もの自慢シリーズ第○○弾2005年10月20日 11時41分05秒

 久々にカメラです。
 これは、レンズキャップとプレート‥‥‥。
 珠江(Pearl River)といふ中国産のカメラ。
 二眼レフが欲しくて新宿キムラヤ(今はもうない!?)で中古を買ひました。中国産では、海鴎(Seagull)といふのが有名ですが、これはそれの廉価版なのかな?
 ごらんのように、プレートが外れております。
 外れた中古を買った訳でなく、壊したのはぼくです。無造作にカバン等に詰め込んで持ち歩き「えい!」と電車の網棚に勢い良く投げ上げた時に『バキッ』と網棚のパイプ部分に激突。見事に取れました。
 全く物を大事にしない奴です。バイクからコンタックスを落っことした話はまだしてませんでしたかね〜?
 ファインダーのフタには漢字で『珠江』です。

 ファインダーをさらによく見るためのレンズが付いております。最近は利用することが多くなりました。視力はいいんですがね〜。計らずも老眼用!?なのか!?
 上の段の写真を見直していただきますと、レンズ台が動いてゐるのがわかります。銀色の部分が見える。
 なるほど!これで、二つのレンズのピントが合うのか!と始めて見た時驚きました。なんと原始的かつシンプルな仕組み!
 レンズがゴミだらけなのも、もちろんぼくの手入れのせい。う〜ん。

 強引に所定の位置に乗せてみました。
 フイルムはブローニーです。

 左右反対に見えます。慣れないと、被写体と反対にカメラを振ってしまう。いまだにやります。

 何といふことはないのですが、きれいに写ります。
 ファミリーユースに最適ではないかと思われますが、最近のカメラのコンパクトさを考えると少々かさばります。まあ、それ以前にファミリーユースでフイルムカメラ使ってゐる人はどれくらいゐるのでしょうね?

 重ねのない一枚レンズと、ぼくの手入れの悪さのせいで、微妙なにじみがでます。このサイズではわからないかな〜。
 それから、このファインダーだと、ローアングルを撮るのに便利です。
 まあそれにしても、地面にしゃがみ込むことに変わりはないので、端からみると変ですが。

コメント

_ なぐなぐ ― 2005年10月28日 17時32分00秒

カメラと言えばここ数年デジタルカメラが幅を利かせてきましたね。確かに現像いらずでパソコンが有れば何処でも見る事が出来る素晴らしいですが…(当然本体の液晶画面で見る事も出来ますけど)。何となくそれもどーかと思うこともあります。

当然仕事とかだと効率化とかあるので文明の利器としては大変重宝しますが、プライベートなゆったりしとした時間ではフイルムのいいかな?とか悠長に思ったりして…。

ガキの頃はオヤジの一眼レフ(ミノルタのSR−7という機種でした)を借りてモーターショーや出掛けた際によく撮影してました。また理科系少年としては完全機械式シャッターだったのでバルブポジションで天体写真なんかも撮ってました。色々と試行錯誤した記憶が懐かしいです。色々な条件で撮影して写真屋さんに現像してもらって上がりを見ては一喜一憂。

現在所有しているフイルムのカメラはニコンのコンパクトカメラしか持っていませんが久しぶりに写真撮りたくなってきたなぁ。

個人的には秋の京都とか好きですが…行きてーっ(^_^;)
これからは湯豆腐の季節だし。

_ なぐなぐ様 ― 2005年10月30日 16時51分32秒

いやあ、フイルムっすよ。
と言ひつつ、30日の傘の写真は、DVカメラで撮ったムービーをキャプチャーして、ピクチャーにするといふなんとも手間をしてしまいました。そんな奴はなかなかゐないでしょうね。
まあ、ブログには、デジカメはかなり便利と思われます。
でも、ぼくはやはりフイルムでしこしこ撮って、急ぐときは仕方ない、面倒くさいけどキャプチャー作戦にします。

_ なぐなぐ ― 2005年11月02日 02時47分28秒

DVからキャプチャして…って、うわー大変そう。ウチの持っているDV系カメラは結構大型の半業務機なんで鞄とかに入りません…orz。おまけに民生機で再生出来ないし…。
ちなみに通常のデジカメとかってピクセル比が1ですけどDVって違うんですよね(確か0.9)。うっかりビデオ編集でフォトショップとかイラストレータからデータを補正しないで取り込むと…横方向がぎゅーっとなって縦長になっちまうんですよ…。昔これが分からず難儀したものです。そんな面倒なコトをちゃんとしてる阿弥音さんには頭が下がるばかりなのです。

_ なぐなぐ ― 2005年11月02日 02時59分14秒

阿弥音さんはフイルムは何派ですか?
僕が一番好きなブランドはコダックです。一時期はずーっとポジフイルム党でした。お金が無かったんでもっぱらエクタクロームでしたが、本当はコダクロームが好きなのです。フジは原色が前に出てくるのがちょっと気に入らなかったかな?今はどうだかわかりませんけど…。もう最後にフイルム使ってから7〜8年近く経つのかな?コダクロームは独特のナチュラルさというか色調が好きで、エクタは色ヌケとシャープさが気に入ってました。アメリカに行った際にエクタで結構撮影しましたけど、あの青空のヌケは日本では撮影不可能だなぁ…とか思い出しました。
フイルムってやっぱりいいですね。大判にもチャレンジしてみたいんですけどねぇ。

_ なぐなぐ様 ― 2005年11月03日 00時20分13秒

ぼくはリバーサルはむづかしいので、基本的にはネガです。
お気に入りのフイルムは『コニカ!』
マイナーだからだけだはありません。かなり独特です。
わびさびを表現するには一番なのではないかと思います。

_ なぐなぐ ― 2005年11月03日 01時17分36秒

ポジって…確かにラチチュードがネガより狭いから難しいという話はありましたが結構そんなの気にしないでも使ってました(^_^;)。ニコンの35tiというカメラはコンパクトカメラの割りに良い画撮ってくれましたよ(まぁ邪道ですね)。
「コニカ」というとイメージ的には国産でカラーの赤外線フイルム出してたと記憶してたぐらいでしょうか?あと若干赤系に色が流れる感じがあったと記憶してました。

もう昨日ですが、久しぶりにカメラマニアの方と電話で話をしてたんですけど、最近のフイルムは粒状性が良くなって全体の質感は昔と比べかなり上がっているとの話を聞き、益々フイルム撮りたいと思うようになったです。ちなみに粒状性が向上した要因としてはAPSのお陰だとのコト。従来の35mmより撮影面積が減った分解像度を上げる為に粒状性が向上したという話です。ふむふむ。ちなみにAPSにポジがあったのには驚きました(どうやら富士フイルムのみらしい…)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック