私的初「HSのバラエティ」2005年07月20日 10時45分22秒

 昨晩、何気なくテレビをつけたら長州小力がいぢめられてゐた。誰かをいぢめて笑ひをとると言ふのは、どこか馴染めないが、見てしまうな。そもそも芸人によつてはいぢめられないと死活問題になると言ふこともあらうな。しかし、本人がよければそれでいいと言ふもんでもないだろ。
 まあ、その辺の考察はさてをき、何故か長州小力は好きだ。よくわからんけど、いい奴な感じがする。昨日は、女性に送つたメールをネタにいぢめられてゐたな。どこまでが仕込みかはわからんが、小力のキャラと相まつてゐた。
 と、そこへ大物登場。
 と、言ふことで、カメラが通路を映した。
 「えっ‥‥‥」と、思つた。
 そして、どきっとした。
 ホントに橋本真也が出てきたんである。
 テレビだから亡くなつた方が出てきても、それは珍しいことではないと思ふが、まだ「生」な感じがして驚いたのだ。
 ぼくは、特にプロレスファンと言ふことではない、以前にも書いたが、友人の招待で女子プロレスを見に行つたぐらいだ。橋本真也の試合もテレビで、ほんの少し見たことがある程度だ。
 最近ではバラエティにも、出るやうになつてゐたらしいが、見たことがなかつた。だから、長州小力、リングのセット、そして登場した橋本バラエティ真也は衝撃だつた。相手してゐた小力も、まさかその後、そんな事が起こるなんて思つてもゐなかつただらう。
 それでも、殴られてすっ飛んだ小力は可哀想だつたし、スリーパーホールドは本当に苦しそうだつた。橋本もつと手加減してやれよと思つた。君らは自分が思つてゐる100倍ぐらいは力があるんだ。そして、小力に自分のモノマネもしてくれよと頼んでゐた。
 最後に『放送しようかどうか迷った』と言ふテロップが出た。もちろん冥福を祈るとも。
 小力の橋本真也はまだ見てゐない。


 花が続いちまつたぜ。
 三途の川へたどり着いて3日目ぐらいですか?ご冥福を、

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック