フォトでるもⅣ-42014年12月27日 18時28分56秒

 デュエットというのだろうか?
 ジョイント?
 コンビ写真を撮っていて楽しいのは二人の瞬間がぴたっとあうときなんだろうね。無理矢理合わせてもなんかわざとらしいし、やはり自然がいいよね。
 だから、二人がそれぞれ良い写真はたくさんあるんだけど、二人一緒ってなかなか難しい。
 あ、これは撮影者の問題で二人の問題ではないよ。
 みぃさんと雪鏡さんははっきり言って息が合ってる。
 瞬間を撮り逃すのはぼくの問題です。
 でなこともあって、
 Ⅳ-1で紹介した反則(!?)写真は実は合成です。
 ほぼ雪鏡さんの一枚をベースにみぃさんを入れ替えてます。
 だから地面を見るとちょっと変。

 ま、それはともかく風なんか吹いているとますます面白いね。

 さて、お日様も大分傾いてきた。
 望遠レンズを使うのはそろそろ限界かなと思って、無理矢理配置してもらいました。
 ↑この、時間を切り取ったようなショットが好き。

 レンズはこんなのです。
 2本じゃなくて、ズームレンズです。
 回すのではなくて、引っ張って伸ばしてしまうのが特徴です。
 畳んだ(縮めた)状態が100mm、伸ばしきって300mmです。
 Fは4.5-5.6(300だと5.6ということッス)
 なので、4枚の組写真は上の段が100mm、下が300mmです。
 これは35フイルムカメラのレンズなので、ぼくの愛機RICHO GXRに装着すると画角は、推定164mmと492mmになります。
 (ちょっと比べて実験してみた結果です)
 もう一台のカメラORYMPUS E420だと最大555mmになっちゃいます。
 共にフルフレームが出てくる以前の機種ですが、差があるんです。
 ちょっと驚きました。

 いずれにしろあまり手持ち向きではありませんね。
 だけど、まあ、目的は果たしたぞみたいな気分で…。

 この後、夜のアダルト撮影へと突入します。

 って、
 おい…。
 いきなりこれかよ。
 柱とか壁とか見ると、どうしてもこうしたくなる二人でした。

 気を取り直して、
 実は、結構長い間ISO変えずに昼間のまま撮影してた気がします。

 ま、あんまり関係ないのかな…。
 ドキュメンタリーみたいで好きなんですが…。
 
 ここまでくると「何してるの!?」って感じでしょうか。
 なにもここで撮らんでも…って。

 つづく。