The Zig Zags & 2H Vol.32015年02月22日 04時26分55秒

 さて、今度はBGMだ。
 全体のスケジュールが曖昧なまま、しかし、録れる時に録るのだという強引な論理で、事態は進む。
 基本設計は、挿入歌のメロディバリエーションプラスαなんだが、ぼくとしては、なによりもセッションに期待することころ大で、全部アドリブでもいいんじゃね〜かぐらいに思っていたが、さすがにそれでBGMは出来んだろというか、何から始めていいのかも判らない。
 作曲者演奏者にしてみれば???の世界になってしまうので、急遽、何の打ち合わせもなく録音監督に音楽メニューを作って貰う。シナリオは3本全部、絵コンテは1本だけ上がってた状態だったかな…。
 いきなり応じてくれた録音監督様ありがとうございます。
 と、言ってもこのブログ見てないと意味ないけど…。

 そして、そのメニューをあれこれ整理して(話数ごとにメニューを作って貰ったので30曲ぐらいはあったと思いますが、15曲ぐらいにまとめて)加藤則子さんと打ち合わせを…、ん?…したっけな?
 忘れてしまった…。
 ま、とにかく、短い期間で加藤さん一気に作曲。元々クラシックをやっていたので楽譜は朝飯前?

 もちろん収録は1日。
 3人で全部やる。
 まあ、昨今は音源を駆使し1人で交響曲を作ってしまうので、人数だけでいうと3人→多い!?のだろうか…。
 いや、いやいや、いいたいことはさういふことではなくて「3人で奏でる音楽」という風に捕らえて欲しい。
 多少かぶせたりもするけど(ベースとギターが一人なので、さすがに一発録りでは…)ほぼライブ感覚で録ったというところが売り(!?)です。
(音はいろいろ。川村さんはこれで世界を回っている)

 尺(長さ)の都合もあり、クリック(メトロノームと思ってください)も使いましたが、3人の呼吸でやりました。
 楽器ごとに部屋が別れているので、なかなか呼吸を合わせるのは難しかったでしょう。
 もちろんピアノソロ、ギターソロなんかは完全に演奏者のテンポです。
(前回もこんな写真でしたね…。
密室ギリギリにおおきなグランドピアノが入っているので、なるべくフレームに入れたいという欲望がどうしても…)
(実はギターを始めて1年ぐらいだった?)

 ああ、そうそう。
 ありました。
 完全アドリブ、テンポお任せ。
 これはピアノは参加せず、ベース(北尾直樹さん)とドラム(川村成史さん)の2人で。
 しかも!?この日の収録曲中最長3分22秒(だいたい1分前後、長く欲しいので2分半というオーダーをしたつもりが…)になりました。
 これがセッションに良さだよな〜なんて思いました。
 放置プレイ!


 なんだかんだで20曲ぐらい録った気がする…。
 挿入歌バリエーション以外も聴き応え有りです。

 それはそうと、この日は The Zig Zags 重要会議が開かれました。
 というか…恒松さんがいるということは、歌も録ったんだっけか…。
 もしかしたら、前回コーラス部分を録り残したのかも知れません。
 なにしろもう一年数ヶ月前のこと…忘れました。

 まあ、それはそれとして、会議です。

 今日で終わりじゃない!
 OVA「ふたりエッチ」エンディング曲もやってもらうことになりました。

 やるぞ!
 って感じで、
 リーダーを責めたり、

 なぐさめたり…?

 エンディングは、挿入歌よりもスローにしたいな…。
 なんて大雑把な発注の元、加藤さんのデモづくりが始まります。

 つづく。

※ そういえば、ダウンロード出来るのは挿入歌とエンディングだけなので、BGMが聴きたい人は、DVDを買うしかありませんね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック