映像資料22005年10月11日 12時25分23秒

  今日から少し文字使ひを変えてみる。話し言葉そのままなのに旧仮名遣ひは、今さらだけど読みにくい。いい加減だし。
 さて、今回は最初から参考資料探し(1)見たいだけ(9)の割り合ひで望んだ。潔い。
 見たのは「オーシャンオブファイアー」だ。昨年の4月か5月に見た。
 好きな映画だけど、以前なら誰かに説明する時「砂漠で馬がレースする話。結構面白いよ」ぐらいにしか言わなかったと思う。間違いでは無いが、あまいな。これは実にいい映画だ。
 この映画は出だしの20分ぐらいが大変大事だね。本編(?)のレースシーンが面白いので忘れてしまうんだね。いや、ぼくが忘れてしまったんだね。何見てたんだろね。今回、見始めてから「ああ、そんなラストシーンだったね」と改めて思いましたよ。おかげで冒頭のシーンだけ見ててジーンときちゃったし、レースシーンなんか滅茶苦茶感情移入しちゃったよ。映画は二回は見るべきかね〜。昔はくり返し見たかな〜。
 つ〜か、そもそも見る時の真剣味が足りんのか?

 ひとつ言ひ訳混じりの分析をしてみると、今も続いてゐるが、昨年はイラク問題真っ盛りで、アメリカ人とアラブ人の戦いの構図の見えるこの映画を見ると、どうしても気になってしまったんだな。そっちへ目が行ってしまったんだ。
 だけど、本質は主人公のアイデンティティにあったんだね。力(ちから)入るな〜。
 イラク問題が薄れた分、今度は自然保護的な部分が、大きくなり過ぎた感があるけどね。それはいいことでしょ。もちろんもっと突いてみれば、悪女が悪女過ぎてそこまで悪くしなくてもいいのでは?とか思うけど、それで、面白くなってゐることも事実だし。
 なによりも主人公の我慢強さがたまらない。それも、自分の存在がどれほどのものかといふ態度からくるもので、根性で耐えてるのではないのだよね。だから、自分は貶されてもいいけど、馬を貶したら許さんよと、そこでは全然ためらいがない。殴る蹴る殺す。ま、アメリカ映画だし。
 ぼくは馬が好きなのかなぁ〜?ことさら思ったことないけど、美しいよね〜。「弾丸を噛め」も、もちろん馬の映画だったし、馬気分が高まってきちゃったな〜。仕方ないから、今度は「すべての美しい馬」でも借りて見ようかな〜。以前に書いたかなぁ?トイレ我慢できなくて、ラストシーン見てないのだよね〜。大ラスのショットは見たんだけどね。「しずか〜で、地味〜な、いい映画ですよ」見直したら感想が変わるか?それより競馬でも始めろといふ啓示か!?