暴力温泉芸者の2006年04月01日 21時51分37秒

 今、難攻不落の大作(超力作だと思ふ)を読んでゐるのだが、新聞の新刊広告で、とある本を見つけてしまつたので、早速図書館に予約を入れた。まだ、図書館に入つてない本だつたが、出版が明確ならば予約出来る。なので、そのまま予約した。さうしたら2番目だつたので、比較的はやくきた。
 どのみち大作は時間がかかるので、中断して、こちらを先に読む。

 本のタイトルは『名もなき孤児たちの墓』(新潮社)作者は、暴力温泉芸者の中原昌也だ。別に芸者さんではない。彼のミュージシャン名だと思ふ。例によつて思ふとはいい加減だが、バンド名ではないと思ふ。また思ふ。
 ぼくの iPod には『Que Sera,Sera』といふアルバムが入つてゐるが、残念ながら愛聴盤といふことでもない。
 タイトルに「暴力温泉芸者の」と書いたが、本当は『映画秘宝の』と書いた方が正しい。一時期『映画秘宝』は愛読書だつた。小説もノンフィクションも読まなくなつた時期、巡り会つたのが『映画秘宝』だ。何故がフィーリングにあつてしまつた。まあただ、最初から最後まで読み切つたことはないのだが‥‥‥。
 そのなかで、中原昌也の文章は特に好きだつた。映画秘宝から『ソドムの映画市』など単独の本も出てゐる。いつの間にか小説も書いてゐて『奇跡の』だつたか『まさかの』だつたか忘れたが、三島由紀夫賞をとつてゐた。『奇跡の』だか『まさかの』は、枕詞のやうについてゐたことばだ。中原昌也を読むものには解りやすいキャプションだ。
 今度の新聞広告にも『「誰の欲望も満たすことの絶対にない」小説を書いてみたい』と書いてあり、思はず予約してしまつたわけだが、この言葉は売り言葉ではなく、小説の中の文章であつた。これは、短編集といふか掌篇集で、ひとつだけ中編と言つていいのかな?やや長めのものが入つてゐて、それが、本のタイトルの『名もなき孤児たちの墓』といふ小説で、主人公の切々とした語りの中にこの言葉がある。
 本の帯には『ふざけてるのか?天才か?』とあるが、ぼくには『誰の欲望も‥‥』が印象として残る。
 『らしい』のだ。あまりにもフィットしてしまつた。その勢いで読んだため。残念なことにどの短編も中途半端に満足しながら読み進んでしまつた。(満たされてしまつたとまでは言はないが‥‥‥)そして『名もなき孤児たちの墓』へ到達して、ああ、中の文章だつたのかと知つたわけです。
 ぼくは、三島由紀夫賞をとつた『あらゆる場所に花束が‥‥‥』も読んでゐるが、何故賞をとつたのかはわからない。ふざけてゐるのか?天才か?ふざけてゐるとは思へない。天才かどうかはわからない。ただ、映画秘宝を読んで、少し遡(さかのぼ)つて暴力温泉芸者を聞いて、小説を読んで、そのどれからも感じる『悶々と切ないところ』が、気に入つてゐる。