small fountain 政治全面批判2006年03月06日 22時35分12秒

 森田実氏の本を読んだ。
 73歳になられるといふのに、そのバイタリティは凄い。もつとも政治家たちの年齢を考えればさほど驚くほどのことではないのかも知れないが、評論家森田氏の反骨精神と揺るがぬ意思、行動力には、やはり驚嘆せずにゐられない。
 それから森田氏の存在を具体的に知つたのは、このブログのトラックバック『スゲェぶろぐを発見!』をたどつて行つてなので、ブログを始めたことも無ではなかつたとも思ふ次第だ。森田実のホームページは「MORITA RESEACH INSTITUTE CO.,LTD」http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/です。ほとんど連日内容の濃い記事が発表されてゐて、繰り返すけれど恐ろしいバイタリティです。ぼくがちょくちょく訪問するやうになつたのは、昨年末ぐらいからなのですが、読むのが追ひつかないぐらいのボリュームであります。(理解度の問題もあるかもですが)
 もうひとつトラックバックからたどりついたホームページに「天木直人のホームページ」といふのがありますが、天木氏はとうとうあまりにも情けない世の中に書く気が失せてしまいホームページを閉鎖してしまいました。もちろん戦ひをやめたわけではなく方法を変えたといふことですが、これまでの記事は http://easyform.net/Usr/ns0041/HTML/ へ行くと見られます。
 さて、森田実氏の本です。
 日本評論社から出てゐます。
 しかし、実のところ、少々、気落ちしました。
 この本は、森田氏のホームページ内にある。記事の編集版なのであります。
 時期的にいふとぼくが見てゐなかつたころのものなので、ちょうど良かつたといふ感じなのですが、内容的に辛い事象を再確認したに留まり、どこか逆に空白感が生まれてしまいました。空しいと言つてはそれまでですが、では、非力な人間はどうすればいいのだ‥‥‥。と悩むことになります。あくまでも『全面批判』ですから、その後のことは全面的にこれからのことなのです。
 この本を出した目的は、インターネットを見ない人にも知らせたい。気がついて欲しい。といふやうな事なのでせう。言はば草の根運動ですね。急いては事を為損じるといふことですか、73歳にしても泰然自若、信念の為せる技か。

 写真は昨年9月4日東京大雨の翌日、溢れた水路の水がひいた後。端にたまつた草。