素晴らしい日2006年04月05日 22時29分44秒

 けふはなんていい日なのだ。二度もエレベーターで譲られた。

 いきなりエレベーターでゆずられると言つてもどういふことなのか解りづらいかも知れぬ。
 順に説明する。
 一度目は午前中。東上線志木駅付近にある駐車場での出来事。
 7階まである大きな駐車場でそこそこ利用者も多い。なので、平日午前中だと、4階か5階に止めることが多い。けふは5階。ぼくの後から乗用車が一台きた。止めたのはぼくの方が早かつたが、のたのたしてゐたので、後のおぢさんの方が先にエレベータースペースへ行つた。だけど、5階だつたので、丁度ぼくがスペースへ来るのと、エレベーターが上がつて来るのと同時ぐらいだつた、おぢさんが先に乗る。ぼくは遅れて入り、奥へ(さほど大きなエレベーターではない)行く。まあ、二人しか乗つてゐない。先に乗つたのがおぢさんだから、ぼくは後から降りればいい。そんな気持ちもあり奥側へ行つたのだが、みなさんはどうするだらうか?そして、1階についたとき、微妙な間が空いた。そして、微妙な間ののち、おぢさんは「どうぞ」と言つた。「あ、すいません」と言つてぼくはそそくさと降りた。わざわざ譲つてくれたのだ。どのやうな気持ちだつたのかはわからない。あのおぢさんにとつてはごくごく自然な行為だつたのかも知れないし、駐車場に入つた順番を守りたかつた!?のかも知れない。
 二度目は夜。たびたび登場する京王線下高井戸駅。
 普段は階段を使ふ。エレベーターは改札から離れてゐて、通ることが少ないのだ。けふは、たまたまそちら側へ行つたといふことと、少々くたびれてゐたので、エレベーターに乗ることにしたのだ。たつた一階分だ。エレベーターは上にゐたので、ボタンを押す。と、待つてゐる間におばさんが来る。
 先に乗つたのはぼく。これまた奥まで行く。後から乗つたおばさんがそのまま先に降りればいいと思つてゐた。2階へつく。すると『朝の間』よりもさらに微妙な間ののち『どうぞ〜』と明るい声でおばさんが譲つてくれた。おばさんの片手は『開き』ボタンに、片手は『どうぞ』ポースになつてゐた。
 ぼくは「あ、すいません」と言つてそそくさと降りた。

 なんといふことだ。
 この人たちをなんと言へばいい?
 親切な人、優しい人、気遣ひのある人、思ひやりのある人、温かい人、奥ゆかしい人、礼儀正しい人?
 どれもぴたりとこない。
 何をそれぐらいのことで、そんなに感じ入つてゐるのだと思ふかも知れないが、ぼくは本当に感激したのだ。素晴らしい出来事だ。こんな人たちがゐるのだと思ふだけで、胸がじんとした。
 下高井戸のホームで涙ぐんだ。マジっす。