去年の夏2015年09月17日 17時40分12秒

 これは、1969年の映画の話ではない。
 でも。そういう映画があった。
 ソフト化はされていないようだ。
 原作はエヴァンハンターという、別名義のエドマクベインの方が有名かも知れない「87分署」シリーズで有名な作家だ。黒澤明の「天国と地獄」の原作もそうだ。
 日本での公開は1970年だと思うが、ぼくは中学生。ビキニで寝ているお姉さんを頭側からローアングルで撮ったポスターが印象的だったが、これはぼくの見る映画ではないと、見てはいけない映画だと決定して見なかった映画だ。古風で禁欲な少年だった!?
 同じビキニのお姉さんがポスターの真ん中を占拠していても「大泥棒」というタイトルなら見ても良い映画だった。(「大泥棒」は1969年公開、お姉さんはラクエルウェルチだった)
 その「見てはいけない」「見ても良い」の線引きは脳内で為されていたわけだが、どこまで正しかったかは定かではない。「去年の夏」は、今となると見てみたい映画の一つである。

 …と、その話ではないと言いつつ、延々続けてしまったが、話を本筋に戻そう(戻すも何も始まってない!)ここでいう去年はリアルタイムに2014年のことであります。
 写真の日付を見ると9月8日とありますが、購入は8月でしょう。
 なんとも無駄遣いをしてしまった…。
 というお話ですが、それは製品が悪かったという意味ではありませんので、あしからず。
 MINOX DCC 5.1
 ミノックスは好きなカメラで、小型のフイルムカメラをよく使ってました。

 なので、これを見つけた途端、いはゆる衝動買いをしたわけです。
 種別(?)的にはトイカメラになりますね。
 ビューファインダーは完全なお飾りで、背中にデジタルのモニターがあります。もちろんフイルム巻き上げ機も左右、タイマー撮影レバーも、ストロボ端子も、絞りつまみもお飾りです。
 ですが、ピント合わせはオートではないのです。
 0.5〜無限大まで、調整出来ます。
 しかし、モニターでは判りづらい。自ずと目測になります。

 そして、9月8日に撮影した数々抜粋。


 ↑ここで、ピントの証明を下かったのですがね…


 シャッタースピードは、基本的に遅め。
 ↑これは押さえ込んでいるが、
 ↓こちらは、明るい…。
 ここで、露出の謎に遭遇する。
 オートなのですが、立ち上がりに時間がかかるために、違う露光で写真が撮れます(?)
 上の写真の上の段を見ると、同じ場所で明らかに違う露出で撮れています。
 (下の段は、単にフォトショップ上で、レベル補正しただけです)
 普通だと、明るめに撮れます。
 右の暗い写真はどうしたかというと、撮る直前にカメラを空に向けてまずは絞り込みます。その後、カメラを下ろして撮るのですが、オートが働く前にシャッターを押します。すると絞り込んだ写真が撮れるわけです。
 もちろん逆も可です。
 簡単な手法では、レンズを手で塞いでおいて、絞りを開放にしておいて、手をのけて素早くシャッターをきればオーバー気味な写真が撮れます。
 この手法が、ミノックスの狙いだったかどうかはわかりません。

 と、なんにしろこの独特な撮影法が、馴染めなかったのか…。
 これ以降、1年間このカメラは使ってもらえず…。
 お蔵入りしているわけです。
 ああ、もったいない…。無駄遣いをしてしまったという訳です。

 今頃、整理してみると、水の写真が面白い。
 シャッタースピードも気になりますが、解明してません。

 調子に乗って加工してみました。
 まあ、加工してしまうと、元の写真の影響がどこまであるのか不明になってしまいますね。

 でも、少しは使わないと…と、思った次第です。