スキャナーではさみ2008年03月25日 09時59分54秒

 といふことで、調子に乗つてこんなものをスキャンしてみた。こんなことしてゐて刃先でスキャナーのガラス面を傷つけたりしたらアホだなあと思ひつつ、蓋(カバー)もして(さすがに押さえつける事はしなかつたが)とつた。
 ちなみに、突然の告白だが、「はさみマニア」である。まあステーショナリーマニアであるからして、はさみはその中に含まれる物かもしれないが、実のところはさみ歴は長い。
 なんだか、怪しい趣味を感じられても困るが、小さな頃からはさみでチョキチョキするのは得意だつた。それは、母親が洋裁をしてゐたので、家に「裁ちバサミ」が当たり前のやうにあつたことに起因する。
 裁ちバサミとは、つまり生地を切る(「きじ」つていふのはもちろん布。パンのきじも同じ字だけど、この場合……つて、わかるか)大型のはさみだ。だいたい25〜6センチぐらいの長さか、この写真のものも何の目的で買つたのか忘れたが、おそらく裁ちバサミだと思ふ。自分で買つたのに『多分』とは、あまりにも(しかもはさみマニアなのに!?)情けないが、彼にとつて裁ちバサミとは上のやうなステンレス製ではなく、鉄で出来てゐて、持つ所は黒く塗つてあるものが裁ちバサミなんである。
 裁ちバサミは布を切るもので、結構デリケートな物で、手入れが大変だ。ヤスリ掛けなどまめにやらねばならない。そんな理由からか?古くて布の切れの悪くなつた(ちなみに「布の切れ」は「きれのきれ」と読む。ダジャレが言ひたかつた……)はさみは子供に使用が許されたのだ。
 もちろん子供の手には大きいものだが、生まれて初めて持つたはさみが裁ちバサミなのだから、関係ないし、実際問題、その後学校で使つたやうな「親指」と「人差し指」しか入らない(しかも切れ味の悪い)はさみは、むしろ使ひづらいものだつた。
 彼は、その大きなはさみで、新聞やら広告やらなんでも切つて遊んだ。間違ひなく裁ちバサミは遊び道具だつた訳だ。
 紙切り芸人の真似をして、何かの形を作つたこともあらうが、残念な事に、物事を追求する性格ではなかつたので、そちらの道には進まなかつた。
 しかし、はさみの腕はなかなかである。
 そして、それは、十年以上の時を経て、「切り貼り(きりばり)」といふ技術で開花する!

 キリバリとは!?
 さらに二十年ぐらいの時を経て、必要とされなくなつた技術である。時の流れはおそろしい。

 それは、アニメーションが「セル」といふ特殊物質で作られてゐた時代の話である。
 その時代の「リテーク処理」の王様が、切り貼りだつたのだ。

 リテークとは!?
 と、この先は、業界人しか(しかもある年代に人に限る)わからないし、マニアックを越えた話になるし、そして、思ひ入れたつぷりの異様に長い話になるので、はさみマニアの話はこの辺でお開きにする。

コメント

_ K-100 ― 2008年03月25日 18時10分52秒

切り貼り・・・やりましたやりました。
切った切り口がライトを乱反射しない様に
マジック塗ってね。

それもデジタルの世の中では
どうでも良い知識と成り果てたのでした・・(遠い目)

_ K-100様 ― 2008年03月26日 11時43分14秒

誰か、デジタルとアナログの差について真の違ひはどこにあるのか研究して欲しいもんです。

_ H野 ― 2008年04月01日 09時43分18秒

おいらは会社やめてライターになろうとしたけれど、
コビることがまったく出来ず、かといって遺跡発掘の
手助け(バイトね)だけではまったく食えず、
一時期線撮りのプロ(笑)として生活費をまかなって
ましたー。制作畑なのに作画さんの腱の痛みを知った
のもその時っす。
時は流れに流れますねえ・・・

_ H野さま ― 2008年04月01日 23時35分36秒

最近エッチ系スパムコメントが多くて危うく一緒に削除するところでありました。
久しぶり。
あれもこれも文化です。
100年の後、線取りフイルムが発掘されたとき、後世の人々が悩まない様に記録しておくべきですかね。
90年前のアニメが発掘されたとニュースになつてゐますが、あれは、本番でなく、線取りかも知れませんよね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック