再びノーマーク!2006年02月26日 19時48分16秒

 のははは。また、G4が沈黙してしまいました。いやあ〜。昼間、使用中に『カティッ!』と小気味いい音がしたのだよな〜。家族揃つての夕食後、戻つて起動したら『駐車禁止マーク』ですわ。
 さかえ様、お父さんの隠し子さま。アドバイス、情報ありがとさんです。まあ、サルベージはしたやうなしないやうな。後で、内蔵ディスク引つぱりださうとは思つとりますが。
 なわけで、今は娘の iBook G3 366MHzからアクセスしております。このiBookも最近調子悪いと娘、おかぴ両人から言はれとります。どういふわけか、家電とか同時期に行きますな〜。
 懲りずにしばらくしたら、また起動してみますが、コンピューターが自ら自然治癒したと言つて、ケアもなにもしないといふのは、いかんですな。病み上がりにいつもと同じやうにこき使つてはいかんです。
 優しさが必要なんです。よく働く奴にはついつい甘えてしまいますな。
 といふわけで、中丸薫とベンジャミンフルフォードの『ぶっ壊します!泥棒国家日本と闇の権力構造』徳間書店です。いまいち繋がつてませんかね‥‥‥。
 日本の政治に関するお二人の提言が対談的に交互に綴つてあります。意見の違ふこともキチッと並べてあります。
 内容については語れませんが、ぜひとも読んで下さい。
 フルフォードさんはアメリカ人です。でも、必死な面持ちで切に日本よ目覚めてくれと語る姿に頭が下がります。
 強い人のやうで、涙は流してませんが「涙ながらに語る」といふ物言ひが、合ふのではないかと思ふぐらいの切実さです。
 説得力もあります。だけど、何故か国連に価値を認めてゐるところと、JAXAもNHKも林野庁も売つてしまえ!と繰り返すところが、ぼくには疑問でした。いまのままだと郵貯と簡保の350兆円がハゲタカファンドの餌食になるぞとは言つてゐるので、売つてしまえ!もきちんと売り方があるんだとは思ひますが。(発行日は2005年9月30日)
 で、中丸さんといふ女史もなんだかすごい人で、いちいち納得しながら読んでゐたのですが、終章に近付いたところで聖徳太子の時代にフルフォードさんはお坊さんですごく学んだ。私は自分の息子ではなくて聖徳太子を摂政に立てて、最初の女帝としてうんぬんかんぬんと出て来るので、びつくりします。
 フルフォードさんは、西洋の科学的、物質的な教育を受けてゐるので考え方の枠組みが違ふと断わりを入れてゐる。
 でも、目的が同じなのだ。と言ひます。
 いずれにしろアメリカ人であるフルフォードさんが、ここまで、必死になつてゐる耳を傾ける価値ありと思ひます。

 ところで、このiBookの「ことえり」使ひづらいなぁ。「ゐる」はカスタマイズしてないから仕方ないけど「しょうとくたいし」もでないし「序亭」つて何?