まだ続いてるRicoh GXRの話2015年07月16日 09時41分31秒

 さて、カメラユニットを交換出来る(≒レンズ交換が出来る)デジタルカメラ。コンパクトデジタルカメラとは言いづらい、でも本格一眼ではない中庸カメラGXR。(その後、似た位置づけのカメラは結構出てると思う)
 やはり替え玉は欲しいということで、滅茶苦茶中途半端なカメラユニット&オプションを購入しました。(一応、褒め言葉というか、文句を言ってるわけではない)
 RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC(←カメラユニット名)
 専用オプションパーツ(他のユニットでは使えない)左上から時計回りに、ワイドコンバージョンレンズ、テレコンバージョンレンズ。レンズフードです。(レンズキャップは気にしないでください)
 あ、それから、赤い部分は、本当はリングがあるはずなのですが、見つからないので、塗っておきました…。

 まず先に、何故レンズフードが必要かという説明。
 電源入れるとレンズが伸びるから…です。
 このスペースを確保しないと、コンバージョンレンズがはめられない。
 なので、コンパクトな割りに、妙に主張しちゃう。
 コンバージョンレンズはネジ式で、ちょいと面倒くさいです。
 結局、ワイドコンバージョンレンズをはめっぱなしで超広角レンズとして使う事が多い。(左上のパターン)
 そもそもズームレンズって、ムービーカメラには絶対に必要ですが、ホントはあまり好きじゃない…。
 では何故買った!?
 72mmという中途半端な画角が好きなんです。
 そこで、固定して使用してもいいぐらいなのだが、結果は超広角まっしぐら。とにかく、他にも持ってますが、ズームレンズはどうも慣れない…。

 ここでまた、デジタルカメラのレンズ困惑現象。
 レンズ前の数字に注目。
 f=5.1-15.3mmとあります。
 でも品名は24-72mm。
 35mmカメラ換算ですね。
 でもでも、ちょっと待てよ…と、
 前回確認した標準レンズ50mmは、f=33じゃなかったっけ?
 計算が合いません。かなりちゃう。

 これはどうやらセンサーサイズの違いのようです。
 カメラユニットは、レンズとセンサー一体型なので、この辺がずいぶんと変わるようです。
 50mmの方は、CMOS 23.6x15.7mm
 24-72mmの方は、CCD 1/1.7型
 って、方式違うし「mm」と「型」って何よ!
 というぐらい違うということでした。

 ちなみにこのS10 24-72mm&ワイドコンバージョンレンズ、あ、もちろんボディ、ファインダー含むは、カメラッカの洗礼を受けてます。
 こちらフォトでるもIII &カメラッカで少し触れていますが、明確にしていない事情がありまして…、それはどのような事態だったのかということですが…、まあ、つまり、事実は、高速道路走行中のバイクから落ちたということであります。(転がり散らばり、よく全部品回収できたよな…と思う)
 なので、S10 24-72mmに関しては二代目なのです。その他は現役!

 ということで、次のユニットでファイナル目指して!?
 つづく。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック