フォトでるもⅢ エントランス2013年12月06日 23時17分18秒

 フォトでるもシリーズ(!?)も、第3弾を迎えることが出来ました。
 サブタイトルを付けたりなんかして、新鮮味を出そうなんて無駄なこともしてみました。
 さて、今回はみぃさんと、みぃさんのモデル仲間である雪鏡(せつき)さんのお二方を撮らせてもらいました。
 

 雪鏡さんは、アマチュアモデルだと言っていますが、その辺のことはよく分かりません。撮影していてプロでしょと思いました。
 まあ、ぼくが紹介出来るものではないので、細かい事は彼女のブログ「隅っこ2.5」http://ameblo.jp/setuki3を参照して下さい。
 もしかすると、さらに判らなくなる可能性もありますが、その辺は想像力でお願いします。


 今回のテーマは「『ラフ』と『仲良し』」です。
 そこかしこで雪鏡さんのサービス精神なのか(?)プロ魂が 炸裂してます。


 前回はフイルムを使い、カメラも少々特殊だったため、巻き取りや交換にそこそこ時間がかかり、撮った枚数もほどほどでした。
 が、今回、デジタルオンリーでひたすらシャッターを押し続けたので、気がつけば前回の倍の枚数を撮ってました。

 う〜ん。撮らされたのでしょうか?
 やはりプロはあなどれませんな…。


 なので、実はまだ全然整理が出来ていないのです。
 そんなわけで「フォトでるもⅢ」は見切り発車なのでした。


 つづく。

フォトでるもⅢ ビーチ2013年12月08日 10時27分09秒

 さて今回のもう一つのテーマというかなんというか「秋の海」を撮りたいというのがありました。
 秋といふにはもう深まつた感がありまして悩んだんですが、他のロケーションも思ひ浮かばず、とにかく決行。

 この日の前、いきなり寒い日が連続していたので、やや心配していました。
 しかし、ラッキーな小春日和?


 おかげでなのか?
 ぼくは、ヒートテックを仕込んで出かけたのですが、なんとセーターを着忘れるという失策(!?)をしたにも関わらず平気だった。


 そうそう。今回の撮影に関しては、それよりも前に起きたカメラッカ事件にも触れておきたい。が、それは次回にでも。


 雪鏡さんは、比較的寒いのが平気らしい。

 それから、コスチュームのバリエーションも用意してきてくれて…。


 つづく。

フォトでるもⅢ &カメラッカ2013年12月11日 10時53分11秒

 今回2台のカメラで3つのレンズを交換しつつ撮影したのだが、そのうちの1台のカメラについての事件に触れておこうと思う。
 カメラッカとは、カメラが落下…
 以前にも起きた事件なので、当ブログの カメラッカ!を参照していただけると恥ずかしさが半減する。
 ただ、この度の落下状況は前回の状況の比ではない。
 しかし、数々の事情により詳しく記述することは出来ない。
 バイクで、それなりのスピードで走行中に飛んでいき、おそらく「ぐわしゃごしゃかんごんき〜ん」とか言って転がり、バラバラに散ったパーツすべてを回収できたことが奇跡。
 な感じだと思っていただければ幸いです。

 ↓これがカメラッカ事件の全貌です。

 この中で、Bだけが完全使用不能になりました。
 というか、先に説明するべき使用としては、このカメラはユニット式で、それぞれがばらけていることは当たり前だったりはします。
 Bは、レンズユニットになります。(24〜72ミリ)
 A’を回収したってほんとに凄いと思うけど、使用しなくてもなんとかなってます。
 今日は、Dについて少し補足。

 これは、見るからにファインダー。
 正位置でのぞいたり上から覗いてアングルを低くしたりするのに便利。
 ですが、そのジョイントが破壊されました。
 ただ機能はしてます!
 プランプランなので、押し込んで固定すれば使える。
 でも下部に裂傷があり、カメラとの接続が傾いてしまう。
 傾きがおわかりいただければ幸甚です。

 と、上の写真は、別のレンズユニットがはまっています。(50mmF2.5)
 フォトでるもⅢの使用レンズの1つ。

 で、本日の本題のお写真を並べますが、このレンズじゃなかったかも…
 ええ〜〜!?


  雪鏡さんの別上着バージョン。


 レンズは別のユニットで、さらにフォクトレンダーの75ミリをはめてたはず。


 はずって何?はずって!


 画角見て判断つかないんじゃ、レンズ交換する意味ないじゃん。
 と、自分ツッコミを続けつつ

 つづく。

フォトでるもⅢ まだビーチ2013年12月14日 09時35分18秒

 今回はカメラッカの続報(?)と、まだいたビーチ。
 前回の写真を確認していただけると幸いだが、完全機能しなくなってしまった「B」レンズユニットのこと。
 散々悩んだあげく、修理をしょうかと思ひ見積もりに出した。
 何を悩んだかというと、選択肢はほぼ三つ。
 修理する。
 新しく購入する。
 あきらめる。
 なのだが「C」ワイドコンバータを見ると、ごらんのように縁が凹んでいるがレンズそのものは無傷!
 そして、このワイドコンバータは「B」専用!なのだ。
 つまり無傷でも「B」が機能しなければ用途がない…。
 というわけで修理を考えたわけだが、見積もりを聞いて断念した。
 個体に対する愛着はあるが、南米の川で泳いでいる同族にお値段4分の1以下の奴がいたりして…。いはゆる「ポチッ」の方へ…。

 なわけで(?)お日様の頃合いが良い感じになってきた。

 雪鏡さんは、上着無しバージョンに変わっている。
 本当に暖かかったみたい。


 今回、実は、ほぼ初めてレンズフードなるものに挑戦したのだが、 逆光の写真において効果があったかどうか検証するには至ってない。



 さて、そんなこんなで、さうかうしてゐるうちに、


 雪鏡さんが、砂に何か書き始めた。
 それは「みぃ」という文字だった。

 そして、


 みぃさんが「せつき」と書いた。

 なんなんだろね、この二人は…。

 つづく。