つつじの頃の根津神社2015年10月13日 11時09分10秒

 だけど、季節だったので混雑…。
 つつじ苑には入りませんでした。
 無目的な散策なので、その辺はスルー。
 一応お参りぐらいはするけど。
 つつじも少しだけ見て。
 年季が入った鳥居がありますが、真横から撮ったので判りづらい。
 この鳥居の道は乙女稲荷と駒込稲荷を結んでいます。
 どちらも根津神社境内にあるわけですが、駒込稲荷は気になりました。
 放置されている感じがして、まあ、年季が入った鳥居みたいな感じといいましょうか。良い感じです…。
 このこの岩の塊まりみたいなのはなんでしょう?
 強引に狐様を書いてみました。
 本物は、赤丸の所にいます。
 で、これがなんというか、尻尾欠けてるし、顔もないんです。
 ↑これは対の狐様なのですが、やはり顔がありません。
 偶像破壊とか怖いこと考えてしまいますが、たんに老朽化ですかね。
 ここは「犬」の何からしく(調べてません…)犬を連れた方が、お参りに来ていました。
 ↑これ、ここに祀られているのは、狐と言うよりも犬の親子に見えます。
 ポーズが犬っぽい。
 ↑これも、
 ↑これも、尻尾がよくわからないので、なおさら。
 可哀想に子犬(子狐)の前足が欠けてます。
 いかにも長い期間風雪(というか雨だな)にさらされて浸食していった感じですね。ちょうど雨だれの落ちる位置だったんだろうか?

 と、谷根千のうち谷根をささっと通り過ぎた感じです。
 年季が入って生まれる良さもあるし、放置していたらいつか消えて無くなるってこともあるし、でも、時は流れるから時なんだよな、と思う。
 消えてゆく物を目にすることはその時その時の幸運に過ぎなくて、時代時代で人にはそれぞれの大小様々な幸運があるに違いなくて、それを無理に共有することもないのではと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック