アルゼンチンの小説2006年02月05日 19時45分25秒

 看板を変へてみました。
 全体の色も変へやうかと思つたのですが、過去のデータ全部に影響してしまうので、文字の色をあれこれいぢつたりしてゐるの都合上、やめました。

 さて、アルゼンチンの小説家マヌエル ムヒカ ライネス(Manuel Mujica Lainez)の「七悪魔の旅(El viaje de los siete demonios)」西村英一郎[訳]中央公論社。
 七人の悪魔が時空を越えて、その役目を果たすといふおはなし。ユーモアたつぷりの小説。
 しかし、感性の差か、いや、語り方が苦手で困難な読書になつた。

 でも、まあ、悪魔にも色々種類があるんだと勉強になつたかな。
 と、しかし、この小説を読んで勉強になつてはいけないのだ!

 おお!不遜な発言。

 といふのは、冒頭に引用があるのだ。
 ぼくはこの引用が気に入つた。申し訳ないが小説の内容より、この献辞の方がいい。これだけで、この本を手にしてよかつたと思へる。

 全文紹介する。(引用の引用になることになる)

 「七悪魔の旅」の献辞部分。

(無断転載はじめ)
 たとえ面白くなくても、エンターテインメントの本を書くことほど無害なものはない。それを読まなければ、すべての慎重な人は、私から受ける悪影響を避けることができる。私は、なにかを教えるつもりも、なにかを証明するつもりもない。この本からなにがしかの結論や教訓を導きだそうとするとしたら、それに責任があるのは、私ではなくて、読者のほうである。
フアン バレーラ
『モルサモール』(1899)の献辞より
(無断転載おわり)

 ね。素晴らしいでしょ。
 堂々としてゐて素敵だ。正論だとも思ふ。
 作品を作る人間として見習はなければ!
 でもプロデューサーに怒られるか知ら。

 ところで、フアン バレーラといふのは19世紀スペインの小説家のやうです。なかなか調べがつかない。「モルサモール」は小説のタイトルなのでせう。しかし、翻訳されてゐないのかも知れません。アルゼンチンもさうですが、スペイン語の小説はまだまだ未翻訳なものが多いんですかね。
 「七悪魔の旅は1974年の作品とあります。作者マヌエル ムヒカ ライネスは1984年に亡くなつてをります。
 フアン バレーラには「ペピータ ヒメネス」といふタイトルの小説もあるやうですが、翻訳されてゐるか否かわかりません。

府中試験場へ2006年02月06日 20時57分36秒

 行政処分30日免停で、講習を受けに行つて参りました。
 この際がまんして、30日間運転せずにとも思つたのですが、不測の事態に供へて、短縮するために早起きです。
 しかし、緊張してか!?興奮してか!?よく眠れず睡眠不足で不安のまま出発。三鷹まで、バスで行き、三鷹からまたバスで向かいます。
 で、まづ西武線の踏切大渋滞!げげ〜!いきなり〜!
 遅れると講習を受けられないので、免停30日の手続きだけ取る事になります。だつたら午後でもよかつたのに、ちよつと悲しいといふことになります。
 朝7時台のバスには乗つた事がないので、いつもなんだろか?とも思ひましたが、乗つてゐた小学生が、滅茶苦茶混んでる!とのたまつてをつたので、いつも通りではないのでせう。
 これはヤバい!と思ひました。緊張、ぎりぎりの一つ前のバスにはしたのですが、踏切へたどり着く前に次のバスの時間は過ぎてしまいます。で、小学生といふのは一人や二人ではなく大量に居りますので、だんだん飽きて来たのか、どんどんにぎやかになるばかりで遠足状態です。
 ま、でも、いつかバスは着く。
 都合のいい事に!?乗り換へたかつたバスも遅れてゐる様子。バス停で待つてゐる人たちのイラつき具合でわかります。
 いよいよとなつたらタクシーかな〜と思つてゐたら、来ました。「遅くなりましたぁ〜ん」と、さわやかな声。
 その運転手のにいちゃんのかっこよさ!
 遅れてゐることを忘れて、思はず見ちまいました。
 マンガの様に垂れている髪の毛、超アミダに被つた(絶対にサイズが合つてゐるとは思へない小さな)帽子。最近はバスの運転士さんも変はつたのう。と、何故か焦りは消え、呑気になりました。三鷹の混雑区域を出た後はスムーズで、間に合ひました。

 さて、講習ですが、睡眠不足の人は受けられないよん!といふお達しを無視して、受講。昼休みに小睡眠(映画のCMの間に寝るといふ特殊技術を身につけてゐたおかげでばつちり!)をとり、無事乗り切りました。
 と、言ひたいところですが‥‥‥。
 午後には実地講習と、シミュレーション講習といふのがあつて、実地は、教習所のコースを使つて4〜5分走る。指導官の人に誉められちやった!なんだか、いい気になつてしまつたが、さういふ場所ではない!と自戒。
 その後のシミュレーション講習がね〜。
 これが極度に苦手。めまいがしてリタイアしました。ぼくはこの映像見て操作するといふ奴が出来ません。途中までがまんしたんですが、気持ち悪くなつた人は遠慮なく言つてくれといふので、遠慮なくギブアップ。廊下で一人ポツンと待ちました。今日の受講者は55人。リタイア一人。しかも仕事が映像関係!
 映像関係者がシミュレーション映像にめまいしてたらいかんよな〜とも思ひますが、魅惑で酔はせる映像ならいざ知らず、ホントに酔はせたらダメですよ。まあ、歳とともに弱くなつてゐるのも事実なんですが‥‥‥。
 最近では、キングコングでCG酔ひしました。
 ブロントザウルス大暴走のシーンね。面白かつたけど、長いんだよな〜あのシーン。
 最近の映画はCG使用不使用に関はらず。カメラの乱暴なものが(アクション映画に限らない!)多く、見づらかつたりする。でも、例えばバイオハザードの2番目の奴。これも、カット割り動きなどかなり激しかつたのだが、何故か平気だつた。つまり極意はある筈なのだよな。かの映画のスタッフがそれを知つてゐたか否かは知らぬが、それを見つければ『酔はない目に優しいでも激しいアクションシーン』が撮れるといふことだ。アニメーションも同じだ。自分が見れない映像作品を作つても仕方がない。その極意を見つけねば‥‥‥。

 と、全然話がズレてしまつた。
 で、何故行政処分を受ける事になつたかは、いづれまた。

映画あれこれ2006年02月07日 22時53分47秒

 H男さま。でない、H野さま。ぼくも最近映画館へ行く回数が激減してゐます。なので、「ブラス」「ガタカ」系?面白小品はさらに見てゐない。
 にも関はらず「ディック&ジェーン復讐は最高」なんて映画を見てしまつたりします。時間の合ふ映画がこれしかなかつたのが原因ですが、それにしても無理に見る事もないだらうと思ひます。まあ、そこそこ面白かつたし、悪い作品ではないと思ひますが、ホントに何故見たのだらうと思ひます。ぼくはジムキャリーがとてつもなく苦手なのです。嫌ひなのではなく苦手なのです。あのテンションには困つてしまうのです。ふとネプチューンのたいぞうに似てるか知らんと思ひますが、たいぞうは好きです。
 それで、お勧めですが、バリバリ新作ではないですが、H野さまが昔通り純な心の持ち主ならば「リンダリンダリンダ」がお勧めです。
 それで、参考までに今ぼくが見たい作品は、見逃してしまうかも知れないなと思つてもゐますが「天空の草原のナンサ」です。
 見ない筈の作品は「男たちの大和」です。もしも新宿辺りに出て、これしか時間が合はなかつたらどうせやう‥‥‥。不安ですが、でも、東京テーミス出版、三村文男著の『米内光政と山本五十六は愚将だつた−「海軍善玉論」の虚妄を糺す−』を読んで感化されてしまつた身としてはおそらく平常心で見られないと思ふのです。

 で、「リンダリンダリンダ」ですが、お勧めなのであれこれ書きませんが、初めのうちは女の子たちの区別がつかなくて(ヤバッ!)困りました。でもすぐになれます。
 それから、ひとつだけ、付け足しておくと、タイトル通りブルーハーツの歌が使はれてゐますが、この映画はBGMがなかなかにいいのです。ふと思ひ出す映画があつてそれは「ミレニアムマンボ」といふ台湾の映画です。これはどうしても気になる映画で、そのテーマ曲にどことなく通ずるところがあるのです。
 ほとんど全編を通して繰り返し流れる曲で「A Pure Person」といふ曲ですが、何故か「リンダリンダリンダ」のBGMを聞いてゐて言葉になりました。それは、『思ひ出は留めておきたいけれど、時は過ぎてゆくよ。どんどんどんどん進んでいくよ』てな感じです。全然違ふ映画ですが、ぼくには重なる部分があつたやうです。

 と、なんだかけふはコメントの返事で、埋めてしまいました。
 ちなみに赤い木の絵は、今、一番お気に入りのカメラ(昨年もらつた。モノ自慢準備中)で期限切れのフイルムで撮つた写真です。今回のもさう。テーマは『郷愁しても時は進む』こじつけです。

エキストラの頃2006年02月08日 23時12分11秒

 あらかじめキチンと説いておかねばならないことがある。「ブログについて」にも書いてあるし、今日のタイトルにも『エキストラ』と書いてあるが、実のところ、この稼業をやつてゐるひとはさう呼ばれる事を嫌ふ。すくなくともぼくのやつてゐた頃の人たちはさうだつた。もちろん、この仕事にはいろいろな人が来る、学生アルバイト、定年後のおぢさんおばさん。言つてしまうと遊び半分な人もゐたことは間違ひないので、さういふ人たちは全然気にしなかつた。しかし、本気の人々は違ふ。俺たちは役者だと自信をもつてゐた。なので、エキストラといふのはあくまでも事務処理用の呼称で呼ぶためのものではないと、今更ながらに理解していただきたい。
 では、本来はなんて呼んでゐるのか?『しだし』なんて呼称(仕出しか?)もあつたが、これもあまり使はれない。
 今は知らない。当時(30年ぐらい前か)は現場の人も心得てゐて、エキストラと口にした人は記憶にある限り一人だ。基本的に現場では大体所属事務所(派遣事務所、あるいは劇団)の名で呼ばれる。ぼくの場合『国際演技者紹介所』といふところに登録してゐたので「国際さん」と呼ばれてゐた。
 さらに、その時の現場で役柄が明確になれば、通行人、喫茶店の客、ウエイター、新聞記者、下っ引き、自衛隊、警官、学生、丁稚、籠かき(かごは重い!)、百姓(「さん」はついてゐた)などなど、いろいろな呼ばれ方をした。

 さて、ぼくが最初に行つたのは、東宝撮影所。『ノストラダムスの大予言』である。呼ばれたのは男女二人づつ四人。会社員が、ビルの屋上から、異変を眺めるといつた様なシーンのためだつたらしいが、その日は結局、ぼくらの出番はなかつた。
 前の日に指示が出されるのだが、「10時、東宝舛田組、背広ネクタイ」といふ様なお達しで、初めてのぼくは緊張した。背広ネクタイは未経験だ。持つてもゐない。まあ、持つてゐなくても、衣装部屋(その他大勢用の大量倉庫)があるので、心配は無いが、そんなことは知らない。
 パチプロの青年。離婚したばかりで暇な女性。結婚してるけど暇な女性。そしてぼくの4人。控え室でひたすらおしゃべりをして一日が終はつた。
 その後も『ノストラダムスの大予言』に何度か言つたが、屋上のシーンはどうなつたか知らない。この映画のことは以前にも書いたと思ふ。

 さて、二日目は『青葉繁れる』岡本喜八監督。草刈正雄、秋吉久美子、十朱幸代などが出てる。
 何故か同じ四人のメンバーだつた。店の使用人かなんかに着替へて「どこへいけばいいのですか?」と不安に聞いたら、「頭に手ぬぐい巻いたおぢさんがゐるからすぐわかるよ」と言はれた。岡本喜八の事である。トレードマークなのだ。当時、コマーシャルに出てた気もする。しかし、撮影の内容はよく覚えてゐない。セットの裏に十朱さんが、ちょこんと座つてゐて、そこに一緒に待たされた気がする。十朱さんは可愛らしい人だつた。ぼくら4人メンバーの離婚直後暇女性が手相を見るのが得意だと言つて十朱さんの手相を見たのを覚えてゐる。
 この日撮影はしたのだらうか?十朱さんはしてゐると思ふが、ぼくらは結局ゐらなかつたのかも知れない。

 で、さて、三日目(実のところ三日目かどうか定かではないが)『青春の蹉跌』東宝続きだ。
 この日は、主に大学生のアルバイトが集まつた。何故かといふと、主人公が学生運動で捕まつた時のことを回想するシーンだからだ。もちろんどんなショットになるのかわからない。
 鉄格子だけあるベニヤのセットでぼくらは中に座り込み「インターナショナル」を歌ふのだ。ショーケン(つまり萩原健一)は歌はず歯をぎりぎりとして悔しがる。ぼくは、待機中に鉄格子に寄りかかり、ショーケンに「おい、つくぞ」(セットの鉄格子はペンキ塗り立て)と注意された。優しくである。みなさんの知らないショーケンだ。
 だいたいスターさんたちはエキストラに優しい。もちろんサービスもあるが、大事にしなければいけないのだといふ考えが彼らの中にはある。
 ところで、このシーンであるが、ぼくも他のみんなも「インターナショナル」を歌へなかつた。ぼくらは全学連世代ではないのだ。これにはショーケンさん少々声を荒げた。ぼくらにでなく助監督に「みなさん知らないよ!ちゃんと教えなきゃ!」と。
 しかし、にわか仕込みでそんなに歌へるものではない。腕はぶんぶん振つたものの歌は使へる歌にはならなかつた。でも、どうやら雰囲気だけで歌は最初からゐらなかつたのか?
 完成された映画では、映像だけの短いシーンだつた。まさか、芸なし野郎どものせいで、そんなシーンになつたのなら、問題だと思ふが‥‥‥。
 似たやうのことは、時々ある。ぼくはピアノを弾けないのにバーのピアニストをやつたことがある。昼メロだつたか、タイトルは忘れた。当時はサングラスを常用してゐたので、スタッフからサミーと呼ばれた。サミーデイビスジュニアの事だ。でも、手元はもちろんなし、身体をわざとらしく振つただけだ。意外と無計画で、現場で決めるとかういふことになる。ピアノ弾きが必要かどうかぐらい先に決めとけばいいことだ。プロでなくても弾ける人はゐる。最近はさういふ事はないと思ふが。

 ついででもないが『青春の蹉跌』はよく出来た映画だ。時代なのか、作りが大胆で斬新である。最近の映画には少ないと思ふ。音楽もいい。井上尭之である。スパイダースだ。スパイダースといふのは堺正章がボーカルだつたバンド。ショーケンはテンプターズだ。まあいいや。井上尭之だ。
 ラストに流れる曲は圧巻だ。シンプルなピアノでピン〜ポン〜パン〜ピン〜ピンピンポン〜パ〜ンポ〜ン(て、いつもながら解る訳も無い)と始まつたそのメロディーがゆつくりゆつくり繰り返され、どんどん厚く盛り上がつて行く。ぷぃ〜んぴゅぃんぴゅぃんぴ〜んぷゃんぷゅんぴゅおんと、まあ、浸れる曲なのだ。
 レコードはあつた筈なんだが、CD化されてゐない?
 ぜひとも iPod に入れたい曲だ。