ルーマニア、ブルガリア22018年07月12日 16時00分29秒

 さて、こうして(?)飛行機はブカレスト(アンリコアンダ空港)へ着いた。
 速攻でバスに乗り一路ブランへ。


 無味乾燥な絵(地図)ですが、こんな感じ。
 ついでに流行のこんな絵も用意しました。↓
 日本て、長っ!

 ま、それは置いといて。
 途中ガソリンスタンドで、トイレ休憩。
 サンタクロースが出迎えてくれます。
 これ1月です。(念のため)
 あちらでは、1月いっぱいぐらいは、いるそうです。

 で、トータル3時間ちょっとで、
 人で賑わう城下町へ…。
 奥に見えるのが、ブラン城。
 ドラキュラのモデルになった人の城だと…。

 訪れる人も多そうなんですが、
 城の手前に池があります。

 しかし、水面に映る城を撮ろう!
 と、カメラを向ける人はあまりいません(!?)
 そして、向けても、シャッターを押す人はさらにいません。
 一言でいうと見ての通り、あまり綺麗ではないのです。
 というか、素直な人は「汚い」と言います。

 まあ、ご覧のように撮る人もいますが…。
 これはホラー感を高めるためではないか!?
 なんて思いつつ、何故なんだろうと考えたりします。
 もしかしたらガイドさんが説明してくれたかも知れませんが、良く聞いてませんでした。ごめんなさい。
 でも、ホラ(!?)
 城の壁と土台の部分の融合感がさらにホラー感を増しているじゃないですか…。
 増殖する有機物が城を取り込んでゆく感じですよね(!?)

 十字架あります。

 そしてこれね、
 保存状態の悪い壁画を、保存状態が悪いよと言って、しっかり囲って展示している感じが、潔くていいのです。
 これ、触ろうと思えば触れますよ。触りませんでしたけど。
 これについては、ちゃんと説明がありましたが、すみません。ちゃんと聞いてませんでした…。
 でも、なんか、コウモリがマント羽織り、横向いているように見えませんか?

 他に、保存状態の良い、見応えのある調度品が沢山あるのですが、多すぎるので割愛します(おいおい!)
これ、テーブルの脚が獅子(獅子と四肢の語呂合わせ)ということだと思いますが(!?)、さらに何者かの足に乗っているところが凄い。
 痛み具合は置いといて、屋根の作りとか印象的。
 (これは、この城だからと言うことではないですが)
 なんか、変に綺麗にしていないところが、いいですね。
 気に入りました。
 野性的というか、野生はおかしいけど…。
 力強さみたいなものなのかな。

 と、ちょっと気になって、紹介サイトみたいなもの見てみたら、綺麗で立派な写真がたくさんありました。
 あらら、全然違う!
 まあ、ここは、あみにょろ文庫なので、仕方ありませんが、
 
 それで、今回〆の一枚は、
 これ、もちろん階段です。

 なんか、日本の古い場末の旅館みたいだと思いました。
 文豪が、怪談書いてたんですよ!?

 と、今回「!?」だらけになってしまいました。

(つづく)