11月もそろそろ2005年11月27日 17時44分07秒

 ぼくは、もう長いことフイルムスキャンをして写真整理を続けてゐるのだけれど、ハードクラッシュ事件などもありつつ一向に終わらない。
 カメラを持つと、シャッターを押すことに意義があるみたいな感じで、バシバシ撮るクセがあったので、片付けるそばからネガが増えていったといふこともある。
 だけど、最近は、重いカメラを持ち歩くのが面倒くさくなったのもあり、撮る量がだいぶ減ったな〜。バシバシ撮るクセも何故かなくなって来て、ファインダーをのぞいてシャッター押さないなんてこともしばしばあるようになった。これは、どういふことなのか?
 ところで、整理できないままではあるが、ここ数年、11月の撮影量が極度に低いことに気づいた。10月と12月のフォルダはあるが、11月のフォルダがない。ふ〜ん。
 11月とはさういふ時なのか?さういふ時とはいかなる時か?
 わからない‥‥‥。

 でも、なんだか、例年通りか?道が混雑し始めたな〜。街も混み始めたな〜。人が多い、車が多い気がするな〜。年末近し。
 なのかな〜。吉祥寺北口のバス乗り場前(広場)の夜は、キラキラしてもう完全にクリスマスですわ。

 で、少ない11月フォルダなんだけど、1999年のには、結構あった。世紀末(懐かしい言葉)だったからか?恐怖の大魔王が来なかったんで安心したのか?
 理由はワイドラックスを買ったからですね。11月23日購入でした。
 何度か登場したこれ。


 ちょっと夜景中心に並べてみます。




 一番上が購入日。下の2枚は29日と書いてある。
 こんな時期です。


 丁度前を通った観光客風外国人さんが、ぼくの不可思議なカメラを見て(シャッターが回るからね)「おお!それはなんですか!?」と英語で話しかけて来た。
 これはレンズが回転してパノラマ写真が撮れるのだ。と、身振り手振りといかがわしい英語で答えるぼく。
 「どこで、売っているのですか?」と、英語で聞いてくる。
 カメラをぶら下げてゐるし、カメラに興味を持ったのだから、ヨドバシカメラぐらい知ってゐるだろうと「ヨドバ〜シ〜キャメルァ〜」とか、超アヤシく答える。「いくらですか〜!?」とますます迫る。
 これは、この勢いで、まさか、この場で『売ってくれ』とか言はれたら、どうしようかなと、やや不安になる。
 ぼく自身もそうなのだが、興味があるとあからさまに“目が輝く”のである。この時の、このおぢさんの目はまさしくそれだった。
 なにしろ買ったばかりである。しかも、手にしたとたん大のお気に入りになったカメラだ。さらに銀座のど真ん中(歩道の上)で、やりとりするには少々高額だ。外国人から札束を受け取ってゐる姿なんぞ、私服に見られたら、絶対に職務質問される。もうひとつさらにいふと、英語で金額をいふのは意外とむづかしい。
 どうしようか迷ってゐると、あきらかにこのやりとりに退屈してゐる連れの女性(若い日本人)が、早く行こうよとせかした。英語が話せるようだ。(もっと早く口だしてこいよ!と思った)そこで、割引無しの定価を伝えてもらうと「オーマイガー」とは言はないが、典型的な『外国人リアクション』をしてくれて、ここで、サッと札束を出す気にはならなかった様だ。「新宿のヨドバシカメラで買えますよ」と念を押し別れた。

コメント

_ おとうさんの隠し子 ― 2005年11月28日 00時30分40秒

 久々の書き込みです。実はPowerBookG3がおシャカになりまして、今iBookG4を使ってます。しかし、便利な部分もあるけど、ソフトによっては、G3でしか使えない物もあって、G3を修理して二台使おうかとも思ってます。ま、懐と相談しなきゃなりませんが。
 ところで、外人さんの写っている写真の前のに写っている建物、見覚えあるんですが、何だったか思い出せないんですが。L/Oは、モロアニメちっくですが。

_ おとうさんの隠し子さま ― 2005年11月29日 12時40分44秒

花の銀座4丁目。『和光』前です。確かにこのアングルだと、時計台が見えないので、分かりにくいかも知れません。横長の真ん中の奴はそこから『三愛』側を眺めたもの。上は新宿高島屋前、下は恵比寿ガーデンプレイス。
 ちなみにソフトはいづれバージョンアップしないとならないでせう。修理代とどちらがと計算するのもありですが、先を考えると‥‥‥‥。充分使えるのにハードのせいで使えないとは悲しい限りですね。今、建築業界が騒然としてゐますが、コンピューター業界は(人々がわからないのをいいことに)悪質商売を正当化した(既成事実にしてしまった)頭脳的集団だと思ひます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック