人形アニメーションを見るゆうべ2006年03月01日 22時08分28秒

 G4動いております。
 時折不穏な音を発し、路頭に迷ふかのごとく静止することあれど、生き続けております。執念でせうか?
 といふことで『死者の書』見て参りました。

 『死者の書』川本喜八郎監督、人形アニメーション映画。
        折口信夫原作(中公文庫)桜映画社制作。

 ところは岩波ホール。久しぶりであります。といふか、記憶にある限り『惑星ソラリス』『山猫』以来わずか三度目でありませうか?
 なんと言つても『ソラリス』が、強烈であります。ほとんど強制睡眠映画と言つてもいい有無を言はせぬ作り。首都高で落ちた人は数多いと思はれます。ぼくもその一人。(自分がさうだからと言つてすべての人に当てはめてはいけない。と、心の声)『山猫』は大河ドラマに筋無用!と言はぬばかりの荘重なつくり。人生(人間)の不断(普段)性を描き切つたもの凄い作品です。
 共に尊敬してゐるんです。爆睡した『惑星ソラリス』はいつか見直さなければいけないと心に決めてゐる作品のひとつです。
 ちなみに話はそれますが、パゾリーニの『王女メディア』といふ作品は三回ぐらい挑戦して、すべて返り討ちにあつてゐます。いつも気がつくと女の人が炎ごしにわめいてゐます。
 さて、岩波ホールに話を戻しませう。
 何が言ひたいのかと申しますと、ぼくにとつてパブロフの犬のごとき眠い映画館なのであります。

 ほとんど言ひ訳にしかなり得ぬかのやうな前置きを致しまして『死者の書』です。
 桜映画社には友人もおりますゆえ、けじめはつけねばいけない。ぼくは戦ひました。そうして、夢のような経験をしたのでした。現実か否か、生身の者か人形か、果たしてここはこの世なのかあの世なのか。幻想と思ひきやむしろ写実な作りに戸惑ひつつ、ついには熟睡に至らなかつたのでありました。

 おそろしく勝手な感想を述べますと、この判り難い話をきちんと見せやうとし過ぎたのではないかと思ひます。確かにそのお陰で、曼荼羅以降の展開に感情移入しやすく、無事ラストを迎えられるのですが、何かもつと、何かもつと!と、欲しがりやさんになつてしまいました。『道成寺』の衝撃を見たかつたのかも知れません。「先入観で見るな」が、鉄則なのに‥‥‥。

 といふよりも、おぬし夢うつつ、味気なくいふならば半覚醒ではなかつたのか?げに好きなことをいひやる。

 すいません。また見ます。
 
 ※重要 写真は全く関係ありません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック