猿の軍団その22006年04月04日 22時37分21秒

 定かではないが、確か2回目ぐらいだと思ふ。前はオープニングのロケの話だつた。
 さて、猿の軍団の朝は早い。
 ロケが中心で遠出をするので、どうしても早くなるのだ。
 そして、どんな頃合ひで、その差があるのかわからなかつたが、七時(ななじ)集合と、七時出発といふ2種類があつたのだ。正確にいふと七時出発の場合六時五十五分集合だつたらしいが、ぼくたちは七時集合と七時出発の二つを言ひ渡されたものだ。
 当時ぼくは世田谷区の農大前といふところに住んでおり、集合場所は日活撮影所。京王線布田駅から徒歩10分ぐらいだが、電車だと、家からは小田急線経堂駅を出発して下北沢、明大前、そして布田と遠回りコースになるので、使はなかつた。バスだと、渋谷から調布へ向かう路線があり、それだと『地蔵前‥‥‥』だつたか?そんな停留所があり、徒歩5分。便利なのだ。しかし、バスだと、始発に乗つて、日活撮影所着が七時丁度ぐらいなのだ。バスの微妙な時間、歩く微妙な速度で、時間がずれる。ぼくは、1分遅れで、チーフ助監督にどやしつけられたことがある。怖かつたな〜あのチーフ。mnwさん。
 まあ、それだけ厳しい世界なのだ。
 そして、前に書いた通り、猿の兵隊は重装備で辛い。暑い日は大変。さらに学生アルバイトたちに不評だつたのは、猿の役しかないこと。どんなに間違つても顔が映ることは無いのだ。興味でエキストラをやる人たちには、ほんとに人気のない仕事だつた。早い、つらい、顔が映らない。
 でも、そんなことは全然気にしない三人の男がゐた。年齢順にmrさん、mtさん(似顔絵に間違へてmmさんと書いてしまつた)とぼくである。
 といふ訳で、その3人はエキストラレギュラーだつた。
 mrさんは30歳ぐらいで、体力的にきついところもあつたやうだが、顔を出さない仕事が楽だといふやう風だつた。まさか、犯罪者ではなかつたと思ふが、mmさんは年齢不詳なんだが、22、3といふ噂だつた。チョコレートが大好きで、いつも食べてゐた。虫歯の数は多さうだつた。ぼくは、子供子供してゐた。
 とにかくぼくらは『猿トリオ』として、事務所の信頼厚かつた。
 1分遅れてどやされることぐらいどうといふことはない。自慢の仕事だつた。
 ところで、その後、七時出発の時はどうしたかといふと、基本的には停留所から走つたと思ふが、ヤバさうな時には、姉を無理矢理起こして車で送つてもらつた。思へばわがままな弟である。姉はずいぶん心が広かつたと思ふ。

コメント

_ anne  ― 2006年05月15日 23時44分13秒

世田谷区桜3丁目 農大バス停前に、以前私も住んでおりました。農大生の大根踊り、ボロ市、馬事公苑前のお祭り等など、懐かしく思い出します。馬事公苑といえば、正面入り口広場の屋台のラーメン屋さん ・・・ よく通ったものです。美味しかったなあー。
当時は元気がありました。渋谷迄 歩いたりして・・・。若かったのだー! あれから40年・・ではありません ・・・・・ 20年前の話です(笑)

_ anneさま ― 2006年05月16日 22時01分07秒

ぼくは桜丘1丁目です。
30年前まで住んでました。渋谷まで歩いた事はないな〜。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック