイトル違ふぢゃん!
 といふか、タイトルぐらい違つたつて大した問題ではないといふか、といふか、でも『LORA』?
 誰?ローラ、誰?(一応『ランローララン』風に意味もなく韻を‥‥‥)
 主人公の名前違ふぢゃん!劇中で間違ひなくブロンソンは『ツインキー』を連発してましたぜ?
 アメリカ版はオープンエンドしかないので、本編で何と呼んでゐたかは不明。
 本編そつちのけで気になつてしまつた。
 アメリカではツインキーに問題があるのかしら?
 でも、予告では文字でもナレーションでも『TWINKY』連発してましたぜ。
 謎は深まる。
 さらに!?このDVDにはフランス語音声も入つてゐる。ブロンソンの声と口パク(口の動きです)を聞く(見る)限り吹き替へ版です。でも、何故フランス語音声、フランス語タイトル、ああ、さうさう!置き手紙のシーンがあるのだけど(黒板に白墨で書いてる)これ何故か英語からフランス語へO.L.で変はつたよ。(O.L. オーバーラップまたはディゾルブ。二つ以上の画像をつなげるときに重ねてつなぐ。主に時間経過や、情感を出すために使はれる)
 ただでさえ読めない英語を読まうとしてゐたら、速いO.L.で、いつの間にか、ジュテームジュテームになつてゐたので、不思議だな〜と思つたのだ。
 普段はこんなことしないけど、見直しました。
 O.L.前の文章にもちやんとアイラブユーと書いてありました。これはおそらく同じ文面と思はれます!
 と、様々な疑問を解消するべく、ここは調べやうと、またしても『allcinema ONLINE(http://www.allcinema.net/prog/index2.php)』へ。
 すると、この映画はイギリスとイタリアの合作だつて!
 ぬわあにぃ〜〜〜!???

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック