アンバンクロフトさんが亡くなつたので2005年06月09日 10時03分22秒

 改めてフィルモグラフィーを見ると、驚くほど作品を見てゐない。
 それなのにぼくの中には凄く存在感がある。「アサシン」や「冷たい月を抱く女」にも出てた。「アサシン」は覚えているが(本家ではジャンヌモローだつたよな)「冷たい月を抱く女」は覚えてない。だけど、おそらく見てゐた時は、出て来た瞬間に「あ!アンバンクロフトだ!」って驚いたはずだ。予告なんかで見ても「おお!」とかね。ぼくにとつてそんな女優さんです。
 数年前、録画しておいた「ノックは無用」と言ふのを見た。その時が初めてだった。フィルモグラフィーを見ると1952年、ぼくが生まれる前だ。マリリンモンローが主演だが、アンバンクロフトも出てる。これを見てるときも「あ、アンバンクロフトだ」と思つた。昔の映画なのに。
 ちやんと存在感があつた。さらに驚いたことに、昔の映画どころかデビュー作だつたんだ!今更驚く。
 で、話はややズレるが、「ノックは無用」と言ふのは、凄い映画だ。これはこれで驚く。タイトルはほぼ直訳だと思ふんだが、ぼくは軽い作品と思つちまつたのよね。例え1952年の作品でも、これはあんまりネタばらししたくないな。と言ひたくなる展開です。みなさん(て、誰?)見てますか?
 allcinema onlineのフィルモグラフィーで1952〜2001で44本。うち見たのは11本でした。
 今朝のワイドショーは「サッカー」「若貴」「マギー審司の熱愛発覚」その「マギー審司」の紹介の時に画面に映つた新聞記事の右側に訃報が見えて知りました。
 どうしよ。似顔絵、描けんしな。
 がんばつて口元だけ描いてみました。「への字口」なんだけど、端が上がつてゐるのが特徴なんだな。

コメント

_ anne  ― 2006年05月14日 00時38分03秒

ニューヨークで 「ターニング ポイント」を観ました。 シャーリー・マックレーンとの掛け合いが印象的な素敵な女優さんでした。 
親知らず情報を求めて検索。阿弥音さんに出会って、過去文 全て読みました。 平凡な主婦には少し難しいかな(笑) 年は私の方が少ーし上のよう? 花嫁の父等は我が家も経験済み。連れ合いの姿思い出しました。今後も時々お邪魔させて下さい。 なんといっても恐怖の体験(経験者にしか解らない)仲間ですから(笑)
  

_ anneさま ― 2006年05月14日 23時01分59秒

 「愛と喝采の日々」といふ奴ですね。ぼくは、何かと二本立てで見ました。もう一本はなんだつたか忘れました。もう少年ではありませんでしたが、女性向きな感じがしてあまり気のそそらないプログラムだつたはずですが、シャーリーマックレーンが好きだつたので見に行つたんですね。多分。でも、二大女優のやり合ひに満足した覚えがあります。
 しかし、過去文全部ですか。すいません。ありがたうございます。
 難しいといふよりはただ単に解りにくいのだと思ひます。かなり趣味も偏つてますからね。まあ、これと言つてポリシーのないブログですから、いくらでも邪魔したいときに邪魔してください。
 ところで、さういへばanneさんはアンバンクロフトのanneですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック