江ノ島42006年07月20日 23時36分26秒

 さて、島の観光収益に貢献するべくエスカーを選んだ我々はついに頂上へと到達したのだ。

 そこには展望灯台&サムエルコッキング苑なるものがあつて。
 なんだか不思議な空間なのです。
 なんだろ?ここは?中途半端な作りやな〜。
 と、勝手なことを思つてゐる。
 植物園?
 なんか、第3セクターで建造したはいいけれど、客が来ないまま放置されてしまつたアトラクションセンターみたいな、放置感があり、ここはなんのために?
 と、思つてゐると、ちやんと立て看板がありました。
 ここは明治時代にサムエルコッキングさんが、作つた植物園の跡なんださうな。
 温室を作つたらしいんである。
 なんだか、中途半端だとか思つてゐたくせに『跡』とか言はれると俄然ありがたく思へたりして、パシパシパシと写真撮る。



 放置感とか言つてたくせに哀愁と切なさなんか感じたりして。


 まさしく展望灯台の上から見ると、ここです。


 と、この展望灯台ですが、エレベーターでテローッと上がると、展望部屋があります。屋内です。眺めいいです。この日は遠景がモヤッておりましたが。
 で、さらに階段をテテテと上がると屋外に出られます。
 ここがいい!
 わずかな高低差でありますが、下の屋内展望場の比では無い。抜群の気持ちよさです。気のせいか、下で見た時よりも景色が近く感じます。
 迫力が違ふのです。


 これは外海側の崖なのですが、これを見たときには、吸ひ込まれるかと思ひました。海側から吹き上げる風が集中する場所で、草や木が流れて寝かされた状態で生えてゐるんですね。


 滅茶苦茶強引ですが、パノラマにしてみました。(パノラマカメラは持つて行かなかつたのね)
 で、さて、この撫で付けられた草木の横手に見える「赤つぽい」屋根の店で。


 『生しらす丼』を食べたのよ〜ん。


 海の味がしました。敷き詰めてある海苔がまたいいんだ。パリパリしてて。
 みかけより『しらす』の量が多かつたのだ。
 つづくかな?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック