江ノ島、その22006年07月17日 21時24分00秒

 といふことで、一路(後から調べてみると)『江ノ島弁天橋』を歩いて島へ。
 島だな。と当たり前なことを思ふ。密集感と活気。観光地なら普通の光景なんだらうが、心地よい閉塞感!?と、観光地らしくない生活感がある。
 すでに暑さでへべれけのぼくを含むツーリング隊は迷はず『エスカー』へ!
 エスカーに乗れば頂上までらくちんで行けるのだ。使はずしてどうする。島の観光収入にも貢献出来る。と大義名分を胸に、『4連』続くらしいエスカレーターに乗り込む(踏み出す?)涼しい。冷房完備だ。つ〜か、閉鎖空間だから、出なければむしろ辛いか。
 壁には電光の各社看板。(3連目か4連目はコカコーラ独占だつた)
 宣伝収入はどれくらいなのだらうか?なんて商業病的会話をしつつ。1連2連は連続で上がり、最初のポイント!?へ。
 いきなり遭遇するのは『銭洗ひ場』

 洗ひませんでした。
 白い竜さんが見張つてたし。


 江ノ島には神社がたくさんあるな〜といふのが、今回の感想です。
 調べてみると(普通行く前に調べるのもだとも思つたりするが)そも『江島神社』といふ総称があつて、それは『辺津宮』『中津宮』『奥津宮』の3つのことなんださうです。建てたのは源実朝、いや宮大工さんでせうが。


 赤い方は3連目のエスカーが運んでくれる次のポイントにある『中津宮』であります。(たしか、そう)
 で、話を戻しますが、他にも神社がたくさんあります。ご神木だつてあります。とくに神社巡りを目的としてきたわけではありませんが、2つ3つお参りなどしました。せめてバチが当たらないやうに‥‥‥。
 それから、白い竜さんを始め竜も姿形を変えあちらこちらにゐます。
 江ノ島は竜宮城なのです。

 ん?
 竜宮城にゐるのは乙姫さんかしら?
 ま、ともあれ、知らぬが仏、ではなく神さんですが、『奥津宮』を素通りして!そのかはりお隣の竜さんに誘はれて。


 こんな祠へ。
 ちなみにこの男性はドラゴンズファンであります。


 横から見るとこんなです。
 かのやうに石で囲まれてゐるので、中は涼しい。まあ、電気も来てましたが、まさか冷房で涼しかつたのではないと思ひますが。
 と、下世話で地上に密着感のある。本来の神社のあり方はかうなのではと思はせる何でもありの、八百万(やおろず)の神の島。
 といふことにして、つづく。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック