五日市線某駅付近2008年05月29日 11時39分45秒

 思ひ込んできたことはたくさんある。
 例えば『秋川』は『あきかわ』だと思つてきたが『あきがわ』らしいのだ。
 秋川渓谷で有名な『秋川』だ。
 地名はむづかしい。渓谷がついたら『あきかわけいこく』なのかも知れないと、疑問を持ちつつ少なくとも駅名は『あきがわ』だ。


 『川』つながりで、世田谷区京王線沿線に『仙川』がある。
 これも『せんかわ』と思つてきたが『せんがわ』だつた。
 もつといふと『千川通り』の『千川』と『仙川』を勘違ひしてゐた。
 『千川』は『せんかわ』だと思ふのだが……。


 最近すつかりカメラを持ち歩かなくなつてしまつた。
 まあ、ぎくしゅり腰で杖をついてゐたら、確かに大変だが、もう杖はついてゐないし、それ以前から、ご無沙汰なのだ。
 この電話付きデジタルカメラのせいだらうか?


 電話付きでレンズが小さいし、機能も限界があるからだと思ふのだが、これが結構半端な写真が撮れるのだ。


 フイルムカメラの奥深い曖昧さとは違ふけれど、大雑把でいい加減な感じが意外にいい。


 といふか、慣れてしまつたのだらうか?


 固有なものだと思ふが、逆光のときにレンズの関係で画面片側にピンクの固まりが出る。
 これを邪魔と思ふか、味と思ふかが、境界線なのだ。


 精密美!?ではないことは確かだね。

コメント

_ (・∀・) ― 2008年05月29日 23時33分07秒

駅名などと地名が別の読みになるのは、よくあることですよ。

_ (・∀・) 様 ― 2008年05月31日 13時50分57秒

通りと「とおり」と言つたり「どおり」と言つたりもしますが、地名そのものだと、どつちが本当なんだろう?と気になつたりします。

_ (・∀・) ― 2008年05月31日 21時58分22秒

「本当の地名」という概念は、ぼくは疑わしいと思います。
ぼくは「古老に聞くと」というのが好みです。

_ (・∀・) 様 ― 2008年06月01日 00時59分35秒

なるほど。
まあ「本当の地名」といふか「地名」自体が後付けですもんね。でも、古老に聞くといふのはいいですね。
これは想像ですが、もの申したくてうずうずしてゐる古老たちが実はたくさんゐるのかも知れないと思ひますね。
聞かれるのを待つてゐるのかな。

_ (・∀・) ― 2008年06月02日 00時44分12秒

聞かれる方よりもむしろ、聞く意志を持つ人とその集団の存在が重要です。
そして、予算が無いと聞けません。
予算が無いのでほっとくと、聞かれないうちに古老は死に絶えます。
遺されるのは、鉄道会社の意志によって保護されている駅名だけ、とか。
地名に限らず、非常によくあることではないでしょうか。

_ (・∀・) さま ― 2008年06月04日 03時55分57秒

気になると言つてをきながら、なんですが……。
さういふもんなんでせうね………。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック