フォトでるもⅩ 移動2015年12月03日 06時09分46秒

 さて、さすがに少しロケーションを変えようということで、移動し始めたのですが…。
 またしても数メートルの差。
 ここでもちょっと「待ち」をやってしまった。というか…。
 まだ飛行機に未練が…。
 しかも、撮影の仕方を改善したわけでもないので、思うようにはいかず…。
 加工してみました。
 ピンぼけ、手ぶれも加工すれば緩和(!?)
 と、いつまでも岸壁にしがみついていても仕方が無いと、先ヘ進む。
 遊歩道。
 でも、小さな公園なので、この手の先7〜8メートルで、先ほど屯していたところです。
 木の感じで、少しは雰囲気が変わったか?
 いや、もっと遠くへ…。

 と、
 つづく。

フォトでるもⅩ 階段2015年11月29日 10時23分47秒

 雪鏡さんが「妖怪」と口走ってからはやくも1週間たってしまった。
 というか、それをいうならもう2ヶ月はたってることになるが、結論から言うと、妖怪はその全貌を現すことはなかった(??)
 階段の上が「妖怪っぽい」ということでチャレンジ。
 今頃気づいたこととしては背後の自転車がキーなのだ。
 雪鏡さんの口癖でもないが、時々「私なんか写らなくてもいい」と言う。
 これが中々難しいのだが、こうして整理をして見ると判る。
 まあ、後の祭りです。
 仕方ないので、いろいろ現像の仕方を変えて見ました。
 暗くすればいいというものではない。
 ちなみに今回のタイトルの「階段」は「怪談」とかけてあります。
 妖怪ポイントは、階段と自転車だったのです。
 彩度を落とすと結構雰囲気です。
 モノクロにしないのが流行り(?)

 と、あれこれ加工していたら、なんか昔の印刷みたいなのができた。
 階段の質感が昔風を出している気がするのですが…。

 もう妖怪はあきらめて…。

 ところで、荷物を置いてあるベンチは、この先3メートルぐらいのところです。立ち位置を変えたら見えるでしょう。

 そろそろ移動しますかね。
 と、腰を上げたところで、

 つづく。

フォトでるもⅩ 広角2015年11月22日 08時52分36秒

 何故半径5〜6メートル内にいつまでもいたのか、前述(?)したように飛行機に対応するためということもあるが、前回の「ベンチ」にも関係している。ベンチは2つ並んでいて、写っているベンチの隣にもう一つあったのだ。
 そこに私たちは荷物を置きっ放しにしていたので、見える範囲(!)に居続けたのであった…。
 階段を降りてしゃがむと見えなくなる位置でしたが…。
 この雪鏡さんの背中側が飛行機の見える空です。
 しかし、ここは飛行機撮影には向かない(超)広角レンズに交換。
 以前の「フォトでるも」でも書きましたが、パースが極端になるので、人物変形しちゃいます。
 撮る方は楽しいんですが、撮られる方はどうでしょう?
 と、いつも思いながらでもいっぱい撮ってる…。
 変なゆがみにならないよう顔をなるべく中心にはしているつもりですが…。
 と、ここで注目。
 おいおい…。
 いらない足が入ってます…。
 広角は自分に注意しないといけないんですね。
 実は、その上の写真にも入ってたんですが、消しました…。
 ただ、証拠は残しておくべきだと思って1枚だけそのままに。
 わっとびっくり。
 気づいた後は、足を広げて、体をさらに乗り出して、撮りました。
 カメラを落としたら雪鏡さんに激突です。
 これほぼ真上。
 それから、↑これは無加工ですが、他は何枚か足消しついでにソフトフォーカス加工をしてみました。しかし、微妙過ぎてわからないかも…。
 ↑これにはかかってます。ソフトフォーカス…。

 で、さて、この後、雪鏡さんいきなり「妖怪」と言い出します。

 つづく。

フォトでるもⅩ ベンチ2015年11月17日 22時07分53秒


 実は、今回から拡大時のサイズを変えてみましたのです。
 いつもそんなに「決めて」やっていたわけではないのですが、ピクセルでいうと1024X680というサイズで作ってました。なんとなくコンピューターの画像は「1024」という数字が頭にインプットされていて、そんな風にしてました。680の方は特に意味も無く…。
 使用しているカメラの撮影サイズが、1X1、3X2、4X3、16X9と4種類なのですが、あれこれ試して見たところ、3X2が、一番レンズを効率よく使っていると思われたため…通常3X2で撮っているのです。
 だけどちょっと待てよと…。
 1024:680=3:2じゃないじゃん…。
 と、いきなり気になったので調べたところ、3X2と16X9が、微妙にサイズが違ってました。4X3がぴったりなのが不思議なくらい。
 細かく説明すると。
 素の撮れ上がりサイズ(?)が、3X2だと4288X2848、16X9は4288X2416。3.0112… : 2と、15.9735… : 9と割り切れない数値が出てしまいました。これを世の中では誤差をいいます。(まる)

 まあ靴のひもでも締め直しましょう…。

 って…。
 拡大時のサイズを変えたという話しでした。
 理由は、最近時々iPhoneで、確認作業をしたりするのですが、どうも拡大が見づらい。
 元々asabloは、スマホ向きではないのですかね?
 よく判りませんが、なんとなく居心地が悪かったので、iPhoneのサイズに合わせてみました。
 といっても「5」です。
 私は、iPhone 5ユーザーなので「6」の大画面には対応してません(?)
 調べたら「5」の画面は、640X1136でした。
 まあ都合上縦長の数値ですが、寝かせれば1136X640ですな。
 それで先ほどの「3:2問題」もありますが、はみ出さないチョイス(!)
 つまり640合わせにして見ました。
 なので横長だと964X640、縦長だと640X964になってます。
 iPhone 5の横幅(短い方)に合わせると、元のサイズと同じ…はず。
 であります。
 それで、確認してみたところ…、
 見やすくなったのかどうなのか…、
 う〜ん、微妙です。

 とか、うだうだ説明している間、ほとんどベンチから移動してない!
 そろそろ移動しますかね?

 で、階段へ来てみましたが…、
 まだ半径5〜6メートル以内だったりして…。

 つづく。