人の話を聞く2005年08月27日 09時50分31秒

 昨日、立ち食ひそば屋での話。
 汗を大量にかいておられる大荷物の方が、入つて来られた。
 頼んだのは冷やしたぬきの大盛り生卵入りだ。声が大きくいらっしゃるので、わかつてしまつた。ちなみに食券のシステムで「そば」か「うどん」かを言へばよいことになつてゐる。
 さて、注文の品がきた、お受け取りになられ、回れ右をなさり、そばをテーブルにお置きになつた。が、食べる前に「東急ハンズあるんだよね!」とお聞きになつた。いきなりなので、誰にお聞きなさつたのか一瞬戸惑ふが、微妙にカウンターの方向をご覧になつてゐたし、店の人も自分以外に考えられないと、思つたと思ふ。「東急ハンズ、そばにあんでしょ?」と2回目のご質問に対し、「はい」と答えた。
「どこにあんの?」と、さらに問はれるので、店の人は「その前の信号を左方向に‥‥‥」と、懇切丁寧に説明した。そばとはいへ、説明はしずらいし、店の中から、外を説明するのは意外とむづかしい。
 聞いていて、正直、これはわからないのではないかなと、思つた。
 冷やし大盛りたぬき生卵入りの方も、食べる前に聞いたのは失敗であつたと、お思ひになつたかも知れぬ。それでも、店の人は、一生懸命だつた。「‥‥‥そこを左に曲がれば、すぐ右側に見えます」と説明が終はつた。お方は「あそ」とつぶやかれ、そばをお召しあがり始めた。
『ありがと』ぢやねえの?と思つた。

 さて、そんなこんなで、先入観で映画を見るのはよくないな。
 滅多にそんなことしなし、それはいかんと常々思つてたのにな。
 やつちまつた。
 だつてタイトルが『チームアメリカ、ワールドポリス』なんだもん。アメリカのやり方を皮肉つたブラックコメディとか思はない?
 ‥‥‥思はないか?
 ま、金正日が、悪役と言ふ情報を得たところで、気づくべきだつたかも知れぬ。
 あらかじめ言つておくと面白くなかつたわけではありませぬ。
 始めのうちは、どこでも爆弾落として物壊して得意がつてゐる模写などもあり、ハリウッド映画の無理矢理な展開とかもパロディにしたりして、ふむふむとか思つたのですね〜。
 ま、結局、悪いのは筋違ひの期待をしたぼくなのだが、これはただの『映画』マニアな作品ですね。作りは非常に楽しいです。人形も『顔が命』身体は手抜き。『顔」の凝り具合は凄いです。動きも手抜き。それを逆手にやりたい放題やつてます。セットは立派。
 とにかく、なんでもかんでも『バカ』にしまくるので、だんだん訳がわからなくなつて来ます。特にぼくみたいに先入観を持つて見始めた奴は悩みます。最初のうちは大声で笑つてゐたカップルも、だんだん静かになつてしまつたので、多分、疲れてきたんだと思ひます。
『パールハーバー』を滅茶苦茶けなして、監督マイケルベイにも触れてゐます。『アイランド』見たばかりなので、なんか奇遇?
 で、結論。アメリカ合衆国もハリウッド映画も大肯定!でした。
 一番笑えたのは『まっとでいもん』かな。見なきやわからないよん。

 人形は目が大きくて可愛い‥‥‥。全部モデルがゐると思ひますが、誰かに似てるな〜と言ふレベルから先へ行きません。なにしろ、最近実物でもどこかで見たよな〜と最後まで思ひ出せないケースが続いてゐるぐらいですから(ヤバいな〜)。
 チームアメリカの男性は全員どことなくカートラッセルを思ひ出します。右がカートラッセルのつもり。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック