レタス一葉2006年03月16日 23時08分33秒

 吉祥寺行きのバスから見た風景。
 そこは、小振りなマクドナルドの前だつた。
 とあるおにいちゃんが、店前に置いた自転車の脇に立ちつつ、ハンバーガーの包みを開けてかじるところだつた。レタスが一枚落ちた。レタスが入つてゐるといふことは何バーガー?
 まあその考察はさてをき、おにいちゃんはおそらく気づきもせず、かじりついた。腹が減つてゐたのかなあ?なんで店の中で食べないのかなぁ?そして、おにいちゃんは自転車のスタンドを外し、ハンバーガーを食べながら、乗つて漕ぎだした。急いでどこかへ行きたいのだろうか?
 しかし、その一連の行動はすごくゆつくりしてゐて、時間を惜しんでゐる様子ではない。『のんびり急いでどこ行くの?』と矛盾した疑問を持つてしまう光景だつた。もちろんレタスは地面に残された。
 乗りにくくないのかな?食べにくくないのかな?
 思はず笑つてしまつたが、微笑ましい笑ひでも、呆れた笑ひでもなかつた。どちらかと言へば呆れたのだらうが、自分でも判らない。意表をつかれた。といふのが正しいか。取り立てて急いではゐないのだらう。でも、何故かは知らぬが、時間といふものが惜しいのだ。よくはわからないが「もつたいない」と感じてゐるのではないだらうか?実は凄く深〜い問題があるやうに感じるが、ネガティブにものを考えても仕方がない。彼は、自転車に乗りながらハンバーガーを食べることが好きなのだ。さう考えやう。行儀がよいか悪いかといへば悪いだらう。だけど、レタスを置き去りにした意外に誰に迷惑をかけるわけでもないと思はう。ハンバーガーの包みをポイ捨てしたらいかんけどね。
 むか〜し、新宿の三越の下に、マクドナルドがあつた(出来た?)そのときぼくは高校生。シェイクなんかを買つてチュバチュバしながら街を歩くことに憧れた。でも、ハンバーガーは歩きながら食はなかつた。ガードレールに座つて食べたかも知れないが。行儀はよくなかつたと思ふ。