赤い衝撃でなくて「深い衝撃」2005年07月05日 11時40分09秒

 やはりアニメーション関係者としては、これに触れとかんとな(?)
 ちなみにぼくは「赤い迷路」には、学生のエキストラで出たことがあります。
 と、恒例の余談をして、まだ、情報が制限されてゐるんですかね?今朝のワイドショーレベルの映像データでは、よくわかりませんな〜。喜んでゐるNASAの職員だけが、空虚に笑へました。映画などで見ると当たり前だがストーリーの上に成り立つので感動できるけど、あの喜んでゐる姿だけ見ると、オイオイアメリカ人としか見えない。申し訳ないが。
 しかし、360億円と言ふのは、安いんでないかい?とふと思ふ。もちろん、アメリカ国民にしてみればもつと他のことに使へよ。と思つてゐる人もゐるかも知れないが。何度も繰り返してすまないが、あの喜ぶ職員たちのゐた部屋。狭いと思ひませんでした?これ、結構安い企画だつたのではないか?と思はず思ひます(←?)
 今後どんな映像データが発表されるのかわかりませんが、フォロー映像は絶対に撮影するべきだつたと思ふ。インパクターと同時に5〜6台のカメラを、それぞれの角度で打ち出し、ひたすらロングを撮るカメラ、トラックバックしながらズームインしてなるべくアップを取るカメラなどを配置して、映像収集をするべきだつたと思ふ。(やつてゐたなら、さすがNASAと思つてあげます)これだけ、特殊撮影技術(撮るためのね。合成技術でなくて)が進んでゐるのだから、出来ない筈はない。
 「WATARIDORI」とか、「ミクロコスモス」を見れば、出来るでしょ!?
 30年近く前、1977年の「カプリコン1」の空撮だつて相当なもんです。(わざわざこの映画のタイトルを出すところに意味?)あまりに、優れた映像を撮ると「でっち上げ」だと、また言はれてしまうので、わざとやらないのか?発表しないだけなのか?ワイドショーもネタが少ないもんだからイメージ映像とあの「喜びシーン」を繰り返すので、ますますチープに見えてしまいます。チープな360億円て‥‥‥、ちょっと待って‥‥‥、ホントに360億円なのかな?ハリウッドでそのぐらいの制作費の映画あるんぢやない?
 ならば、あのNASAのチープなセット(本物だけど)も頷けるか。


なんかふさわしいネタがないんで、これです。「バリーリンドン」は、ろうそくの光だけで撮影できるカメラ!で有名なのね。技術よ、技術。
 地球に影響はないと言つてゐるけど、何故そんなことが言へるんだろ?影響があるとしても人間が滅びてからだから、大丈夫です。知ったこっちゃないですよ。とか、もう少し具体的に言つて欲しいな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック