フォトでるもⅧ 橋2015年09月13日 13時02分04秒

 Ⅷのラストです。
 「橋」
 「風の章」(いつのまにか「章」が…)にも出てきた橋であります。
 スタートは、いつも通り(?)に適当に撮っていたのですが、
 雪鏡さんから注文が…。
 雪鏡さんの「中二」魂が、燃えてきたようで…、

 なんとなく理解したつもりで撮り始める。
 おお、これ楽しい。
 車の光りがいいなぁ。

 とか、思いつつ撮っていたのですが、
 雪鏡さんとしては、なにかが違う。
 これだと「中二」じゃない。…と。
 え!?
 まあ、そもそもこの服では無理があるのだそうですが(!?)
 
 それでも以下、雪鏡プロデュースにかなり迫れた(!?)と思われる写真。
 ↑これは、奥にピントが合っているところがミソ。
 でも、光りはいいよね。
 ↑この「一人感」も良しということで。

 この橋、門限があるのです。
 もうすぐ大量に奥から人が歩いてきますが、
 まだ大丈夫。
 車からはどう見えているのでしょうか?
 ↑これは、ぼくとしては、飛行機が写っているところがミソです。
 と、なんか妙に充実感を感じた撮影者でした。

 で、フォトでるもⅧは、猫に始まり猫に終わるということで。
 では。