アルゼンチンの小説2006年02月05日 19時45分25秒

 看板を変へてみました。
 全体の色も変へやうかと思つたのですが、過去のデータ全部に影響してしまうので、文字の色をあれこれいぢつたりしてゐるの都合上、やめました。

 さて、アルゼンチンの小説家マヌエル ムヒカ ライネス(Manuel Mujica Lainez)の「七悪魔の旅(El viaje de los siete demonios)」西村英一郎[訳]中央公論社。
 七人の悪魔が時空を越えて、その役目を果たすといふおはなし。ユーモアたつぷりの小説。
 しかし、感性の差か、いや、語り方が苦手で困難な読書になつた。

 でも、まあ、悪魔にも色々種類があるんだと勉強になつたかな。
 と、しかし、この小説を読んで勉強になつてはいけないのだ!

 おお!不遜な発言。

 といふのは、冒頭に引用があるのだ。
 ぼくはこの引用が気に入つた。申し訳ないが小説の内容より、この献辞の方がいい。これだけで、この本を手にしてよかつたと思へる。

 全文紹介する。(引用の引用になることになる)

 「七悪魔の旅」の献辞部分。

(無断転載はじめ)
 たとえ面白くなくても、エンターテインメントの本を書くことほど無害なものはない。それを読まなければ、すべての慎重な人は、私から受ける悪影響を避けることができる。私は、なにかを教えるつもりも、なにかを証明するつもりもない。この本からなにがしかの結論や教訓を導きだそうとするとしたら、それに責任があるのは、私ではなくて、読者のほうである。
フアン バレーラ
『モルサモール』(1899)の献辞より
(無断転載おわり)

 ね。素晴らしいでしょ。
 堂々としてゐて素敵だ。正論だとも思ふ。
 作品を作る人間として見習はなければ!
 でもプロデューサーに怒られるか知ら。

 ところで、フアン バレーラといふのは19世紀スペインの小説家のやうです。なかなか調べがつかない。「モルサモール」は小説のタイトルなのでせう。しかし、翻訳されてゐないのかも知れません。アルゼンチンもさうですが、スペイン語の小説はまだまだ未翻訳なものが多いんですかね。
 「七悪魔の旅は1974年の作品とあります。作者マヌエル ムヒカ ライネスは1984年に亡くなつてをります。
 フアン バレーラには「ペピータ ヒメネス」といふタイトルの小説もあるやうですが、翻訳されてゐるか否かわかりません。