T君2006年06月30日 23時57分25秒

 以前、ぼくが監督してゐたテレビシリーズに各話演出でレギュラー参加してくれてゐた。T君が逝つた。もう2年ぐらいあつてないだらうか。ぼくよりもずつと若い。
 こんな知らせは、やはりつらい。
 T君は、カッティング(コンテに合はせてひとつひとつ作つたアニメーションをつないで、演出と編集担当で長さ調節をする。長過ぎたら切るし、物足りなければ伸ばす。テレビだと放送時間が決まつてゐるので、丁度の長さにする。そんな作業)の最中に突然「カゴちゃんはどうかね?」などと、言ひだす様な変な奴だつた。
 ぼくにとつては??な内容で『カゴちゃんて誰?」「どうかねって何?」てな感じだが、それがアイドルらしいことは解る。まあ、つまり「カゴ」とは「加護亜依」のことなんだ。しかし、この発言には一緒にゐた後輩の演出助手も心底呆れて「先輩ですけど、言わせてください。『あんた、なに言ってんですか!?』」などと怒られてゐた。
 いや、待てよ『辻ちゃん』だつたか?

 といふかそんな事はどうでもいいよ。
 といふかそんな事思ひ出してどうすんねん?
 といふか、なんか気の利いたこと書きたいが‥‥‥。

 ため息しか出てこない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック