映画あれこれ2006年02月07日 22時53分47秒

 H男さま。でない、H野さま。ぼくも最近映画館へ行く回数が激減してゐます。なので、「ブラス」「ガタカ」系?面白小品はさらに見てゐない。
 にも関はらず「ディック&ジェーン復讐は最高」なんて映画を見てしまつたりします。時間の合ふ映画がこれしかなかつたのが原因ですが、それにしても無理に見る事もないだらうと思ひます。まあ、そこそこ面白かつたし、悪い作品ではないと思ひますが、ホントに何故見たのだらうと思ひます。ぼくはジムキャリーがとてつもなく苦手なのです。嫌ひなのではなく苦手なのです。あのテンションには困つてしまうのです。ふとネプチューンのたいぞうに似てるか知らんと思ひますが、たいぞうは好きです。
 それで、お勧めですが、バリバリ新作ではないですが、H野さまが昔通り純な心の持ち主ならば「リンダリンダリンダ」がお勧めです。
 それで、参考までに今ぼくが見たい作品は、見逃してしまうかも知れないなと思つてもゐますが「天空の草原のナンサ」です。
 見ない筈の作品は「男たちの大和」です。もしも新宿辺りに出て、これしか時間が合はなかつたらどうせやう‥‥‥。不安ですが、でも、東京テーミス出版、三村文男著の『米内光政と山本五十六は愚将だつた−「海軍善玉論」の虚妄を糺す−』を読んで感化されてしまつた身としてはおそらく平常心で見られないと思ふのです。

 で、「リンダリンダリンダ」ですが、お勧めなのであれこれ書きませんが、初めのうちは女の子たちの区別がつかなくて(ヤバッ!)困りました。でもすぐになれます。
 それから、ひとつだけ、付け足しておくと、タイトル通りブルーハーツの歌が使はれてゐますが、この映画はBGMがなかなかにいいのです。ふと思ひ出す映画があつてそれは「ミレニアムマンボ」といふ台湾の映画です。これはどうしても気になる映画で、そのテーマ曲にどことなく通ずるところがあるのです。
 ほとんど全編を通して繰り返し流れる曲で「A Pure Person」といふ曲ですが、何故か「リンダリンダリンダ」のBGMを聞いてゐて言葉になりました。それは、『思ひ出は留めておきたいけれど、時は過ぎてゆくよ。どんどんどんどん進んでいくよ』てな感じです。全然違ふ映画ですが、ぼくには重なる部分があつたやうです。

 と、なんだかけふはコメントの返事で、埋めてしまいました。
 ちなみに赤い木の絵は、今、一番お気に入りのカメラ(昨年もらつた。モノ自慢準備中)で期限切れのフイルムで撮つた写真です。今回のもさう。テーマは『郷愁しても時は進む』こじつけです。

コメント

_ H野 ― 2006年02月09日 02時08分54秒

ご返事有難うございます。
リンダリンダリンダ観てみます。

コメントを書いた後、ふと気がついて、

ブログって、掲示板とは違うよな・・・
と今更はっとして、相互会話的な書き込みをして
良かったのだろうか?と悩みました(遅いって)

これからはあまり、あみのんさんに迷惑かけないように
コメント書いていきます。

鉄塔武蔵野線(というかチビノリダーの方が有名か)
の伊藤淳史くんがブレイクして他人事ながら、
妙に嬉しい今日この頃。
まあ、わずかながらかもしれませんが、あの映画が
好きなら少しは純なところは残ってるんでしょうね
>自分

_ 阿弥音 ― 2006年02月09日 12時37分04秒

H野さま及びコメント下さる皆々様
ブログを始めて数カ月。そもそもブログのなんたるかは、いまだ答えが見つからず。初めは『何か』するのだ!といふ暴発的な意思があつたと思ひますが、今は何故続けてゐるのかわかりません。このブログに関する限り相互会話をするか否かは阿弥音の気紛れなので、気にしないでくださいまし。業務連絡も可能なつもりでやつてます。そのかわり、無視されたり、削除されてもやはり気にしないでくださいませ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック