007−1人のボンド2008年03月28日 20時59分38秒

 3月9日、WOWWOWで6人のボンドと題して、それぞれの役者の作品を1本づつ選んで、朝から晩まで放送してゐた。
 特に007シリーズファンといふわけでもないけれど、40年続いてゐるシリーズだし、役者の変化も楽しからう。朝からひたすらやり続けるといふのも面白いなと思ひ、録画した。
 いや、こんな時、ハードディスクレコーダーとは便利なものだな。昔だつたら、ビデオデッキを数台用意して、しかもテープの入れ替へなどをしなければならなかつたらう。当然、お出かけなんかすることも出来ず、だつたら、そのまま見ればいいぢやんてな事になつてゐただらう。
 丸一日でも録画し続けられる機械があるなんて、大変なことだな、なんて思ふけれど、家族みんなで使ふ物だから、常に、なにがしかの番組がディスク内に存在してゐる。そこに10時間以上も映画が追加されると、これはこれで大変だ。
 といふことで、夜に録画を続けながら、朝の分を見た。
 録画しながら録画した物を見られるといふのも便利な物だ。

 順番通り、見ることにして、初代はショーンコネリー。作品はシリーズ第2作目の「ロシアより愛をこめて」だつた。1963年の作品で、初公開時は「危機一髪」といふタイトルだつた。だけど、原題は「From Russia With Love」だし、同タイトルの主題歌は日本でも「ロシアより愛をこめて」といふタイトルで大ヒットした。なので、リバイバル時にはこちらのタイトルで公開された。同じやうに第1作目も初公開の時は「007は殺しの番号」といふ邦題だつたが、リバイバル時は「ドクターノオ(Dr.NO)」だつた。
 彼は、1962〜3年にはまだ映画に芽生えてをらず。見たのはリバイバルで、しかも名画座(順番でいふと三番館になる?当時は、ロードショーが一番、二本立て興行が「封切り」といふ名で二番目、そして、安い名画座へと落ちて来る慣しだつた)だつた。高田馬場パール座といふ、今はライブハウスになつてゐるところで、まさしく「ドクターノオ」「ロシアより愛をこめて」の2本を見た。
 その頃、もうボンドは3代目のロジャームーアになつてゐた。1974年のことだ。

 つまり初代ショーンコネリーはもうすでに過去のボンドになつてゐたわけだが、ボンド=コネリーの印象度は強く、見た事が無くてもあの顔が浮かんでしまつたものだ。世界中でそうだつたらしく!?!?さらに10年近くたつてから、コネリーボンドの作品が作られたぐらいだ、ただし、この「ネバーセイネバーアゲイン」といふ007映画は、製作がアメリカで、第4作目のリメイク(初めて知つた……)といふことで、いはゆる007シリーズの系図には入つてゐない。もう1本番外といふか部外な作品もあるが、本家初代のボンドが出てゐる分家とは面白いなとさらに25年たつた今思ふ。

 そのコネリーボンド、おそらく世界中の人がスパイらしいスパイ、クールで頭脳明晰、ドジをせず隙がなく完璧な奴と思ひ込んでゐるはずだが、違つてゐた。
 ドジでへまでいきあたりばつたりで、相当無責任な奴だつた。
 運の良さは抜群で、結構誰かに助けられたりしてる。
 かのやうに記憶と思ひ込みとの関係にはよく驚かされる。
 だから、かういつた古い作品を見ると、逆に新鮮だつたりして面白い。まあ、もちろん出来がいいから楽しめるのだらうけど、007に限らず、この60年代あたりの作品をもつと見てみたいなと思ふ。
 それから、子供の頃、ボンドガールで美人に見える奴はなかなかゐなかつた。何故そんなに話題になるのだと不思議にすら思つてゐたのだけど、今はまあ、そこそこ見られるなと思ふ。
 これは記憶と関係なく尺度の問題か……。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック