ハートの直結道路工事22007年07月06日 22時30分24秒

 さて、今日は当てずつぽうで透視図にしてみました。
 わかりますか?
 確かな資料を探す手間を省いてますから、くれぐれも……ね!
 表側の絵はよく見かけますが、裏側はなかなか見つかりません。
 内部の構造図なんてものそこそこ見かけますが、反対側がな〜。
 まあ、そんなわけで、内部構造と働きについては、自習してねといふことで、今回は、心臓とそれに張り付いてゐる(!?)血管に注目してみました。

 何故かと言ふとそれが、とても不思議だからです。
 そもそも心臓は筋肉の塊であります。つ〜か、袋?
 筋肉といふのは、随意筋と不随意筋の2種類ありますが、随意筋は『動け』と言つて動く筋肉(まあ、いくら「動け」と言つてもなかなか自由にならないのが実情かもしれませんが……)不随意筋は、勝手に動く筋肉です。
 もう少し、それらしく説明すると、随意筋が運動神経。不随意筋は自律神経でコントロールされてます。
 心臓はもちろん不随意筋になります。訓練で鼓動を調節する事ができるなどといふ話も聞きますが、基本的に、永遠に、いや、死ぬまで勝手に動いてゐます。
 でなければ困ります。
 内臓筋と呼ばれるものは概ね不随意筋になりますが、舌は随意筋ですね。しゃべらんとならんし、食べるのには運動神経もかなり使ひます。

 と、そこで、気になる事があります。
 随意筋だらうと、不随意筋だらうと、筋肉が動くには酸素が必要であります。
 その酸素を運んでゐるのは血液で、血液を送り続けるために日夜動いてゐるのが心臓なわけで、その心臓を動かす酸素(血液)は、誰が供給してゐるの?
 といふと、それも当然心臓なわけです。
 しかし、中にいつぱい血液があるからと言つて、自分の筋肉を動かしてゐる酸素は、そこからもらつてはゐないのです。
 ずるいことはせず、ちやんと送り出した血液で、外側から酸素をいただいて動いとる訳です。
 でも、不思議です。
 動き出したのと、血液が流れたのとどちらが先なんでせう?
 血管に血が来ないと、動かない。
 動かないと、血が来ない。

 まあ、それはおそらくお母さんのおなかの中で、単細胞からネコザメを経て人間の赤ちゃんになる間になんとかなつてゐるのだといふことで納得して、急いで、今回のテーマへいかないと、なんのために透視図を作つたのか……。

 といふことで、心臓から送り出された新鮮な血液は、大動脈(図の上の赤いどべつとした奴ね)から出て行きます。そしてさすがに真つ先に自分の表面に伝はる冠動脈に流れ込んでいくわけです。
 冠動脈には、右冠動脈(図のA側。自分の右手側)と左冠動脈があつて、左冠動脈はさらに(すぐに)左前下行枝と、左回旋枝に分かれます。
 図の透明部分、つまり裏側に行くのが左回旋枝ではないかと思はれます。
 裏側に行くのに裏付けなし……。まあ、でも、こんな感じのはず……。

 ふう……。
 と、この3本の冠動脈が、心臓を動かすための血液の通り道。重要な『血管』なんであります。

 今日は冠動脈の勉強をしました。
 ……したことにするのだ!

 あつと。
 ちなみに、画像はクリックすると大きくなります。