完全防備大作戦 その12006年02月11日 22時33分47秒

 今日はなんだか暖かかつたので、ややふさわしくない内容かも。
 完全防備とは、防寒のことです。だから、ややふさわしくないのね。
 さて、スクータースカラベオを買つた時から、冬にはこれだと決めてゐたのもがある。(ちなみに本国イタリアのホームページを見ると、スクーターのコーナーにスカラベオはない!スカラベオはスカラベオといふ独立したコーナーがあるのだ。凄い!)
 それが写真のレッグカバーだ。
 普通二輪にはつけられないだらう?
 通常冬場は、ズボンの上に防寒用のズボンをさらにはくのだが、これが、かなり面倒なのだ。仕事場へ行つては脱ぎ、ファニレスへ入つては脱ぎ、映画館へ入つては脱ぎ、ちよつと本を買いに脱ぎ、写真撮影に降りて脱ぎ、銀行で脱ぎ、交差点で脱ぎ、信号で脱ぎ、女子校の前で脱ぎ、と、ヤバいおぢさんになつてしまうのだ。実際、ロイヤルホストのカウンター席でおもむろに脱ぎ、ウエイトレスを焦らせた事がある。
 だからと言つて、横着して、少しぐらいいいやと脱がないでゐると、どんどん蒸れてきて、もんわりと熱がこもつてしまう。その汗ばむ下半身で、再び走り出すと、異様に湿つぽく冷えるのだ。
 といふわけで、レッグカバー。これさえあれば普通のズボンで大丈夫なのではと期待は広がる。
 で、昨年11月末に装着。
 これ、どうやつて装着するのかなあ?と思つてゐたのだが、さすが!豪快にボディに直接、マジックテープをべたりと貼つて、つけるのだ。一応鍵のリングも付いてゐて、盗難防止?にもなつてゐる。驚ろくほどの軽さである。
 腰とベルトで固定して、足は隙間から出す。(でないと困る)
 防風効果は充分である。さすがに隙間から風が入るが(当たり前だ)直接吹き付けてくる風ではないので、まあ、普通に外にゐるのと同じだと思へばいい。風の日にバス停で待つよりも楽かも知れない。
 しかし、見た目の通り横風はくらう!いかな隙間が開けられてゐるとは言へ、そこをヒューヒュー抜けてくれる風ばかりではない。
 それさえ堪えれば、あとは快適である。
 もちろん乗り降りは多少手間がかかるが、たいしたことではない。足にカバーをかけたときには気のせいか、心なし暖かく感じるぐらいである。
 しかし、本気の冬は寒い。
 まだまだ、防寒防風大作戦は序の口だ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック