賞金稼ぎ2005年11月12日 15時42分22秒

 大泉レイトショーで『ドミノ』を見た。
 あらかじめ言っておくと「困った映画」だ。
 困った映画だが、見どころはいくつかある。見せ場では なく、見どころだ。
 でも、その見どころの前に、ドミノハーヴェイについて少し。
 そもそも賞金稼ぎといふ職業が現代においてちゃんとあることに軽く驚く。
 賞金稼ぎと言えば西部劇か『イリア/ゼイラムジアニメーション』なんだけど‥‥‥‥。
 でも、あるものはやはりあるのだ。映画の中では「間」といふ表現がくり返されたが、隙き間商売かね?ドミノは実在の人物で、この映画のエンドクレジットに出てくる。ヤサ男風の女性だ。今調べたのだが、この映画の撮影後に亡くなってしまったらしい。まだ若い。驚く。「ドミノハーヴェイの想い出に捧ぐ」といふテロップは、訃報後につけたものか?
 そもそもドミノハーヴェイはローレンスハーヴェイの娘。ローレンスハーヴェイは何で有名と言はれてもすぐに出てこない。映画の中では『影なき狙撃者』でフランクシナトラとテレビ画面に映るシーンあるが、『影なき狙撃者』はなんと言ってもヘンリーシルバが印象的な映画。何があったっけと調べましたら。タイトルで覚えてゐるもの「潜航雷撃隊」「アラモ」「人間の絆」「暴行」「ダーリング」ぐらいかな〜?もっと見てたような気がするのだが、西部劇の印象が残ってゐたのは「アラモ」のせいか。
 ドミノにふんするのはキーラナイトレイ。日本ではラックスかなんかのコマーシャルに出てゐたが、その頃から気になって仕方がなかった女優だ。今回ますます気になったので調べた。
 ああ!そうか!
 ぼくの「二度と見たく無い映画ナンバー1」の栄光に輝く『穴』といふ映画がある。
 二度と見たく無いから話したくも無いが、ソーラバーチが出てる。不健康な映画だ。その中で、キーラは滅茶苦茶可哀想な役をやってゐた!二度と見たく無い映画とはいへ、その中の忘れてはならない貴重な存在だ。ごめん。
 役柄は全然違う。悪い役では無いが(主人公だし)話にのめり込めない作りだったのがとにかく災いしてゐると思う。と、これは、困った映画の話になってしまうので、見どころを先に。
 見どころは、ミッキーロークとジャクリーンビセットです。おわり。
 ああ、終わってしまった。
 と、ベタなことをやって。
 このところ、どうも仕事がなかったらしいミッキーローク。存在感が売りだったので、その存在感が必要とされてなかったってことかね。ぼくはこの間「ボブディランの頭の中」で、ミッキーローク?と「?」付きで見てしまったので、反省するが、今回のミッキーロークはミッキーだったな〜。こいつに「死ぬには最高の時だ!」なんて叫ばれちゃうと、小さなことで困るなよって思うな。
 ジャクリーンビセットはいいな〜。美人女優といふのは、歳をとると仕事がなくなって大変なのだ。ってのは、去年だか一昨年だか、ロザンナアークエットが作った『デブラウィンガーを探して』を見ると、わかる。役どころが無い!?見せる美貌がなくなったので、自ら出なくなる方もゐるでせう。そこへ行くと、カトリーヌドヌーブは化け物では無いかと思うぐらいいまだに大活躍してゐると思う。もちろん年相応な役をこなしながらも、美しいのだ。これは凄いと思う。それを追ってゐると思われる女優に同じくフランスからイザベルアジャーニ(アラブ系らしいが)といふのがおるが、ぼくは好きな女優だが、最近、別な意味でバケモノではないかと思える瞬間があるので、気をつけてもらいたい?カトリーヌドヌーブとの違いは、やってゐる役が若すぎるのだ。もちろん仕事のオファーの問題だから彼女のせいではないかも知れぬが、無理はせんでもらいたい。古い話で恐縮だが『妖婆』といふ映画で処女の役をやった京マチ子のやうにはなって欲しく無い。何が本当の『妖婆』だったのか、強烈な映画ではあったが。
 と、話が全然、ぜ〜んぜん離れた。
 全然でもないか‥‥‥‥。ジャクリーンビセットだ。彼女は歳にも負けず結構出続けてゐる方ではないかと思う。その美貌に深く深〜く掘り刻まれた皺(しわ)をどう見るかの問題だが。ぼくは美しいと思ったよ。ドミノの母役です。感慨深いとはこのことだね。これはとっても個人的な事だから、「見どころ」人を選ぶといふ感じではあるがね。
 おそらくぼくが一番感受性豊かに映画を見ていたころが、彼女のピークだったのではないかと思う。「アメリカの夜」「おかしなおかしな大冒険」「料理長殿御用心」「ロイビーン」70年代です。まただ‥‥‥‥。どうしてもここへ来るな〜。
 なので、それだけでも価値のある映画です。クリストファーウォーケンも出てますが、あまり感慨深くはありませんでしたか‥‥‥‥。クリストファーがおいしいのは「きのうから来た恋人」だわね。
 で、何が困ったかといふと、画面作り過ぎいぢりすぎ遊び過ぎ。これ流行り(はやり)なんだろうな〜と思うけれど、いただけないな〜。全体で意味があるといいたいのだろうけど、意味のないクイックパン、クイックTB、意味のない手ぶれ、落ち着きのないカメラ、短いカッティング、短いアングル替え、粗い画像‥‥‥‥。絵をちゃんと見せてよ。演技をちゃんと味合わせてよ。お話をちゃんと見せてよ。と言ひたい。クライマックスも、普通の会話のシーンも同じ作りでは、あんまりでないの。もっと、普通に作ってくれれば、クライマックスで「ママトールドミー」がかかった時、ぼくは感激に思わず唸ってたさ!絶対に唸ってたさ。レイトショーで5人ぐらいしかゐなかったから、「うおう!」とか言ってたかもしれないさ。でも、これじゃあ、何気なさ過ぎて音楽もだらだらして背中沈んぢゃうよ。
 だからさ‥‥‥‥。「ママトールドミー」がスリードッグナイト版だと、思っちゃったぢゃない!でも、エンディング見てたら、トムジョーンズ版!?トムジョーンズの「ママトールドミー」ってあったんだ‥‥‥‥。
 と、自分が思い込んでしまっただけなんだけど、映画のせいにしてしまうけふこの頃。
 でも、音の作り似てた気がするな〜。

語尾2005年11月13日 17時35分22秒

 昨日寒かったな〜。寒いときは鍋だよな。
 と、とある町の吉野家で「牛鍋定食」‥‥‥。
 そこの店員さん(新人さん、バイトくん)が、面白かった。
 かのやうな店では、店員さんのノリは大事だよな。
「いらっしゃいっませ〜!」「ご注文なんにしましょう!」「ありがとうございました〜」なんてね。
 その青年はひと味違ったのだ。一生懸命雰囲気を出そうと思ってゐるのだと思うが、語尾にNが付いてしまうんだな。『ん』です。
 そうなるとどうなるかといふと、ま、入ったときは気づかなかったから、注文から‥‥‥。
「ご注文うかがいます」「牛鍋定食ください」「はい〜かしこまりました。
お待ちくださいません!」てね。
 いや、頼んだんだから待つよ。帰るつもりは無いよ〜ん。
 そんな調子だから後から客が入って来たときに聞いてみると。
いらっしゃいません!
 て、いらっしゃったってば。
 さて、支払い済ませて客が帰る。
またお越し下さいません!
 いや〜、きっと来てくれると思うな。
 てな感じで、力が入り過ぎなんだろうか?でも、不思議なことに「
お待ちどうさまでしたん!」「ありがとうございましたん!」と、「せ」以外では「N」が小さいんだな。面白いな〜。
 実は今進めてゐる作品に『エンジェル便』(?)といふのが出てくるんだけど、そいつの語調を尻Nにしたのだ。
「エンジェル便ですん〜」「承りますん〜」てな感じでね。
 店員さんとは似ても似つかないキャラだけど、ダブっておかしかった。
 本当は昨日出すべきなジャクリーンビセット特集です。
 まずはやはりこの2本が浮かぶな〜。『料理長殿、ご用心』も出したいところだけど、その頃はもう新聞切り抜きしてないのだ。さすがにね。1979年だ。
 上の2本は両方とも1975年に見てる。
 『おかしなおかしな大冒険』はロードショーで見てるんだ。丸の内ピカデリーだよ。と言っても今だと、マリオンか‥‥‥。

ポスターとコスモスと蝶々2005年11月15日 03時20分58秒

 もう11月も半ばなのだけれど『10月』の話。

 中二の時、クラスメイトに布で作ったコスモスをもらった。10月の花はコスモスですよね。と誕生日プレゼントにもらったのだ。「よね」と言はれても知らなかった。と思う。
 だけど、その時から、コスモスが好きになった。
 正直な話。「秋桜」なんて当て字も知らなかったし、そもそも秋の花だと知っていたかどうかも怪しい。でも、いまだにコスモスは好きだ。不思議なもので、ぼくは未年なので、羊が好きだ。羊の皮を被った狼なんて言ひ回しがあるが、どう考えても自分は狼の皮を被った羊でもないし、羊の皮を被った羊だ。天秤座なので天秤が好きだ。一時期13星座なるものが出て来た時、乙女座だったので困った。別に星占いで行動を決めてゐるわけではないので、どうでもよさそうなもんだが、やはり自分は天秤がいい。
 星占いなど信じないし、そもそも眼中に無い人は気にしないのだろうけど、なんといふか居心地の問題なんだと思う。
 でも、例えば亡くなったぼくの父は、本当は1月生まれだったのらしいが、親が紀元節に合はせたかったらしく、出生届を遅らせたと聞いたことがある。(この話にはさらにオチがあって、紀元節まで待って出し忘れ、翌日の12日が誕生日になってしまったといふのだ。こうなるとネタなのかどうか判らなくなってしまう。父が息子にそんなネタを話しても仕方ないと思うが‥‥‥)この場合、1月が何日か定かでないが、星座も変わるかもしれないし、誕生花はあきらかに違うだろう。
 大正生まれの人間がそんなことに親しみを覚えるか否かは疑問だが、誕生日に対する親しみや思い入れはあるのではなかろうか?さういへば演出家のかんでんおいちゃんも、3月生まれだが誕生日は4月1日だと聞いた。(これにも何故かオチがあって、かんでんおいちゃんの親御さんは、3月生まれでは学校へ上がってから、皆より小さくて大変だろうと、4月まで遅らせたらしいのだ。しかし、ご存知の方も多かろうが、学年度制といふのは4月2日生まれから4月1日生まれが、同一学年なのだ。なので、親御さんの思いは空しい結果となってしまった)
 まあ、誕生日が2つあるといふのも乙(オツ)なものかも知れぬ。

 さて、そこで改めて誕生花なぞを調べてみるとありゃりゃのりゃ。たくさんあり過ぎてようわからん。
 月どころか日替わりだ!
 これでは世の中せかせかと過ぎて行くのも無理はないな。そのうち生まれた時間帯で誕生花も違ったりしてくるのではないか!?(ちなみにぼくは自分の生まれた時刻を知らない。普通知らないものか?)  なんでも増えればいいといふものでもないと思うが、このところ温室なのか、品種改良なのか、はたまた異常気象のせいなのか、花の季節感がなくなりつつある気もする。
 この間アサガオ見たな。葉っぱが違ってたけど、そもそも違う花なのか?でも、春にコスモスを見て今頃咲いてる!?と思った記憶があるな。  春秋桜と書いてもコスモス?
 桜は春だが、「春秋」とくれば「戦国」とつながる気がして、なんかやだな‥‥‥。

 そして突然、昨日のつづき。

 ジャクリーンビセット特集。2本とも1975年に見たと書いたが間違いだ。『おかしな‥‥‥』は1974年に見てる。
 これは、1973年10月10日と17日に前後編に分けて放映されたんだ。日本テレビ「水曜ロードショー」と記録してある。
 決して「大層面白い」映画ではないと思う。オールスターの割に地味な印象です。続編たちの方がずっと派手。でもそうだな、真面目な作りといふか、味わいがあって、好印象だったんだろうな‥‥‥きっと。
 ジャクリーンビセットの役は、多分どうってことのない役だったと思う。でもパニックものの中に置いては得な役だったのではないだろうか‥‥‥。
 つまり、よく覚えてないんぢゃん。

はぁ!?2005年11月16日 09時52分17秒

 摩訶不思議。

 まかふしぎなんである。この間、テレビで、3分で解る(1分だったかな?)文学作品といふのをやってゐて、カリスマ国語教師なる方が出てゐたのだけど、読ませずにあらすじとテーマを教えちゃうことが、国語の勉強になるんだろうか?
 さすがカリスマと呼ばれるだけのことはあって大胆だなと思った。‥‥‥嘘です。
 どちらかといふと、マジャのように
「はぁ!?」って感じ。内容は面白かったけど、国語の勉強になるとは思えないな〜。おまけにこの先生、何か変。こんな事を言ったのです。
「いつの時代も権力に立ち向かう人は尊敬されます。だから小泉総理が人気があるのも、古い態勢に捕われず改革を押し進めようという姿勢があるからですね」(細かいことは違ってゐるかもしれないが内容はほぼ再現されてる筈です)
「はぁ!?」「はぁ〜!?」「はぁ〜っ!?」
 あの人は(とうとう普通に名前を書いちゃったよ。先生が言ったことをスモールファウンテンと書く訳にいかんからな〜)内閣総理大臣だよね〜?物知らずのぼくとしては、日本国の首相が、あんなに権力を行使していいとは知らなかったよ。といふぐらい権力側の存在と感じるんですけど?
 で、そもそもなんで、そんな例を持ち出さなければならないんだろ?
 わからん‥‥‥。
 圧勝した奴を誉め上げたら、言はんとしてゐることと逆になるのでないかな〜?それを態勢になびくといふのではないかしら?
 う〜ん。さすがカリスマ先生、凡人には計り知れない感覚ですぜ。
 といふことで3分でわかる「走れメロス」と「鼻」を面白く見てたんだけど、一瞬にして虚空へ飛ばされてしまった。
 そもそもいつ頃からか、おバカな番組と、政治報道の差がなくなってしまったような気が‥‥‥。なんか居心地が悪い。

 だからやっぱりジャクリーンビセットさ!

 だけど、両方とも物の見事に覚えてないよ‥‥‥。なはは。
 まあ「オリエント急行」は、アガサクリスティーで有名な話だから、3秒でネタバレは出来るけど、ジャクリーンビセットがどういふ役だったか全然記憶にございませぬ。この頃は読書はあまりしなかったから、本格推理が嫌いになった要因は主に映画なんだろか?