ルーマニア、ブルガリア92018年10月11日 01時04分16秒

 結局途切れ途切れで、タイトルを『ルーマニア、ブルガリア』としたのに、まだルーマニアです…。
 しかも、2ヶ月近く更新も滞りました…。
 とはいえ(?)首都ブカレストに戻って参りました。
 凱旋門です。
 繋ぐつもりはなかった2枚ですけど、なんとなく並べて見ました。
 ちょっと惜しい感じですね。間が開いてしまいました。
 車の通りは結構あります。下まで行くのは勇気が要る感じです。
 というか、車道へ出るなという指示が出てました。

 ついでの予定外継ぎ合わせ写真は、
 カロル一世の像の騎馬像、奥に見えるのは、アテネ音楽堂?(Romanian Athenaeum:ルーマニアのアテネ神殿?)音楽堂というのだから、音楽をやるのか。
 この切り貼りはかなり強引でしたね。(凱旋門がまともとは言わないが…)
 カロル一世は、前回の『ペレシュ城』を建てた人。何年もかけて完成した年に亡くなっているようです。金と時間を掛けすぎたのですかね。もの悲しい。

 首都なんで野良犬もちゃんといます。
 HANUL HANUCというレストラン?
 営業中ではありませんでしたが、サービス精神旺盛な現地ガイドさんの案内で、中庭を通りました。
 風情ありすぎる感じの窓。日本の文豪が、執筆中みたいなイメージです。
 そして中庭を抜けて、ちょちょっと行くと、綺麗な建物があって、そこは教会です。
 本堂は手前のようですが、奥の高い建物よく見ると、荒れてます。
 窓も抜けたままだったり…。教会の綺麗さ(手入れが行き届いている)に比べると、気になります。
 ちなみにこの教会自由に入れるようでしたが、信仰もないくせに、やたらとどこもかしこにも侵攻しすぎた気がするので(なにせ名所に教会が多いもので)ここは遠慮しました。
そして、荒れてる側の建物とどこまで関係があるのか分からないのですが、この教会と並ぶようにして、Curtea Veche(古い中庭?)があります。
 この崩壊感がたまりませんな。(申し訳ない…)
 奥の建物の崩れ具合が、そそります。
 と、いけない喜び方をしているここは、旧王宮跡ということです。
 で、その主は、ここにいました。

 ちょっと切り抜いてみました。
 ヴラド公です。
 ドラキュラのモデルです。
 下の写真は、ルーマニア、ブルガリア5で、訪れた世界遺産シギショアラ歴史地区にあった像です。ドラキュラの生家のあった場所ですね。書き忘れたけど…。
 この写真も、載せませんでしたけど…。
 ブラン城というお城にも行きましたけど、住んでいたのはここらしいです。
 しかし、この廃墟状態は、これでいいのですかね?
 これが、いいのですかね?
 私は、いいですけど、どういう保存計画なのでしょうか?

 と、ちょっと歩みを止めてしまいましたが、また、サービス精神旺盛な現地ガイドさんの案内で、内装が立派なレストランの中へ!
 食事するわけでもなく、ぞろぞろと乱入!
 おお〜、確かにゴージャス。
 だけど、中に入って見るだけって、本当にいいのだろうか?
 気になっちゃったけど、なんか、50年代の(いやもっと古いかな…)洋画みたいなお二人が撮れました!?
 さて、この後小さな正教会に立ち寄り、バスに乗って一気に、国境越え!
 ついにブルガリアへ入りました。
 折角バスで国境通過したのに、写真撮ってない!おお…。

 そして、ヴェリコタルノヴォ到着。
 ウェルカムブレッドで迎えられ、そして、ブルガリアと言えばヨーグルト。
 るんるん気分で本場のヨーグルトを無造作に口に突っこんだら…、
 ガツンと喉の奥で爆発!
 濃厚とかそういう言葉では表せない質量感に襲われました。
 うわぁ〜びっくりした。

(つづく)