懐かしの国分寺2015年09月18日 22時05分02秒

 国分寺にはアニメーションのスタジオがあり、ぼくもずいぶんとお世話になっている。しかし、考えて見ると、いや考えるまでもなく「国分寺」には行ったことがないなと思い(記憶にないので、行ったことがないと判断した)見に行った。
 タイトルに「懐かしの」とついているのに、行ったことがないとはこれ如何に?
 いや、まあ、行ったのは今年の1月なので、すでに懐かしいと…。
 いうことです。(何故今頃ブログに…)
 実は、昨日から懐かし特集なのだ!?
 (昨日のも場所は国分寺駅徒歩1分の「殿ヶ谷戸庭園」)

 さて、スタジオから、ちょっと行ったところに急坂がある。
 その坂を下りて道なりに行くと、
 不動橋がある。
 多摩川へ流れ込む「野川」を渡っている。
 この野川へ注ぎ込む水路があって、その水路が真姿の行け湧水群(ますがたのいけゆうすいぐん)へと、たどっていけるはずだが、ちょいとわかりにくい。間違って野川を遡ってゆくと離れてしまう。
 野川から斜めに離れてゆくように歩いて行くと。お鷹の道遊歩道(おたかのみちゆうほどう)の入り口にたどり着ける。(7〜8分)
 迷ったら、道行く人に聞けば教えてくれる。…と思う。
 お鷹の道は、この水路に沿って続いている。
 お鷹は、鷹狩りの「鷹」で、お鷹さんという人の名前ではない。
 恥ずかしくも勘違いしたので、間違いのないように記しておくが、そもそも誰かさんの道って変だろと思わないといけないような気もする。
 ここは「ホタルのすむ川」ということですが、さすがに1月では…。
 でも、とても綺麗です。
 川だけど、まあ、用水路ですね。
 用水路らしく、直角に曲がると、
 水源の近い雰囲気が漂います。
 この写真の反対側に真姿の池があります。
 ↑真姿の池。
 おいおい!池が見えないやんか!
 失礼しました。
 なんと、池らしい写真を撮ってない!

 と、それはそれとして、
 先ほど直角に曲がった水路を曲がらずに、進んでしばらく行くと、
 いきなり立派な門が現れます。
 ほんとにいきなり。
 おお!こんなところに!
 みたいな感じで…。
 国分寺楼門。
 奥に、見えますのが、
 国分寺。

 ここでアニメーションが作られて…
 …いるわけありません。
 スタジオから不動橋経由で15〜6分(いらん情報…)
 国分寺駅から20分ぐらいでしょうか。