地球儀から2005年07月09日 11時12分24秒

 新しい企画を練るために物入れから地球儀を取り出してみる。
 ほこりをかぶつて退色してゐる。これは「ルミナス女学院」の時に買つたのだから、7年前。回想シーンで地球儀をくるくる回すシーンがあつたので、作画するよりいいだろと、購入。DVカメラで撮影して、ポンッと止める手のアニメーションを合成した。
 違和感があつた。よく見ると部屋の映り込み(自分も)映り込んでゐるのがわかる。微笑ましいシーンだ(ここに苦笑いの絵文字が入る)
 でも、当たり前だがきちんと回つてゐる。
 KOKUYOの10号、球径26センチだ。もちろん出演料払つてないし、許可も得てない無断使用だ。ブログをやつてゐるといろいろなことを告白してしまう。
 ま、そんなことはどうでもよくて、改めて地球儀を見ると、太平洋の広さに驚く。それから、赤く塗つてあるせいかも知れないが、日本が意外と大きいことに気づく。そりやあ、近場で言へば中国ロシアより遥かに小さい。また、インドが思つたほど大きくないと思ふ。それほど、日本は思ひのほかボテッとしてゐる。島と言へばボルネオ島やニューギニアがでかい。ニューギニアを傾けると日本に似てる。でも、ニューギニアの削り具合もそれなりだが、日本の削り具合はやはり独特だと思ふ。アジア大陸の端のたんこぶをガリガリガリと削りだしてしまつた感がある。くどいやうだが、赤く塗つてあるので、独立して見えてしまうが、大昔はつながつてゐたと言はれれば納得できる。
 同姓の偉人、網野善彦氏は日本地図を逆さまに見ると、日本が島国だとは思ひ込だよね〜とわかると説く。(これは同姓の凡人の解釈なんで、くれぐれも、その、ね‥‥‥)なるほどね〜。と思ふ。
 国の大きさの印象は、すべてぼくの感想だから、人によつて違ふとは思ふ。もつと、デジタルに面積がすぐ浮かぶ人もゐるかも知れない。ただ、いろいろな地図があるが、世界を眺めるには地球儀に限る。
 さらに網野善彦氏の教へに従ひ、地球儀を逆さまにして見る。
 海が広い!広〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い。『上』から『下』へじょ〜〜と水が広がつてる。南米の孤立感がひとしお。陸地は『下』へとどんどん追ひやられ、消える。
 水没と言ふと『下』から水かさが増してくると感じるが、『上』から流れ込んでくるんだから仕方がない。
 失礼、ごめん。仕方ないはないか‥‥‥。
 2ヶ月ほど前か?テレビでツバルの映像をやつてゐた。大変だ‥‥‥。


 タイトルを強引に切り貼つてる。空白には新聞の評が、貼つてあつた。
 ぼくはテレビ版の日本沈没に研究員のエキストラで出てます。(自慢)

日本沈没の頃?2005年07月10日 11時34分17秒

 お〜〜〜!「日本沈没」リメイクですか〜。
 あれはぼくのエキストラ活動の前の年ですから、1973年だと思ひます。だから、ぼくの出てた(!?)テレビ版は1974年ね。
ま〜あるい緑の山手線〜です。全身緑です。
 これは、宮下公園の歩道橋ですね。多分。タワーレコードの反対側です。もちろん当時はありませぬ。
 明治通の向かい側には、今だと、ピカソ347があります。この写真の左側、フレーム切れとるところにあるわけですな。
 新宿「整音スタジオ」前です!?
 下のは現在と言ひたいところだけど、ちょうどいいのが見つからず、2年前ぐらいのほぼ同じ場所。でも、定点観測になつてないし、ブレてるし。わざとらしい青い星印が同じビルだと思ひます。ところで、フイルム「カビ」だらけです。糸くずはスキャンの手抜きね。(それくらい修正しろよっ!って)
 これはつまり高島屋側から撮つてゐるわけですが、この角度から、道を眺めると意外と変はつてないな?と言ふのが感想です。実際は相当変はつてるんですけど‥‥‥。

夢と格闘2005年07月11日 14時33分51秒

 今朝、二度寝をしてしまつた。
 で、夢を見た。どこか、病院のような場所で、インラインローラーで滑つてゐた。ぼくは、そもそも数えるほどしかスケートをしたことがなく、しかも、ローラーブレードは履いたことが無い。その辺を踏まえてか、夢内でもリアルに再現(!?)無駄に足がから滑り、なかなか進まない。
 で、この時、ぼくはすでに半分起きてゐた。時計も見て、午前中に行くところがあるので、そろそろ起きなくてはと、気張つてゐたのだ。しかし、二度寝の威力か、完全覚醒に至らず、もがいてゐた。夢の内容も気に入らない。目的地があるらしいのだが、なかなかたどり着かない。病院は昼寝の時間なのか?人が少なく、綺麗な廊下が、続く。
 半覚醒のぼくは夢に指令を出した。早く夢を終はらせて起きたいのだ。
 指令に応じて夢の中のぼくは、車輪付きボード(?)をいつの間にか抱えて、かなりスムーズに走り出した。慣れないスケートでも前に誰か立つてもらいその腰に手をあてながら滑ると安定する。あの論理だ。これは、速い!病院の廊下を走つていい訳がないが、そもそもローラースケートは問題外だが、とにかくスピードアップした。
 しかし、勢い余り、地図の田んぼマーク型に2本並んだ廊下の手前で曲がるべきところを、先を曲がつてしまつた。おっといかん。ここは、風呂場へのコースだ。風呂とはまさしく銭湯で、何故病院にそんなでかい風呂があるのかはともかく、急いでUターンした。
 と、すでに廊下は変はつてゐて、戻れないのだつた。
いかん!早く起きなくちゃともがいてゐる半覚醒のぼくは、困つた。これぢやあ夢が終はらんでないの!かういふときは振り出しに戻るのだ!とそもそもの滑り出しのところまで、時間を遡る指令を出した。
 果たしてそこが振り出しの場所かどうかさだかではないが、夢のぼくの前には何となく見覚えのある廊下を走つてゐた。この時すでにアイテムの車輪付きボードは使つてゐた。早く目的地に着くには、その方が便利だ。しかし、今度は廊下の壁が消えて行つた。外は白いだけの明るい空間だ。目的地を捜すのが困難な状況になつた。と、思ふ間もなく廊下の周りが、水浸しになつてゐた。時と場合によつては水上に続く廊下なんて美しいかも知れないが、今はそれどころではない。いよいよ目的地がわからなくなつてきた。さらに廊下はどんどん沈んで行つた。がび〜ん。
 しかし、起きたいぼくは、目的地は必ずある諦めるな!と応援した。が、水かさはどんどん増し、辺り一面水だらけ、方向性が全くわからなくなつた。これは、日本沈没の呪ひか?水はもう胸まであつた。
 さらに半覚醒のぼくは車輪付きボードをサーフボードの様に使ふ指令を出すが、車輪付きボードは浮かないのだ。げげっ!と遠方より陸地が近づいて来た。目的地は「平ら」な場所のはずだからそこは違ふと思ひつつ、でも、着地したい気持ちで待つてゐると、それは氷山だつた!15センチぐらいのペンギンが(真っ白の成鳥)ヒョコヒョコ歩いてゐた。救ひと言へば氷山が来たけど、水は全然冷たくなかつたことか。しかし、それを最後に完全に水平線のみが、広がつた。
 ぼくは、夢を目指す方向に終はらせることを断念し、起きることにした。
 その間30分ぐらいだつたらうか?ぼくは、夢との格闘に負けた。

車輪付きボード

 こりゃあ、一体、何なんだ?

2005年07月12日 11時55分13秒

 ちよいとお試しさせてもらいます。
 最近全然撮らなくなつたな〜。こんなの。
 下の謎の絵を(写真だよ)クリックしてみてちょ。
 見られましたか?
 だめだつたら教えてちょ。
 音はありません。
 2本の柱の間で撮りにくかつたんだよな〜。