カメラッカ!2009年01月31日 22時02分04秒

 なにはともあれ、それはそれとして、そぼ降る雨の中、傘を持たずに鎌倉へ向かう。
 池袋で見事なタイミングでホームに入つてきた『50分遅れ!』の湘南新宿ライン逗子行き(これだと乗り換へ無しで鎌倉まで行ける)に飛び乗る。
 大宮で何か機械トラブルがあつたらしい。
 まあ、とにかく予定より数分早い電車に乗つたことになる。
 乗るつもりだつた電車が何分遅れで動いてゐるかは不明だ。
 運がよかつたのかどうなのかもいまいち不明だが、だいたい予定通りの時間に鎌倉へ着く。


 おお。
 なんとなくエクソシストを思ひ出す……。
 出さない?
 カラス神父が、落ちちやう階段なんだけど……。
 そう。
 確かに全然違ふ……やね。
 これは、海岸線を走る道路に上がる階段で、上の写真の反対側にも、同じく狭い階段がある。


 道路を渡つた側にはもう少し広い階段があるけど、それは、撮つてなくて、最初の写真の上に上がり、階段の端を真上から撮つてみた。


 足の先が見える。
 で、その帰り道に事件は起こつた。


 突端からテケテケと戻つてくる途中、ピンクの印あたりで肩にかけてゐたカメラが、ヒュヒョ〜イと滑り落ちてしまつたのだ!
 もちろん、ぎょえええと叫んだ。


 こんなになりました。
 この階段の一連の写真は、最近のお気に入りのデジカメで撮つてゐたのだが、この少し前、海岸でこのコンタックスを使つてゐたのだ。
 だからといふのもなんだが、レンズキャップをしてゐない。
 さりげなく右肩にヒョジュと下げてゐたのだが、合皮のジャケットは滑りやすく、あら?といふ瞬間の引力でカメラはあえなく落下。
 カメラを落としたのは初めてではないが、レンズ側から落ちたのは初。


 帰つてから、改めて見る。

 なんだか綺麗だな……なんて思つたりもしつつ、心では泣いてゐる。


 しかし、さすがプロテクトフィルターといふか、いつてしまつたのはフィルターだけの様子。
 でもでも、見ての通りグシリと潰れてゐるので、リングが回りません。
 で、力の限り!?ひねつたら。


 レンズのオリジナル部のガードが外れてしまいました。
 当たり前ですか……。

 おお、むき出しむき出し……。
 そもそもフィルターがなければむき出しなわけですが、周囲のガードが無いとそりゃあもう生まれたばかりのカンガルーみたいなもんですか……。


 折角なんで(?)ガラスだけでも外すといふか取る。
 レンズの上にも粉のような欠片が散つてゐたので、それも除去。


 といふことで、フィルターのリングがついたまま。


 綺麗なレンズに汚いリング。極度に短いフードと思へばいいのか……。


 キャップは内側から2点で止める方式なのでからうじてはめることが出来ます。
 いや……つ〜か、これは呪いですかね……罰?
 症状からいふと警告ぐらいと認識してをけばいいかしら?
 最近フイルムカメラに対する気持ちがフラフラしとるんで、ドオリャ〜!つう感じで、自らの身を落下させもの申したのですな……。
 カラス神父は、悪魔のいいなりにならないために自らを投げだし……。
 ま、いいか。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック