北京八2006年06月13日 23時18分23秒

 ペキンパー(北京八)です。
 上の一行、意味ないです。

 ホテルからの眺めです。10階。
 初日の夜。作曲家と二人で皆より先に部屋へ向かいました。ぼくが先にエレベーターに乗り『10』を押す。丁度女性が乗つて来て「ハロー」とか言ひながら、その女性は『11』を押しました。微妙なタイミングで、作曲家はその次に乗り込みました。
 そして、10階につき、ぼくと作曲家はもちろん降りますが、『11』を押した女性も降りてくるではありませんか!?
 そして、日本語で「マッサージは?」って‥‥‥、おいおい狙つて乗つてきたのね。
 「いらない」と言ひましたが、女性は主に作曲家の方にアプローチ!
 それをいいことに!?「おやすみなさい」と、ぼくは安心して自分の部屋へ向かいました。
 まあ、女性はすぐにあきらめるだらうと思つたのですが、実はその後、作曲家は壮絶な戦ひを強いられる事になつたと、翌日聞きました。ドア口で「いらないから」とさらに断つたのださうですが、閉めやうとしたドアに足を挟んで、まるで、ガサ入れの警察官のごとく迫つてきたさうです。
 その後もかなりの攻撃にあつたやうで、いや、ぼくよりも遥かに疲れてゐて大変だつたと思ひます。申し訳ない。
 でも、ぼくに興味示さなかつたのでね〜‥‥‥‥。

 と、10階と説明した事が原因で、思つてゐたネタと違ふことを書いてしまいました。
 なので、これから本題。
 まあ、本題も何もないのですが。
 下に見えるのは運河だと思ひます。川よりは池に近い。


 そばで見るとこんな感じ。

 まあ、散歩コースです。
 この一段上のところ、ホテルからの眺めの右手側は、作られた遊歩道になつてゐて、健康機具(遊具)が、設置されてゐます。おばさんたちが、ギコギコやつてました。


 多分魚もゐるとは思ひますが、とりあえずぼくは発見出来ず。この男の子は、岸辺のゴミをばしばし棒で叩いてました。
 対岸に見えるやうに階段が水面(下)まで、続いて降りられます。
 こんな流れのない川(運河、池)があるわりには臭はないな。と思つて油断してゐると‥‥‥‥。
 ホテルからの眺めの右手上方。橋があるんですけどね。


 ここから、いきなり、本当に突然、強烈な臭ひに襲はれます。
 なんだ臭はないぢやんと安心しきつてゐますから、ガックン!とボディに響きます。鼻はもちろん曲がります。瞬間的に本能的に呼吸を止めてしまいます。
 この橋の向こう側の上には青果市場があります。
 う〜ん。あまり入りたくない。
 だから?


 馬車で果物売つてます。


 この馬車の止めてある、上の写真で言ふと右手側の広い歩道みたいなところが、川沿ひの遊歩道広場であります。
 健康機具で鍛えるおばさんや、自前の『剣』を持つて来て、剣舞(ゆつくりと動いてポーズを決めるやつ)をやつてゐる老夫婦がゐました。
 しかし、このお二人は一本しか『剣』を持つてゐないらしく、交代でやつておりました。一人がやつてゐる間、もう一方(ひとかた)は、ボーッと待つてゐるのでした。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック